【新型コロナ】2021年1月マスク義務化開始!シドニーの現状・日常生活




2021年1月、シドニーとその周辺地域でのマスク着用義務化が決定しました。

 

「ロックダウン中のシドニー生活の日常」を投稿したのが去年5月。もう8か月も前なんですね・・・

(関連記事:【新型コロナ・オーストラリア】 ロックダウン1か月経過 シドニーの日常生活の記録

 

あっという間だったような気もするし、ずいぶん昔のことのようにも感じます。去年の今頃からコロナが感染拡大、日常生活が崩れ、同時に時間の流れも今までと違う感覚。

 

現在は、去年12月のシドニー北部ノーザンビーチのクラスターから感染は広がり、現在は毎日のように新たな感染スポットが発表されています。

 

生活に大きな変化はありませんが、2021年1月の様子ということで日常の風景を紹介したいと思います。

 

▼シドニーのコロナの現状はこちら▼

シドニーのコロナウイルスの現状まとめ(感染者数・規制・他州への入州)【1月14日更新】

2020.08.01




2021年1月マスク義務化、違反者には罰金も!

スーパーマーケット入り口のマスク着用義務を伝える張り紙

 

2021年1月3日より以下の場所でマスク着用が義務付けられました。

  • 小売店・スーパーマーケット・ショッピングモール
  • 公共交通機関
  • 屋内のエンターテイメント施設
  • 宗教施設
  • ヘアサロン・ビューティサロン
  • ホスピタリティ施設

 

マスク着用義務に反した場合はその場で200豪ドル(約1万6000円)の罰金が課されます。

【参照リンク】オーストラリア保健省 Update on restrictions 2 January

 

毎週末、ショッピングモール内に入ってるスーパーマーケットで食料品の買い物をします。

 

店内のすべての人々がマスクをしている光景にコロナがもたらした「常識の変化」「意識の変化」を感じました。

コロナ禍でのシドニーのスーパーマーケット・小売店

ショッピングモール内のあちこちにはソーシャルディスタンスを保つ旨の看板が目立つところに設置されています。

 

上の画像はよく行くアジア食材店のレジ前の床に貼られた「1.5メートルの感覚をあけてください」のサイン。

 

こちらはドラッグストアのレジ前。どこの小売店でもレジ前ではソーシャルディスタンスを厳守するよう案内があります。

 

ショッピングモール内・お店の入り口には消毒ジェル。この景色も見慣れたものとなってしまいました。

マスクの買い占めは無し、トイレットペーパーは購入個数の制限

マスクの着用義務が施行され、品薄や値段が高騰するかもしれないと思いましたが、その心配はありませんでした。

 

薬局、ドラッグストア、スーパーマーケットでいつでも購入できる状況です。

 

3月に起こったトイレットペーパーの買い占め。

【関連記事】オーストラリアでも!コロナパニックで【トイレットペーパー】の買い占め勃発

 

今回は12月のノーザンビーチエリアでのクラスター⇒ロックダウンが発表された際に、一瞬スーパーマーケットからトイレットペーパーが姿を消しました。

 

品薄状態は長引くことなく、その後すぐに落ち着いたのでよかった!

 

それでも、大手スーパーでは購入の個数制限があり、トイレットペーパーは二袋までの購入に制限されています。

飲食店でのコロナ対策の規制

レストランのテーブルに置かれた「このテーブルは使わないでください」のサイン

レストラン・カフェでもソーシャルディスタンスを守るため、店内ではお客さん同士の間隔をあけて着席しなければなりません。

 

また、飲食店に限らず全てのホスピタリティー施設では新型コロナウイルスの感染者を追跡できるQRコードを利用した確認システムへ氏名・連絡先等の個人情報の登録が求められます。

シドニーの公共交通機関のコロナ対策

冒頭でもお伝えしたよう、公共の交通機関を利用する際はマスクの着用が義務付けられています。

 

乗客同士の距離をとるため、座席には「sit here」(ここに座って)ドア近くには「stand here」(ここに立って)との表示があります。

「コロナ検査」を呼び掛けるSNS広告

先日、インスタをぼんやり眺めていたら「コロナ検査」を呼び掛ける広告が表示されました。

 

オーストラリアのコロナ検査は、

  • 予約不要
  • 紹介状不要
  • 無料

 

さらに検査数を増やすためにSNSに広告を出稿してたんですね。今ドキな感じ。

 

最後に

シドニーがあるNSW州の毎日の感染者数は1桁台まで落ち着きましたが、まだまだ様々な規制の中で生活しています。

 

私は仕事が在宅なので「買い物に行くときはマスクする」くらいしか生活の変化はありません。

 

でも、そろそろ美容院に行きたいー!

 

とはいえ、電車でもマスク、美容院でもマスク、、、となるとめんどくささが勝ってしまいますね。

コロナで美容院は大丈夫? 感染対策ばっちりのヘアサロンに行ってきた

2020.07.08

 

もうしばらく引きこもってます。

 












ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。