メルボルンのコロナウイルスの現状 2度目のロックダウン~大幅解除へ【10月28日更新】




【更新情報】7月8日よりメルボルンの全域で二度目のロックダウン開始.

【更新情報】10月27日11:59PMよりロックダウン大幅規制緩和へ

 

オーストラリアの新型コロナウイルス感染者数は様々な政策・行動規制・ロックダウンによって抑えられてきました。

 

6月より一部の行動制限が緩和されたものの、シドニーのお隣の州、ビクトリア州(メルボルンがあるところ)でコロナ感染の第二波がきています。

 

7月1日23時59分よりメルボルンの一部のエリアでは外出自粛要請が出され再びロックダウンとなります。

※10月27日大幅規制解除へ。

 

NSW州(シドニー)のコロナ関連情報はこちら

シドニーのコロナウイルスの現状まとめ(感染者数・規制・他州への入州)【11月24日更新】

2020.08.01




【10月27日更新】VIC州、ロックダウンの大幅規制緩和へ

10月27日23:59より、VIC州都市圏は制限措置の緩和に向けたRoadmapのStep2 「 Stay Home」からStep3「Stay Safe」に移行。制限が大幅に緩和されました。

 

【主な制限措置の緩和】

■運動

屋内のジム等で行うフィットネスは下記の条件を満たした上で再開。

  • 非接触であること。
  • 1スペースにつき10名まで、1施設20名まで。
  •  息が切れない限りマスク着用。

 

屋内プール(水泳教室を含む)再開:年齢制限無し、利用者は20名まで。

18歳以下の屋内非接触スポーツ再開:1スペースにつき10名まで、1施設20名まで。

 

飲食施設

レストラン、カフェ、パブは以下の条件を満たした上で再開

  • 屋外50名まで、屋内20名まで
  • 来客記録管理、COVID safeプランの徹底

 

フードコート再開

  • 1テーブル2名までの着席

 

小売店

小売店・美容院以外の美容施設(パーソナルケア等)再開

 

人との面会

自宅で会う場合、下記の条件を満たした上で、一世帯から大人2名、扶養家族(子ども2名)までが別の家に訪問可能。

  • 1日1回まで
  • 25キロ圏内に限る
  • 訪問者の氏名を訪問日時を記録する

 

屋外で会う場合

  • 世帯数に制限なく10人まで集会可能。12ヶ月未満の乳児は数に含まない

 

出勤

  • 州政府による就労許可の対象でなかった業種も出勤可能(就労許可証の携行は不要)
  • 地方区域に仕事で移動する場合は引き続き就労許可証が必要
  • 在宅勤務が可能な場合は引き続き在宅勤務を継続

 

教育

卒業式は学生と職員のみ参加可能

 

宗教、儀式等

  • 屋内での集会は、20名及び指導者1名まで。
  • 屋外での集会は、50名及び指導者1名まで。
  • 参加者による飲食物、食器、器具等の共有は、儀式を含めて不可。
  • 葬式:屋外で50名まで(12ヶ月未満の乳児は含まれません)

 

VIC州(メルボルン)新型コロナ感染者増加により一部地域でロックダウン再び

ビクトリア州の新型コロナウイルスの新規感染者は73名。

(※オーストラリア全体の新規感染者数は7月1日の発表では前日より87名増)

オーストラリアの新型コロナウイルス感染者数と政府の対策まとめ【10月28日更新】

2020.01.29

 

市中感染が拡大している状況を踏まえビクトリア州では7月1日23時59分より一部のエリアでロックダウンへ。

 

  • 仕事・学校、介護、運動、生活必需品(食料品等)の買い出しを除く外出自粛を要請(少なくとも7月29日まで)
  • 約311000人が影響を受けます。
  • ロックダウン地区は州警察がパトロールし、許可のない外出とみとめられた場合はその場で罰金が課されます。

 

該当エリア:郵便番号3012, 3021, 3032, 3038, 3042, 3046, 3047, 3055, 3060, 3064

(引用:Coronavirus: Victoria to lockdown COVID-19 hotspots amid state’s outbreak spike

 

【参照リンク】在メルボルン日本国領事館ービクトリア州における感染者増加地域の規制強化の実施

【参照リンク】感染拡大続く豪メルボルン、一部の地区に再び外出制限

【7月8日より】メルボルン全域でロックダウン

一部地域で行われていたロックダウンは感染者増大(新規感染者191名)の影響でメルボルン全域で再開されることになりました。

 

7月8日深夜より6週間、通勤・通学、医療、必要不可欠な理由以外での外出を禁じられます。

 

【参照リンク】7月9日から実施されるビクトリア州における制限措置の詳細

【7月22日より】メルボルンの特定エリアにてマスク着用が義務化

7月19日の新規感染者数が363名にのぼったことを受け、7月22日23時59分より指定エリアでマスク着用義務の措置が実施されます。

 

詳細はこちらの記事をご参照ください。

オーストラリア・メルボルン【マスク着用の義務化へ】罰金も

2020.07.19

NSW州(シドニー)での影響は?

7月1日、NSW州政府はロックダウンされるメルボルンのコロナ流行ホットスポット地域の住民に対し州境を閉鎖。

 

またNSW州民はビクトリア州の新型コロナウイルス多発地域への訪問禁止。

 

保健規則に反した場合、11000ドルの罰金もしくは6ヶ月の懲役が科されます。

 

(参照リンク:NSW Government closes Victoria border for people living in Melbourne coronavirus lockdown suburbs

シドニーのスーパーマーケットでは再びトイレットペーパーの買い占めが、、、近所のスーパーに行ったらこの通り、トイレットペーパーの棚はすっからかんでした。

メルボルンでのコロナ新規感染者増加に伴い、シドニーでもトイレットペーパーが品薄となり手に入りにくくなっています。

 

【関連記事】オーストラリアでも!コロナパニックで【トイレットペーパー】の買い占め勃発

7月7日深夜よりVIC州とNSW州の州境を閉鎖

【7月6日追記】

VIC州でのコロナ感染者が127名にのぼったことからNSW州は7月7日よりVIC州との州境を閉鎖します。

 

【参照】NSW border with Victoria to close from Wednesday as Daniel Andrews announces 127 new coronavirus cases in the state

QLD州は州境を7月10日に再開、しかしビクトリア州は除外

QLD州(ゴールドコースト・ブリスベン・ケアンズ)は7月10日より州境を再開。

 

しかし過去14日間のうちにビクトリア州を訪問したことがないことが条件。

 

クイーンズランド州民を含め、ビクトリア州訪問履歴がある場合は、自費で14日間の隔離が必要です。偽装が発覚した場合最大$4000の罰金が課されます。

 












ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。