【新型コロナ・オーストラリア】 ロックダウン1か月経過 シドニーの日常生活の記録




シドニー在住の私たちのロックダウン中の日常生活について記録しておきます。

 

5月1日現在の状況ですが、オーストラリアのコロナウイルス感染者数は6762名、シドニーがあるNSW州では3025名の感染者が確認されています。

 

※様々なコロナ対策が効果的に働き1日の新しい感染者数は2桁台となりました。(オレンジの線が検査数、青が確認され感染者数)

 

オーストラリアの新型コロナウイルス感染者数と政府の対策まとめ【5月31日更新】

2020.01.29




オーストラリア ロックダウン中のシドニーの日常

現在オーストラリアは国境・州境を封鎖、街をロックダウンして厳しい行動制限も設けられています。

 

【関連記事】オーストラリア・コロナ対策【事実上のロックダウン】施設の閉鎖と行動制限の詳細

 

ふくちゃん
ロックダウン中のシドニーで暮らす私たちの生活はこんな感じ。

仕事は在宅勤務

私はもともと家で仕事をしていたので生活は変わっていません。

 

普段、オフィスに出向いていたパートナーは在宅勤務の日が増えました。

 

2人で一日中、家にいるのは楽しいこともあるけど大変なこともある。でも、今までにない過ごし方は新鮮ですし、お互いの仕事振りを見ることができるのもメリットかなと思います。

 

【関連記事】夫婦で在宅勤務のメリット・デメリット【問題点と対策】(我が家の場合)

コロナウイルス感染拡大による経済的な影響は?

オーストラリアのコロナウイルス対策で「必要不可欠ではないお店やサービス」は閉鎖しています。

 

経済的に大打撃を受け、失業者も増加していますが、幸い私もパートナーも影響は受けることなく、コロナ前と経済的な変化はありません。

 

私たちはお互い個人事業主で、

  • 私=WEB関係
  • パートナー=貿易関係

を営んでいます。

UberEatsの利用頻度アップ!

外食ができないので、ランチや夕ご飯にUberEatsやMenu Logといったレストランの宅配サービスの利用頻度がいっきに増えました。

 

※レストラン・カフェはお持ち帰りと宅配のみの営業が許可されています。

 

出向かなくてもレストランのおいしい食事が手に入り、売り上げにも貢献でき好きなレストランを応援できる素晴らしい方法。しかも後片付けも簡単だし、ごはん作るの面倒くさい時にぴったりです。

 

コロナの影響で外出自粛|我が家の食料品の備蓄とおすすめサービス

2020.04.08

 

日本でもUberEatsの対応エリアが増えてきましたね。

★Uber Eats>>Uber Eats フード注文

 【a】Uber Eats オーダープログラム

見た目への配慮は皆無になる

ごみ捨てや郵便受けのチェックくらいしか家から出ることがありません。食料品の買い物も家族の代表が1人で行くことが推奨されているのでパートナー任せ。

 

毎日パジャマか部屋着、もちろんお化粧はするはずもなくスッピン一択、髪もボサボサ。

 

鏡に映った自分の姿にぞっとすることもありましたが、不思議なことにみすぼらしい自分の姿も見慣れてしまえばどうってことありません。

トイレットペーパーなどの品薄状態は緩和

一時期、トイレットペーパーや抗菌ハンドソープ、パスタ、小麦粉などが品薄となりました。

 

【関連記事】オーストラリアでも!コロナパニックで【トイレットペーパー】の買い占め勃発

 

現在ではあからさまな買い占めは見られず、品薄状態だった商品も普通に手に入るようになりました。

コロナウイルス対策は継続

感染者数が日に日に減少してきてはいますが、コロナウイルス対策は以前と同様に継続。

 

コロナが収束してもこの調子でいけば、これから冬に向かうオーストラリアですが風邪やインフルエンザ対策になりますね。

 

【関連記事】オーストラリア在住の私達が日常生活に取り入れたコロナウイルス対策

おすすめ関連記事

【現地より】オーストラリア新型コロナウイルス関連記事まとめ【随時更新】

2020.03.20

 

国際夫婦2人暮らし【外出自粛生活の過ごし方】コロナ離婚は論外!(※現時点では)

2020.04.06

 

海外在住者のブログの始め方・稼ぎ方の全体像 | 在宅で仕事したいあなたへ

2020.04.18
 

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。











ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。