【シドニー・ボンダイビーチ閉鎖】コロナ対策無視! 濃厚接触だらけの地獄絵図




オーストラリア・シドニーの人気ビーチ「ボンダイビーチ」「マンリービーチ」が閉鎖された経緯をお伝えします。

 

ざっくりした流れはこんな感じ。

  • コロナウイルス感染拡大に伴い「500人以上の集まり禁止」を政府が発令
  • しかし、人気ビーチには人がわんさか集まる
  • 政府が要請するSocial Distancingがまったく守られていない

 

では詳しく見ていきましょう。




先日のボンダイビーチの様子...オーストラリア政府のコロナ対策ガン無視!

上記の動画は3月20日のボンダイビーチの様子です。

 

この日は30度を超す真夏日でした。

 

だからビーチにたくさん人が集まるのも「普段」だったら当たり前の光景なんですが、20日の時点でオーストラリア国内の新型コロナウイルスの感染者数は709名(※今日、23日の朝の時点では1490名)

 

オーストラリアの新型コロナウイルス感染者数と政府の対策まとめ【9月25日更新】

2020.01.29

 

すでにオーストラリア政府が新型コロナウイルス対策として、必要不可欠ではない場合は室内100名以上、屋外500名以上集まるな、と要請しています。

【参照リンク】豪州首相府の記者会見記録

 

さらに「Social Distance」(社会的距離)という言葉もコロナウイルス感染拡大に伴い認識が広がってきた頃です。オーストラリアの専門家は「人と人の間は1.5メートルあけてください」とアドバイスしています。

 

とはいえですよ?

 

毎日のようにコロナウイルスの感染者数やら、その感染力やらをニュースで見聞きしてたら、人が密集するビーチに行くか?と私は思ってしまいました。

 

動画を見ていただくとわかるよう、思いっきり濃厚接触です。ソーシャルディタンスもへったくれもありません。

 

こんなん地獄絵図でしょ、と私は思ってしまいました。

 

政府の対策は「必要不可欠でない500人以上の集まりNG」と表現したから、

 

「ビーチは必要不可欠だよね!」という考え方だったのか、、、、?

 

 

しばらくオーストラリアで暮らしていますが、現地の人(特に若者)とコロナウイルスに対する認識の差をひしひしと感じました。

 

※この日、ビーチにいた人からコロナウイルス陽性が確認されています。

NSW州政府、すぐさまボンダイビーチを閉鎖

仕事が早いNSW州政府はすぐにボンダイビーチ閉鎖を発表しました。

 

3月22日日曜日の午後、ボンダイビーチは閉鎖。

 

いつオープンするかは未定です。

【参照リンク】Bondi Beach closed over crowds amid coronavirus pandemic

さらにマンリービーチも閉鎖へ

ボンダイビーチの閉鎖を受け、人々が流れたのは同じくシドニーの人気ビーチ「マンリービーチ」でした。

 

コロナ感染への意識が低いのか、ビーチに行かなきゃ死んでしまう病なのかわかりませんが、オーストラリア政府の政策を無視する人々は「閉鎖されてないからマンリービーチへ行こう」という感覚なのでしょうか。

 

そして、マンリービーチも閉鎖。。。NSW州政府も必死です。

【参照リンク】COVID-19: PARTS OF MANLY BEACH CLOSED

 

オーストラリアの新型コロナウイルス関連の記事はこちらでまとめました。

【現地より】オーストラリア新型コロナウイルス関連記事まとめ【随時更新】

2020.03.20
 












ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。