【2020年7月】オーストラリアの最低賃金が$19.84へ! 1.75%の値上がりです




2020年7月よりオーストラリアの最低賃金が値上がりするとの発表があったので、ちゃちゃっとお知らせしますね。

 

これから留学やワーホリでオーストラリアでアルバイトをする方は最低賃金を頭にいれておいてください。

 

ふくちゃん
オーストラリアは6月が年度末なので新しいルールは7月から施行されるんだよ。




2020年7月からのオーストラリアの最低賃金は?

2020年7月から適用されるオーストラリアの最低賃金は、

Australia’s national minimum wage has been increased by 1.75 per cent to $19.84 an hour, or the equivalent of $753.80 a week for a full-time worker.

(引用:BREAKING: Minimum wage rises to $19.84 per hour

  • $19.84/時間(時給)
  • $753.80/週(フルタイムワーカー)

です。

 

2020年6月までの最低賃金19.49から1.75%の引き上げとなりました。

 

さらに、カジュアルワーカー(バイト)は25%増し、週末は1.2~1.5倍、祝日は2倍、と割増の時給が適用されます。

法律を守らず違法な賃金でワーホリ・留学生を働かせる雇い主も・・・

土日祝日にアルバイトをすれば日本以上に稼ぐことが可能です。上手に節約すれば生活費もだいぶ押さえられますし、貯金までして日本に帰る「出稼ぎワーホリ」という言葉も生まれました。

 

しかし、立場が弱く、英語のスキルも未熟な短期滞在者を最低賃金以下で雇う雇い主も多いので、嫌な思いをしない為にも働く前に時給を含めた条件は必ず確認してくださいね。

 

規定のお給料をもらえない、といったトラブルはFair work(労働基準局のようなところ)が日本語で話を聞いてくれますので、勇気を出して告発しましょう。

 

詳しくはこちらの記事をご参照ください。

オーストラリア・出稼ぎワーホリの現状は最低賃金違反・高額斡旋料・水商売?

2017.11.13

まとめ

毎年最低賃金が上がっていくのは労働者の立場の人からしてみれば安心感があります。

 

一方、人件費が経営を圧迫するとの理由で、ワーホリや留学生を安い賃金で雇う悪徳オーナーの噂もしょっちゅう耳にする現状もあるのも事実。

 

アルバイトを探す際にはくれぐれも条件はしこいくらいに確認してくださいね。

 

若い女性を募集する「パパ活」「ギャラ飲み」の募集の警告も出されていたので、高給アルバイトにも注意してください。

 

 












ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。