オーストラリアの新型コロナウイルス感染者数と政府の対策まとめ【7月9日更新】




※2020年7月9日更新

世界中で猛威をふるう新型コロナウイルスのオーストラリアの現状を在シドニー日本国総領事館からメール・現地のニュースサイト・オーストラリアの保健省の情報を元にお伝えします。

 

コロナ関連の最新ニュースはこちら

【6月16日更新】 NSW州(シドニー)の観光・旅行が解禁! 飲食店の規制緩和と交通機関のコロナ対策

2020.07.12

メルボルンにコロナウイルス第二波か?ロックダウン再び。シドニーにも影響が・・・

2020.07.12




もくじ

オーストラリアの新型コロナウイルスの感染者数【7月9日現在】

7月9日現在

  • 累計感染者数:9059名
  • 回復者数:7575名
  • 死者数:106名

 

※カッコ内は州内の主な都市

◆ACT州(キャンベラ):112名

◆NSW州(シドニー):3453名

◆NT州(ダーウィン):30名

◆QLD州(ゴールドコースト):1068名

◆SA州:(アデレード):443名

◆TAS州(タスマニア):228名

◆VIC州(メルボルン):3098名

◆WA州(パース):627名

 

新たな感染者数の推移

 

【参照リンク】Coronavirus (COVID-19) current situation and case numbers

【6月25日更新】ビクトリア州(メルボルン)コロナ感染第二波の恐れ

オーストラリア第2の都市メルボルンで、新型コロナウイルス流行の第2波が懸念されており、市当局は感染拡大防止のための各種制限を強化した。また住民以外に対しては、同市訪問を差し控えるよう、注意喚起が行われた。

(引用:豪メルボルンでコロナ第2波の恐れ、住民以外に訪問自粛要請

 

 

メルボルンにコロナウイルス第二波か?ロックダウン再び。シドニーにも影響が・・・

2020.07.12

【3月19日速報】オーストラリア、事実上の鎖国! 非居住者の入国を禁止

モリソン首相は明日3月20日21時よりオーストラリア国籍保持者・永住権保持者以外のオーストラリアへの入国禁止を発表しました。

【参照リンク】

Australia closes borders to all visitors amid coronavirus pandemic

オーストラリアとニュージーランドが「入国禁止」措置

 

  • 旅行・留学・ワーキングホリデー目的での入国は不可です。
  • 非居住者の入国禁止がいつまで継続するかは現時点では決まっていません。

 

▼詳細はこちら▼

【オーストラリア・コロナ対策】事実上の鎖国へ! 居住者以外の入国禁止措置

2020.07.12

オーストラリア政府のコロナウイルス拡散防止の対応

中国からの帰国者をクリスマス島に隔離し経過観察

オーストラリア政府は中国・武漢市と湖北省から帰国した600人の市民をウイルスの潜伏期間とされる2週間、クリスマス島へ隔離し経過観察をすることを決定。

(参照:BBC NEWS-Coronavirus: Australia plans island quarantine as foreigners leave Wuhan

 

 

 

クリスマス島はオーストラリアより1500キロ離れた島(赤い目印のところ)

教育・保育の現場の対応

州保険省および州教育省は過去2週間で中国本土・香港を訪れた子供たちが、帰国後14日が経過するまで学校や保育サービスに参加しないよう要求しました。

(参照:NSW州政府公式サイトーCoronavirus – Updated advice ahead of school returning

 

自己隔離要請を無視した場合の罰則を設定

  • TAS州:最大A$8400罰金
  • NSW州:最大A$11000罰金、 懲役6ヵ月
  • SA州:最大A$25000罰金
  • WA州:最大A$50000罰金、懲役12ヵ月
  • QLD州:A$最大$11345

 

オーストラリア政府がhuman biosecurity control order(バイオセキュリティ規制命令)を発令した場合、最大A$63000罰金、懲役5年。

(参照:The spread of coronavirus means you may be asked to isolate. But what happens if you don’t?

3月16日より【500人以上の集会取りやめ要請】

モリソン首相は記者会見で組織化された500人以上が集まる必要不可欠ではない集会を開催しないよう要請しました。※この措置には学校・大学・公共交通機関及び空港等は含まれていません。

豪州首相府の記者会見記録
https://www.pm.gov.au/media/press-conference-premiers-and-chief-ministers-parramatta-nsw

【3月16日更新】ビクトリア州・ACT州にて「非常事態宣言」発令

ビクトリア州(メルボルンがある州)、ACT州(首都キャンベラ)は非常事態宣言を発令。

非常事態宣言の主な内容を在メルボルン日本領事館のサイトから引用します。

 (1) 不必要な大規模イベントの禁止。500人以上を集める文化行事、スポーツ行事、会議等。
(2) VIC州の国立美術館、州立図書館、博物館の一時閉鎖及びメルボルン・コメディ・フェスティバル、メルボルン・フード&ワイン・フェスティバル等の延期。
(3) 公共交通機関や食品市場、職場等はこの限りではない。
(4) 学校、TAFE、大学は現時点で閉鎖しないが、500人以上を集める講義は制限される。

(引用:ビクトリア州非常事態宣言の発出、及び領事業務体制に関するお知らせ

 

【参照リンク】Victoria, ACT declare states of emergency to deal with coronavirus crisis

【参照リンク】オーストラリア、首都など一部で非常事態宣言 新型コロナウイルス感染拡大抑制へ

【3月22日更新】シドニーの人気ビーチ「ボンダイビーチ」「マンリービーチ」閉鎖へ

シドニーのボンダイビーチにたくさんの人が集まる現状を受け、NSW州政府はボンダイビーチを閉鎖しました。

【参照リンク】Bondi Beach closed over crowds amid coronavirus pandemic

 

続いてマンリービーチも閉鎖へ。

 

【シドニー・ボンダイビーチ閉鎖】コロナ対策無視! 濃厚接触だらけの地獄絵図

2020.07.12

【3月22日更新】必要不可欠でない国内旅行のキャンセル要請

モリソン豪首相は記者会見で必要不可欠ではない国内旅行を避けるよう要請しました。

【参照リンク】NSW州内の必要不可欠ではないサービスの停止,必要不可欠ではない(国内)旅行のキャンセル要請(日本語)

【参照リンク】Cancel interstate holidays’: Coronavirus hits harder

【3月24日更新】タスマニア州・ノーザンテリトリー州、南オーストラリア州、クイーンズランド州境を閉鎖へ

  • タスマニア州(3月20日深夜より)
  • ノーザンテリトリー 州(3月24日午後4時より
  • 南オーストラリア州(3月24日午後4時より)
  • クイーンズランド州(3月25日深夜、実質26日より)

州境、閉鎖へ。

※国内の別の週から上記の州に入る場合、14日間の自己隔離義務があり、違反した場合は罰則が課されます。

【参照リンク】‘No apologies’: Tasmania enforces tough new quarantine measures

【参照リンク】SECURING THE BORDERS TO PROTECT TERRITORIANS

【参照リンク】South Australia to close borders in response to coronavirus pandemic

【参照リンク】Queensland becomes latest state to close borders amid COVID-19 pandemic

【3月22日更新】飲食店など「non-essential service」を閉鎖

3月22日、必要不可欠ではないサービス( 飲食店など)を閉鎖すると発表しました。

閉鎖される施設は、

  • パブ・酒類販売資格のあるクラブ
  • ジム・屋内スポーツ施設
  • 映画館・娯楽施設・カジノ・ナイトクラブ
  • レストラン及びカフェ(テイクアウト、宅配はOK)
  • 宗教の集会・礼拝又は葬儀施設(政府が規定したスペースが守られればOK)

 

引き続きオープンする施設は、

・スーパーマーケット
・ガソリンスタンド
・薬局
・コンビニ
・フードデリバリー
・貨物
・銀行

【参照リンク】新型コロナウイルスに関する豪州政府の追加措置(豪首相府メディア・ステートメント)

【参照リンク】NSW, Victoria move to comprehensive shutdown of non-essential services amid coronavirus pandemic(英語)

【参照リンク】Drastic bans on pubs, gyms and cinemas in bid to stop coronavirus

【3月24日更新】特定の施設閉鎖と行動制限

3月24日、オーストラリア政府は新たなコロナウイルス対策として特定の施設の閉鎖、活動制限を発表。

 

図書館やスポーツ施設、遊園地などの閉鎖、美容院・結婚式・葬儀などは制限付きで許可、といった新たな制限が追加。

 

またオーストラリア国籍保持者・永住権保持者の海外渡航が禁止されました。

【3月29日更新】モリソン首相は以下の行動制限を追加

  • 買い物や通勤・通学等をのぞき自宅待機を強く要請
  • 屋外・屋内含め家族以外との集会は2人(自分以外1人)に制限
  • プレイグランド,スケートボード場等閉鎖
  • 高齢者等への自宅での自己隔離を強く要請

 

行動制限の詳細はこちらの記事をご参照ください。

オーストラリア・コロナ対策【事実上のロックダウン】施設の閉鎖と行動制限の詳細

2020.07.12

【4月2日更新】NSW州、行動制限の違反者に対する罰金・懲役の実施決定

正当な理由がない外出に対し、最大6ヶ月の懲役、$11,000の罰金が課せられます。

正当な理由とは必要(食料品・生活用品)の買い出し、制限内の外で運動、医療看護、学校や仕事などが当たります。

【参照リンク】Six months in jail, $11,000 fine for leaving home without a ‘reasonable excuse’

【4月16日更新】現在実施されている規制措置は今後4週間は継続

4月16日(木)モリソン首相は国家内閣後の記者会見で、現在実施されている基本的な(baseline)規制措置は今後4週間は継続され、基本的な規制を超えた各州毎の規制は、それぞれの州によって判断される旨発表しました。

4週間後以降に規制を緩和するための前提条件の概要は以下のとおりです。

・現在の対策とその効果に対する状況認識
・監視計画の完成
・モデリング及びウイルスの特徴と伝染に対する更なる理解
・公衆衛生能力の向上
・感染者との接触者の追跡技術の活用
・適切な保健能力システムの保証
・各種医療機器の供給継続の保証

(引用:現在の規制措置は4週間継続,二重国籍者及び永住者が出国する場合の免除申請,経済対策

【4月24日更新】新型コロナウイルスの症状がある人は全員検査を受けることを推奨

4月24日(金)よりNSW州では新型コロナウイルスの症状(発熱・咳・だるさや疲れ・喉の痛み・息切れ)がある全ての人が是非検査を受けるよう求められています。

州政府は検査数を高める努力をしており週末の検査も可能です。

NSW州での検査可能数は以前の 4,000 から 8,000 に倍増しておりこれは世界中でも最高水準です。

検査を受けることは市中感染を減らすための鍵であり今後の制限措置解除のために非常に重要だと州政府は説明しています。

州民はどんなに軽い症状でも検査を受けることが奨励されており特に医療関係者・高齢者施設勤務者等は症状がある場合は即座に検査を受けることが強く求められます。

(引用:新型コロナウイルスの症状がある人は全て検査が可能(NSW州)

【5月10日更新】ロックダウンの緩和・一部解除を発表(オーストラリア政府&州政府)

5月8日、スコット・モリソン首相は段階的にロックダウンを緩和する「新型コロナウイルスに対するロードマップ」を発表しました。

 

具体的な制限緩和は各州政府が各地の状況を考慮して決定されます。

 

ロードマップの詳細、各州ごとの制限緩和の詳細は以下の記事をご参照ください。

 

オーストラリアのロックダウン緩和開始! 解除される制限は?【5月20日更新】

2020.07.12

【5月19日更新】6月1日よりNSW州(シドニー)の観光・旅行が解禁

5月19日、NSW州政府は6月1日より州内の観光・旅行の規制解除を発表しました。

理由を問わず州内の旅行が自由になります。

詳細はこちらの記事をご参照ください。

 

【6月16日更新】 NSW州(シドニー)の観光・旅行が解禁! 飲食店の規制緩和と交通機関のコロナ対策

2020.07.12

【6月3日更新】NSW州、商業施設の規制を一部解除

NSW州hは6月13日より

  • ジム
  • フィットネス
  • ピラティス
  • ヨガ
  • ダンス等
  • コミュティセンター(娯楽施設を含む)
  • マッサージ

が再開可能。

※教室は10人まで

※全ての活動は4平方メートル規則を遵守することが必要

 

7月1日より

  • 18歳以下の子供のスポーツ大会が再開可能

 

【参照リンク】Gyms, yoga, indoor pools and children’s sport given return dates

【6月11日更新】NSW州政府の新たな規制緩和

6月13日(土)より以下の規制が緩和されます。

フードコートの再開可能
4平方メートル規則の遵守・個別の着席飲食場所における最大人数は50人まで

・他家庭訪問の最大可能人数を現在の5人から20人に拡大

・屋外集会の最大可能人数を現在の10人から20人に拡大

 

7月1日から大人のスポーツ活動(adult community sport)も再開可能となります。※4平方メートル規則を守って観戦する必要があります。

 

【参照リンク】NSW州政府公式ホームページ

>>Adult community sport to recommence in NSW

>>Further restrictions to ease on Saturday

オーストラリアの空港における検疫強化

新型コロナウイルス発生に伴う措置として、オーストラリア空港において全てのフライトを対象に到着時の検疫が強化されました。

(1)機内アナウンスにより,乗客に体調不良がある場合は報告するよう依頼する。

(2)発熱を伴う体調不良の乗客がいる場合は、到着前のレポートの一部として報告がなされる。

その場合,バイオセキュリティ担当者が機内に乗り込みチェックリストにて当該乗客をチェックする。

本対応は通常時から行っているものだが、現在,当該チェックにおいて,追加的に過去2週間の湖北省滞在歴及び新型コロナウイルス患者との接触歴についても確認している。

(3)上記のチェックにより、発熱、発汗、悪寒等の症状が有り、かつ湖北省滞在歴または新型コロナウイルス患者との接触歴がある者が検出された場合は、感染症の専門家により、リスク評価及び適切な対応(病院への搬送または乗客自ら医師に相談)の決定がなされる。

(参照:【在シドニー総領事館より】新型コロナウイルスに関する注意喚起

 

【3月11日更新】新型コロナウイルス感染拡大に伴う外国人入国制限措置

※3月20日よりオーストラリアへの入国はオーストラリア国籍保持者・永住権保持者以外は禁止されています。

【関連記事】【オーストラリア・コロナ対策】事実上の鎖国へ! 居住者以外の入国禁止措置

 

3月11日現在、中国・韓国・イラン・イタリアがオーストラリアへの入国制限措置対象国です。

【3月11日更新】

オーストラリア政府は新型コロナウイルス対策としてイタリアへの渡航歴がある外国人の入国制限措置を3月11日18時から実地する旨を発表しました。

 

参照:Updated travel advice to protect Australians from the novel coronavirus

参照:オーストラリア、中国本土から来た外国人を入国拒否に(朝日新聞デジタル)

 

※現在、実施されているオーストラリアの入国制限の詳細はこちらの記事にまとめました。

コロナウイルス流行に伴うオーストラリアの入国制限 日本人は大丈夫?

2020.07.12

【3月15日更新】オーストラリアに入国する全ての人に14日間の自己隔離を義務付け

オーストラリアへ入国する全ての人(オーストラリア国民・オーストラリア永住者含む)は14日間の自己隔離を義務付けました。

【参照】 PM introduces strict travel restrictions for all arrivals

 

▼詳細はこちら▼ 近日中にオーストラリアへ入国される方はご確認ください

【オーストラリア コロナ対策】入国後14日間の『自主隔離の義務』どういうこと?

2020.07.12

【3月28日更新】到着空港の所在都市のホテル等での自己隔離義務

3月28日深夜より、オーストラリアに入国する海外からの帰国者全員が強制的にホテル・施設に隔離されることになりました。オーストラリア軍、警察がサポートします。費用は政府負担。

【参照リンク】豪州政府による到着空港の所在都市のホテル等での自己隔離義務づけ

【3月18日更新】オーストラリアからの海外渡航を全面禁止

オーストラリア・モリソン首相は新型コロナウイルス感染拡大を受け、全世界を対象に危険レベル最高水準の「レベル4」に引き上げました。

 

★在シドニー日本領事館からの通達>>新型コロナウイルスに関する豪州政府の追加措置発表

 

オーストラリアの航空会社、カンタス航空・ジェットスター・ヴァージンオーストラリアは全ての国際線を停止しました。

【新型コロナ】オーストラリア直行便を運航する航空会社の減便・運休情報【7月9日更新】

2020.07.12

 

\在庫あり!最短で発送!/
販売本数3.5万本のアルコールハンドジェル!>></center
 

★コロナ関連記事はこちらの記事にまとめました。

【現地より】オーストラリア新型コロナウイルス関連記事まとめ【随時更新】

2020.07.12