留学エージェントは無料?有料? 無料留学エージェントのカラクリ

ワーキングホリデーや留学を思い立った時、ほとんどの方が留学代理店(留学エージェント)の利用を検討するかと思います。

 

 

出発前はメールや電話、対面でのカウンセリングを通じ、一人ひとりに合った留学・ワーホリプランの提案や語学学校の選定から始まり、学校の申し込み手続き、ビザ手続き、ホームステイ手配等が主なサービス。

 

 

出発後は滞在中のサポートとして、銀行口座の開設、納税者番号の取得、シェアハウスやアルバイト探し方のアドバイス、英文履歴書の作り方のアドバイス、携帯電話の手続きなどその他もろもろ海外生活で困ったことや不安なことがあれば相談にのってくれる心強い存在です。

スポンサーリンク

留学エージェントは大きくわけて「無料エージェント」「有料エージェント」の2つ

サポート料、手続きといった、実費(学費、ビザ申請料、ホームステイ費)の他にサポート料金(手数料)が発生する有料エージェント。

 

実費以外の料金は発生せず、すべてのサポートは無料の無料エージェント。

(私は以前、現地無料エージェントで働いていました)

 

サービスに対してお金を払わなくていいの?と心配になる方もいらっしゃるかもしれませんが、有料エージェントに支払う高額なサポート料金が無料になったらかなり留学費用を節約できますよね。

 

安心して無料エージェントを選ぶことができるように、有料、無料、各エージェントの特徴をお伝えします。

有料留学エージェントの特徴

日本に立派なオフィスを構え、派手な広告を掲げているところが多いですね。それが安心感に繋がるのかもしれません。

 

通常のサポートに加え、渡航前の英会話レッスンやオリエンテーションなど手厚いサービス、

 

かつ、高額な手数料。

 

数か月~1年の留学で、会社によりますが10~30万ほどのサポート料(プラス実費)がかかります。(そのサポート料でオフィスの賃料や広告費をまかなっています)

 

現地オフィスの運営ですが、本社直営で運営されているところと、現地の別エージェントにサポートを外注しているパターンがあります。

 

後者の場合、現地のエージェントオフィスに行ってみたら、会社名が違う、なんてことはよくあります。

 

留学カウンセラーの方と実際に日本で会って相談ができるのは有料エージェントの大きなメリットと言えるでしょう。

 

親御さんが留学費用をだして、未成年が初めての留学、というケースなら有料エージェントの手取り足取りのサービスが良いかもしれませんね。

無料留学エージェントの特徴

現地にオフィスを構え、メール、電話、スカイプ等で留学やワーホリのカウンセリングを進めていきます。

 

実際に相談をして、一緒に留学準備をしてきたカウンセラーが現地でも引き続きサポートをしてくれるので、留学前から頼りになる知り合いが現地にいる感覚ですね。

 

日本国内にオフィスがある会社は少数派。

 

無料留学エージェントはお客様が申し込んだ学校からの手数料(コミッション)で運営をしています。

 

つまり、

お客様から手数料を頂くのでなく、留学先の教育機関から手数料を頂いてます

 

(※有料エージェントは学校からの手数料に加え、お客様にも手数料を請求しています)

 

無料相談・無料手続き・無料サポートといっても、そのサービスは手厚く有料なみ。留学・ワーホリ費用の節約に興味がある方は試しに何社かにメールで問い合わせてみてください。

 

●カナダジャーナル

カナダ専門の留学エージェント。1981年から数千人の留学生・ワーホリのサポート実績があります

>>日本人スタッフがきめ細かいサポートをいたします、安心な留学をするなら【カナダジャーナル】

 

●Global Drive

まだどこの国に行くか決まっていない、ぼんやりと留学・ワーホリを考え始めてまだ貯金も英語力もない、という方におすすめ。

>>【0円留学】国内ワーホリ経由≫海外留学行き|留学貯金0円&英語力0の留学希望者を徹底サポートするのが「Global Dive」です。

留学エージェントを使わないという選択もあり?

ありだと思います。

 

ある程度の英語力があり(ビザの申請画面は英語です)、インターネット上の学校情報を正しく取捨選択でき、現地でのトラブルも自分で解決しよう!という心意気の持ち主なら、という条件付きで。

 

自己手配でも、無料エージェントに手配を依頼しても、お支払いただく金額はまったく同じ。

 

しかも、語学学校によっては、現地のエージェントにだけオファーしている「特別料金」というお得な割引価格が適応することもあります。(時期とタイミングによりますが)

 

自己手配に比べると授業料が安くなるケースもあるので、エージェントを使いたくない自立心旺盛な方も、見積もりだけでも出してもらってはいかがでしょうか。

 

また、語学学校から専門学校・大学に進学の場合は、手続きがなにかと複雑になってくるのでエージェントを間に挟んだ方が手間が省けます。進学を視野に入れている方はエージェントを利用されることをおすすめします。

 

【オーストラリア専門学校留学】就職に有利な資格を取得するならAustralian college of the Professions【PR】

2018.09.08

 

留学・ワーホリの準備の流れはこちらの記事にまとめました。

何から手を付ければいいの?留学・ワーホリ出発前の準備とスケジュール

2017.06.26

最後に

留学エージェントはたくさんあるのでどうやったら選んだらよいか迷いますが、最終的には担当カウンセラーとの相性です。

 

有料エージェントでも無料エージェントでも自分にぴったりのカウンセラーに巡り合えれば、海外生活の心強いサポーターができたも同然。

 

広告やホームページはお金を書ければいくらでも魅力的に作れるので、そういったマーケティングに惑わされないことが大切です。

 

個人的には留学が初めての方でも無料エージェントでじゅうぶんだと思います。

 

シドニーの街中には無料エージェントが多数存在します。同業他社が多い中、「無料だからサポートに手を抜く」なんてことをしたら、お客様はどんどん離れてしまいますしね。

 

「サポート料」として支払うはずだったお金で、長く語学学校に通ったり、現地でおいしものを食べたり、小旅行に出かけたりした方が有意義かと思います。

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール