汚い実家の片付け・掃除を断念すべき5つの理由




私のオーストラリア生活での一番の学びは、英語や海外就職ではなく、

人はスーツケース1つぶんの荷物で生活できる

ということです。

 

スーツケース1個で到着した当時は少ない荷物で暮らさなければなりませんが、まったく不自由はなく、それどころか、自分が管理する物が少ないことで開放感や身軽さを感じました。

 

だから、、、、

実 家 が 汚 い

と感じてしまうんですよね・・・

 

いろんな理由を考えて、私は「断念」という結論にいたりました。

 

実家が汚くてイライラしている方、ストレスMAXな方に、実家の片付けをあきらめるべき理由をシェアしたいと思います。




実家の現状


我が家は4人家族です。私がオーストラリアに移住、弟は隣県に在住。つまり実家には父、母の2人しか住んでいません。

 

4人で住んでいた家に今は2人。

 

家にある物は少なくなるはずが、私たちがいなくなったスペースを物で埋めています。実家というものは住んでいる人数が減ると物が増える、という謎の現象が起きる、と思いませんか?

 

狭い台所には私の身長より高い大きな棚があり、そこに不用品を詰め込んでいます。誰が見ても95%はいらないものなのに、かたくなに捨てるのを拒みます。圧迫感が尋常ではなく、息苦しさを感じます。

 

お皿はじゅうぶんあるのに、「パンについてるシールを集めてもらうお皿」が毎年増えていきます。

 

場所を問わず、床に物が置いてあります。両親はそれぞれ自室を持っているのにもかかわらず、リビングや台所の床には物が散乱していて、くつろげる雰囲気ではありません。

 

服は、リビング、玄関、台所、私の部屋のクローゼット、空室になって物だらけになった部屋、自室に分散されていて、なぜ一箇所に収納できないのか?不便じゃないのか?と不思議です。

もう他人の家だから口を出す権利はないと思え

親元を離れ独立したのだから、実家は「他人の家」と捉えるのが正しいのかもしれません。

 

親には親の、私には私の考え方や価値観があり、それをお互い押し付けあえば、お互いストレスを感じます。

 

私としては、生前整理、と言うとちょっと大げさだけど、体が動くうちに管理できていない不用品は捨ててもらいたい、清潔で安全な住環境に住んでもらいたい、という希望がありました。

 

でも、彼らからしてみれば、ガラクタであふれかえった環境が「当たり前」なのです。

 

本人たちはガラクタをガラクタとして認識していないので、死ぬまでとっておくつもりでしょう。

 

どこからどう見ても「ごみ」だけど、それを「とっておくべきもの」と考えているのであれば、その考えを尊重するのも一つの親孝行です。

 

だから、「実家は他人の家」と割り切ってしまったほうが、精神衛生上、おだやかに過ごせますよね。

②認知能力、判断能力の低下


早い人なら30代、40代で脳の機能が衰える人もいるので、親世代が物事を正しく認識できないのはごくごく当たり前の現象です。

 

だから、私たちが汚い、散らかっている、と感じている実家の空間も、親からしてみれば、

「どこが汚いのかわからない」

「何が散らかっているのかわらない」という可能性があります。

 

片付けや掃除が面倒くさい、とか、怠けているわけでなく「わからない」のです。

 

久しぶりに帰省した娘や息子から「捨てろ」だの「片付けろ」だの言われても、

  • 何を捨てればいいのか
  • どこを掃除すればいいのか
  • どこが散らかっているのか

の判断ができない、ということを私たちは理解しなければなりません。

 

私たちが掃除をしても、「どこが綺麗になったのかわからない」ということもあるんで、本腰いれて実家の掃除をしても、彼らにとってはありがたくもないんですよね。

③体力気力の減少

年をとれば体力気力は衰えます。

 

片付けや掃除はエネルギーを消耗するものですから、老夫婦だけで住む実家が汚くなるのも仕方のないことです。

 

動きが鈍くなると、自分の手の届くところに生活必需品を置き、それが私たちから見えれば散らかっている、と感じるのかもしれません。

 

いくら私たちが頑張って実家の掃除・片付けをしても、次回訪れたときは結局元通り。綺麗な空間をキープする体力も気力もない、その必要性すら感じていないのでしょう。

④ホメオスタシスの作用か?

人間は基本的に変化を嫌う生き物で、心の底では「現状維持」を望んでいます。そのことを、「ホメオスタシス」といいます。

 

習慣や環境を変える、というのは本当はとても難しいこと。

 

ホメオスタシスは人間にとってなくてならない機能です。

 

帰省の際に、実家が汚かったから、「親のホメオスタシスはきちんと作用している」と無理やり良い方向に考えて、イライラをおさえましょう。

⑤ネグレクトを疑え

「ネグレクト」=育児放棄、介護放棄として使用される言葉です。

 

「セルフネグレクト」は自分の世話をしない行為を表す言葉です。高齢者のゴミ屋敷、孤独死の問題の原因とも言われています。

 

セルフネグレクトに陥ると、食事がいいかげんになる、風呂に入らない、掃除をしない、衣類・寝具の洗濯をしない、家中ゴミだらけ、必要があるのに病院に行かない、などなど、様々な症状が現れます。

 

両親は病院には行くし、お風呂も入るし、洗濯もしているのでまだ本格的な「セルフネグレクト」ではないのですが、掃除・片付けに関してはネグレクトに片足突っ込んじゃってるかな?

 

本当にセルフネグレクトに進んでしまっているかは、私たち娘、息子がガミガミと片付けろ、とは言わずに、本来の親の行動を見極める必要があると思います。

 

セルフネグレクトは精神の病気を抱えていることも多く、適切な医療行為が求められる場合もあります。

 

親御さんの対応でにっちもさっちもいかなくなっている方は、行政のサポートを受けたり、精神科、心療内科での相談が不可欠です。

実はメリットもある

では、逆の発想で、「汚い実家」のメリットって何だろう?

 

それは、おおらかで細かいことは気にしない、ことです。そうじゃない実家もあるかもしれませんが、うちはたいていのことは「ま、いいか」ですみます。

 

そして、私の同居人のマレーシア人も細かいことは気にならない人なので、2人で日本に帰ると、大きな不用品を運んだり、両親の車を洗ったり、「実家の掃除・片付け」が日本観光でのアクティビティの1つとなっています。

 

言葉は通じなくても、「片付け」という共同作業を通して親睦を深めることができているのかな、と思いました。

 

メリット、、、と言っていいのかわかりませんが。

まとめ

今はいざとなったら頼れるゴミ屋敷、汚実家専用の清掃業者もたくさんあるので、娘・息子の立場の私たちは、私たちの生活を優先しましょう。

 

親子であろうと、「よそはよそ、うちはうち」

 

高齢者と呼ばれる年代になってからライフスタイルを変えるのも、よくよく考えたら無理な話なんですよね。

 

汚実家問題で家族の縁を切ったり、配偶者と言い争いになり離婚に発展するケースもあります。

 

そのようなトラブルになる前に、「なぜ片付けられないのか」「なぜ掃除ができないのか」をその理由を考え、適切に対応していくことが大切です。

実家を少しでも片づけたい!という場合は断捨離をサポートするサービスを利用してみましょう

断捨離をすることで運気が良くなることは理解できた、、、、でも、実践するとなるとなかなか行動に移せない方も多いかと思います。

 

  • モノは増やしたくない、でも新しい洋服は欲しいという方は「借りる」
  • 必要・不要の判断が難しいものは「預ける」
  • 処分する際の分別など正直面倒くさいという方は「売る」

 

といったサービスを賢く利用しましょう。

 

次の記事はコチラ

▼断捨離がはかどるサービスまとめ▼

>>【年末の断捨離】少ないモノで快適なミニマルライフを実現できるサービス一覧

【断捨離】少ないモノで快適なミニマルライフを実現できるサービス一覧

2020.12.04