いつも品薄! セブンイレブン【イタリア栗のモンブラン】ついに実食しました




ツイッターのタイムラインに流れてきたセブンイレブンの「イタリア栗のモンブラン」

 

絶賛している方が多かったので帰国したら絶対に食べるものリストに入っていたものの、

 

いつセブンイレブンに行っても売り切れ!

 

セブンイレブンの「イタリア栗のモンブラン」を食べずに日本を離れるの、、、?と思ったその矢先、ついに手に入れることができました ٩(ˊᗜˋ*)و

 

ふくちゃん
店舗で見つからなかったらネットでも買えることをついさっき知ったよ!

>>【セブンミール】イタリア栗の焼き栗モンブラン




セブンイレブン「イタリア栗の焼き栗モンブラン」基本情報

ケーキを食べやすくカップで仕立てたカップスイーツシリーズのモンブランです。焼き上げて栗のうま味を引き出したイタリア栗を使い、マロンムース、マロンホイップクリーム、スポンジを重ねたボリューム感のある仕立てです。

(引用:イタリア栗の焼き栗モンブランーセブンイレブン

価格

本体価格:278円(税込み価格300円)

カロリー

263kcal

糖質

26.5g

食べやすいカップに入ったケーキです。見た目だけだと「焼き栗」の要素は、、、見当たりませんが、食べてみてからのお楽しみってことかな?

 

横から見てみると、

  • マロンクリーム
  • マロンホイップ
  • スポンジケーキ
  • マロンムース

がきれいに4層になっているのがわかります。

 

栗好きにはたまりませんね。


セブンイレブン「イタリア栗のモンブラン」食べてみた

セブンイレブンで買ってからしばらく冷蔵庫に入れておいたのですが、スプーンがするっと入るやわらかーいマロンクリーム。

 

軽いくちどけの中に栗の自然な甘みが広がります。人工的なモンブランじゃなくって、きちんと素材の味が活かされてますね~。

 

二層目、三層目が顔をだしました!ホイップクリームもスポンジもムースもやわらか~い。歯ごたえのアクセントはないものの、お年寄りやお子様でも安心して食べれる、というメリットもあるな、と思いました。

 

いつも品切れになっていたのは発注ミスとかじゃなくて、セブンイレブンの「イタリア栗のモンブラン」は「お店にあったら買っておかなきゃ」という固定ファンが多いのだな、、、、と納得。

 

ぜんぶまとめていっちゃいましょう。

 

栗の風味が濃厚ながらほどよい甘さがしつこくなく、いつまでも食べていられる軽さが人気の理由でしょうか。

 

どこまでいっても栗の存在感あふれるスイーツですが、「焼き栗」の要素はなさそうです。天津甘栗みたいなものが入ってると期待してたんですが、そういうわけではなかったです。

 

わざわざケーキ屋さんでモンブランを買わなくても、セブンイレブンの「イタリア栗のモンブラン」はじゅうぶん過ぎるほどのおいしさでした。


セブンのイタリア栗のモンブランはネット通販でも買える

「いつもイタリア栗のモンブランって売り切れてる、、、」となかなか手に入らない方はセブンミールのネット通販を利用してみてください。

 

調べてみたらセブンミールで「イタリア栗のモンブラン」の取り扱いがあったんですよ!

>>【セブンミール】イタリア栗の焼き栗モンブラン

 

店舗での受け取りだったら商品1個から送料無料、確実に手に入ります。

 

おうちに届けてもらう場合は以下の条件があります。

  • 1000円以上の買い物
  • 送料216円
  • 3000円以上の購入で送料無料

詳しくはこちら⇒セブンミールお届け料・手数料

 

 
The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



ブログランキング参加中! 応援クリックで喜びます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村











ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



ブログランキング参加中! 応援クリックで喜びます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村