オーストラリアの新型コロナウイルスの現状と政府の対策まとめ【2月12日更新】




世界中で猛威をふるう新型コロナウイルスのオーストラリアの現状を在シドニー日本国総領事館からメール・現地のニュースサイトを元にお伝えします。

 

※2020年1月29日現在の情報です。

※2020年1月30日更新しました。

※2020年1月31日更新しました。オーストラリアの空港の対策を追加

※2020年2月2日更新しました。中国からの外国人入国制限措置を追加

※2020年2月7日更新しました。感染者数がオーストラリア国内で15名に。

※2020年2月12日更新しました。コロナウイルスの正式名称決定

 

世界保健機関(WHO)は1月31日(日本時間)1か月で感染者が拡大しており、人から人への感染も認められること及び保健システムが脆弱な国などへのサポートを加速するために、世界で調和された努力が必要であることを理由に国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態(Public Health Emergency of International Concern、PHEIC)を宣言。

(参照:【在シドニー総領事館より】新型コロナウイルスに関する注意喚起

 




オーストラリアの新型コロナウイルスの現状

オーストラリア全体では現時点で5件(NSW州4件,VIC州1件)が確認されています。

【1月30日更新】

7人目のコロナウイルスの感染者が確認されました。(NSW州4件、VIC州2件、QLD州1件)

(参照:Seventh Australian coronavirus case confirmed as government health advice ramped up

 

【1月31日更新】

9人目のコロナウイルスの感染者が確認されました。

 

【2月2日更新】

12名(SA州2名・QLD州4名・VIC州4名・NSW州4名) の新型コロナウイルス患者が確認されました。

 

【2月7日更新】

15名(SA州2名・QLD州5名・VIC州4名・NSW州4名) の新型コロナウイルス患者が確認されました。


オーストラリア政府のコロナウイルス拡散防止の対応

●2月1日、オーストラリア連邦外務貿易省は中国全土に対する渡航情報を「渡航禁止」に引き上げました。

 

●オーストラリア政府は中国・武漢市と湖北省から帰国した600人の市民をウイルスの潜伏期間とされる2週間、クリスマス島に隔離し経過観察することを決定。

(参照:BBC NEWS-Coronavirus: Australia plans island quarantine as foreigners leave Wuhan

 

 

 

クリスマス島はオーストラリアより1500キロ離れた島(赤い目印のところ)

 

●教育・保育の現場の対応

州保険省および州教育省は過去2週間で中国本土・香港を訪れた子供たちが、帰国後14日が経過するまで学校や保育サービスに参加しないよう要求しました。

(参照:NSW州政府公式サイトーCoronavirus – Updated advice ahead of school returning

オーストラリアの空港における検疫強化

新型コロナウイルス発生に伴う措置として、オーストラリア空港において全てのフライトを対象に到着時の検疫が強化されました。

 

(1)機内アナウンスにより,乗客に体調不良がある場合は報告するよう依頼する。

(2)発熱を伴う体調不良の乗客がいる場合は、到着前のレポートの一部として報告がなされる。

その場合,バイオセキュリティ担当者が機内に乗り込みチェックリストにて当該乗客をチェックする。

本対応は通常時から行っているものだが、現在,当該チェックにおいて,追加的に過去2週間の湖北省滞在歴及び新型コロナウイルス患者との接触歴についても確認している。

(3)上記のチェックにより、発熱、発汗、悪寒等の症状が有り、かつ湖北省滞在歴または新型コロナウイルス患者との接触歴がある者が検出された場合は、感染症の専門家により、リスク評価及び適切な対応(病院への搬送または乗客自ら医師に相談)の決定がなされる。

(参照:【在シドニー総領事館より】新型コロナウイルスに関する注意喚起

 

2月2日更新:新型コロナウイルスに関する中国からの外国人入国制限措置

2月1日、豪州政府は中国本土にいた外国人(豪州永住者を除く)が中国本土を離れ、あるいはトランジットしてから14日間、豪州に入国することを認めないとしました。

オーストラリア人,豪州永住者及びその家族(配偶者・法的後見人及び扶養家族のみ)は引き続き中国本土からの入国が認められますが中国を離れてから14日間は自宅待機隔離することを求められています。

(引用:新型コロナウイルスに関する注意喚起ー海外安全情報

 

参照:Updated travel advice to protect Australians from the novel coronavirus

参照:オーストラリア、中国本土から来た外国人を入国拒否に(朝日新聞デジタル)

 

航空会社によるオーストラリア・中国便の一時停止

カンタス航空は2月9日から3月29日まで、

  • シドニー⇔北京
  • シドニー⇔上海

の2つの便のサービスを一時停止することを発表。

参照:渡航最新情報ーカンタス航空(英文)

2月12日更新:コロナウイルスの正式名称「COVID19」に決定

「新型コロナウイルス」の正式名称を「CODIV19」とすることをWHOが決定。

 

【COVID19】(読み方は「コビッド」)

CO : corona コロナ

VI : virus ウイルス

D : disease 病気

19 : 2019年

新型コロナウイルスの典型的な症状

オーストラリア連邦保健省は典型的なコロナウイルスの症状として、

  • のどの痛み
  • 頭痛
  • 呼吸困難

をあげています。

 

万が一、感染の疑いの場合は旅行中でも必ず受診をしてください。

日本語で受診ができる病院>>シドニーで日本語受診できる病院まとめーJAMS.TV オーストラリア生活情報

(※外部サイトへ飛びます)

 

動画:コロナウイルスの予防法


海外旅行の際は旅レジの登録をお忘れなく

海外旅行にお出かけの予定がある方は外務省が提供する渡航登録サービス「たびレジ」への登録をしておくことで、現地の情報を手に入れることができます。

 

  • 出発前から訪問国の安全情報をチェックできる
  • 旅行中も最新情報を受信できる
  • 万が一、事件・事故に巻き込まれた時も支援を受けることができる

 

★登録はこちらから>>たびレジ

 

【関連記事】新型コロナウイルスとアジア人差別の現状 海外在住日本人として思うこと

【関連記事】【オーストラリア・コロナウイルスの影響】マスク値上げ・抗菌ハンドジェル品薄の現状

 

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。











ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。