「居酒屋の角煮を再現したい」執念で作った角煮が想像を超えるおいしさだった

同居人・タムタムと一緒に日本へ一時帰国したときに、居酒屋へ行きました。

そこで食べた角煮がおいしくて、タムタムはどんぶり飯を追加し、「こんなにおいしい角煮はシドニーにはないね」ともりもり食べました。

 

シドニーに戻り数日。

「角煮が食べたい」と豚肉を買ってきて、「作ってみる」と張り切っている様子。

 

私「じゃ、レシピ検索するよ」

 

「いや、味の記憶を辿って自力で作る」と、遠い目をして「味の記憶」とやらを思い出してお料理開始。

 

私「みりんもお酒もうちにはないよ?」

(ふくちゃんは料理をしない。タムタムはマレーシア出身なのでみりんも酒も使わない)

 

大丈夫、なんとかなる!となぜか自信満々なマレーシア人。

 

(゚△゚;)え? 何ができるんだろう?

 

そんな破天荒なタムタム’sクッキングの記録。

スポンサーリンク

角煮の材料

豚肉のブロック、Pork Berryを1キロ。(4人分くらいになると思います)

 

キッチンにあった調味料、にんにく、しょうが。

調味料の紹介と使用した分量

右から、

めんつゆ(大さじ3)

オイスターソース(大さじ3)

ごま油(大さじ2)

スイートソイソース(ケチャップ入りの甘口醤油)(大さじ5)

 

味の決め手はインドネシア産のスイートソイソース。

タイ料理、ベトナム料理によく使われる万能ソースです。日本人の味覚にもよく合うので、スイートソイソースを取り入れることで、お料理のレパートリーが広がりますよ。

お料理スタート!

調味量を混ぜて、適量のお水を加え、お肉を20分ほど漬け込みます

 

にんにくを小さ目にカットし、しょうがはスライスします。

 

にんにく、しょうがをお鍋入れて油で炒めます。

 

 

お肉をお鍋に移し、じっくりコトコト30分。途中でゆで卵を入れて完成♪

 

気になるお味は、、、?

ヽ(゚Д゚;)ノ!!

なにこれ、おいしい。

異国の調味料を使ったのに、なぜか日本の居酒屋で食べた角煮の味がしました。

めんつゆがちゃんと味をまとめてくれていたようです。

事前にお肉をタレに漬け込んだことで味がよく浸みていて、ご飯によく合いました。

Good Job!

 

最後に

外食で出会ったおいしい料理をレシピも見ずに、家に常備してある調味料で再現できるスキルは手品のようです。タムタムは仕事の時より料理してるときの方が表情が真剣。

 

おいしいご飯を作ってくれるパートナーがいると、外で友達と遊んでいても、一人で散歩してても、「早くおうちに帰ってご飯を食べよう」と、家路につくのが楽しみになります。

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール