【2021年6月】今、留学できる英語圏の国はここ! コロナ規制・入国条件まとめ




現在(2021年6月)日本から入国・留学ができる英語圏の国は、

  • カナダ
  • アメリカ
  • イギリス
  • マルタ共和国
  • アイルランド

上記の5か国。

各国のコロナ禍における規制・入国条件についてまとめました。

 

2021年6月現在の情報です。

状況は刻一刻と変化します。

各国の渡航に関する最新情報は外務省の「海外安全ホームページ」記事中の参照リンクをご確認ください。

留学のお問い合わせ・相談はスマ留の無料カウンセリングもご利用いただけます。




コロナ禍の今、留学できる国(英語圏)

現時点で留学が可能な国(英語圏)のビザ・入国時のコロナの規制について詳しくお伝えします。

カナダ

 

基本情報
  • ビザ:学生ビザ(※政府認定校のみ学生ビザ発行が可能)
  • PCR検査の陰性証明:必要
  • 入国後の自主隔離:必要(2週間)

 

◆搭乗72時間以内にPCR検査を受け陰性証明を航空会社への提示が必要です。

◆カナダ入国まで48時間以内にアプリ「ArriveCAN」から情報提供が必要です。

◆2月22日以降、入国時のPCR検査と政府指定のホテル3日間待機が必要です。(費用は自己負担・2000ドル)

 

【参照リンク】Government of Canada

アメリカ

 

基本情報
  • 3ヶ月未満:観光(ESTA)3ヶ月以上:学生ビザ
  • PCR検査の陰性証明:必要
  • 入国後の自主隔離:必要(2週間)※州によっては隔離無しで留学をスタートできます。

 

 

※ハワイ州:日本を出発する72時間以内に所定の検査機関での検査を受け、陰性証明を提示すれば2週間隔離が免除。

※ニューヨーク:入国後の隔離が免除。(ワクチン接種が住んでいなければ隔離は「推奨」されています

※カリフォルニア州:ワクチン接種が住んでいれば隔離不要。

 

 

◆搭乗72時間以内にPCR検査を受け陰性証明を航空会社への提示が必要です。

◆誓約書(Attestation)の提出が必要です。(「陰性証明の取得」または「新型コロナウイルスが完治し、渡航に支障がないとの診断」の宣誓)

◆2回目のワクチン接種者は接種後90日間、隔離の必要はなし。

 

イギリス

 

基本情報
  • 4週間未満:観光ビザ
  • 5週間~6ヵ月:Short Term Study Visa(※入国時に取得)
  • 6ヵ月~11ヵ月:Short Term Study Visa(※日本で申請)
  • PCR検査の陰性証明:必要
  • 入国後の自主隔離:必要(10日間)

 

◆連絡先フォーム(Passenger Locator Form) の登録が必要です。(イギリス到着の48時間前から可能)

◆自己隔離中に2回(基本的に2日目・8日目)のPCR検査が必要です。

Passenger locator form(乗客追跡フォーム)のオンライン申請が必要です。

 

※ロンドン全域では1月6日より3月8日までロックダウン中。この期間は教育機関(大学・語学学校)はオンライン授業で対応しています。

 

マルタ共和国

 

基本情報
  • 3ヵ月以下:観光ビザ
  • 3ヵ月以上:学生ビザ(現地で申請)
  • PCR検査の陰性証明:必要
  • 入国後の自主隔離:無し(PCR検査の陰性証明提示が条件)

 

◆現在、日本はAmber List 「マルタ入国時にCOVID-19のテストが必要な国」に含まれており、72時間以内に発行されたPCR検査の陰性証明書の提出が必要です。

 

【参照リンク】在マルタ日本国領事館

アイルランド

 

基本情報
  • 3ヵ月以下:観光ビザ
  • 3ヵ月以上:学生ビザ(現地で申請)
  • PCR検査の陰性証明:必要
  • 入国後の自主隔離:必要(2週間)

 

◆搭乗72時間以内にPCR検査を受け陰性証明を航空会社への提示が必要です。

◆「COVID-19旅客位置情報フォーム」(COVID-19 Passenger Locator Form)のオンライン提出が必要です。

 

※2021年3月5日までアイルランド全域の行動制限措置が最も厳しいレベル5(ロックダウン)に引き上げられます。この期間、語学学校もオンライン授業となります。

 

現時点での留学に対する個人的な思い=「今は準備の時期」

私が住んでいるオーストラリアは現在、国境を封鎖しており留学生は入国できない状況です。

 

この記事で紹介した「留学ができる国」もコロナの影響で入国時も入国後も「普段通り」とはいきません。

 

「留学したい」という想いは私も元留学生ですから理解できます。

 

でも、現状のリスクを考えると「おすすめします!」とは言えない、、、が本音です。

 

数か月後、安心して海外にいけるようになった時に備え、今は「情報収集」「準備」の時期と割り切った方がいいんじゃないかなーと思うんですよね。

 

フワっとした「留学の計画」をクリアにするためにプロの留学カウンセラーに相談できるサービスを紹介します。

 

格安ながら手厚いサポートで人気の留学エージェント「スマ留」ではプロの留学カウンセラーと無料でオンラインカウンセリングができるサービスがスタートしました。

  • 国選び
  • 留学期間
  • 費用や準備の流れ

といった相談にあなたの希望にそって親切丁寧にお話してくれます。

(※勧誘はありませんのでご安心を!)

 

>>かしこく、サクッと、留学。「スマ留」

 

夏休みの時期に留学を検討している方からの相談が多く寄せられているとのことで、予約は早めに取っておくといいかも。


★スマ留公式サイトをみる>>格安留学サービス「スマ留」

 

【2021年6月追記】

コロナワクチンの接種が進んでいる国は入国後の自己隔離なしで留学が可能です。

>>コロナが落ち着き『自己隔離なし』で留学できる3か国を紹介【2021年6月】

コロナが落ち着き『自己隔離なし』で留学できる3か国を紹介【2021年6月】

2021.06.10

 

2021年6月現在の情報です。

状況は刻一刻と変化します。

各国の渡航に関する最新情報は外務省の「海外安全ホームページ」記事中の参照リンクをご確認ください。

留学のお問い合わせ・相談はスマ留の無料カウンセリングもご利用いただけます。