オーストラリア、留学・ワーホリ入国可能に!詳細・条件まとめ【2021年11月更新】



2021年11月22日、オーストラリア政府より発表された「日本から自己隔離なしで入国可能」について、現時点でわかっていることをまとめておきます。

 

【関連記事】オーストラリア政府が日本人渡航者の受け入れ再開を発表 – 新型コロナウイルスのワクチン接種完了者を対象に12月1日より隔離なしで開始

 

状況は刻一刻と変化しますので、最新情報は必ず政府公的機関のウェブサイトをご参照ください。

【参照リンク】COVID-19 and the border-Japan

 

スマ留ではオーストラリアの開国を受け、ワーホリ、短期留学の説明会を緊急開催しています。席に限りがあるので渡航をお考えの方はお早めにご参加くださいね。(参加は無料です)

格安留学サービス「スマ留」



オーストラリアに留学・ワーホリで隔離なし入国の概要

オーストラリアに隔離無しで入国できるのはいつから?

2021年12月1日より

入国可能の州は?

  • NSW州(州都:シドニー)
  • VIC州(州都:メルボルン)
  • ACT(州都:キャンベラ)

オーストラリアに入国できる対象者の条件

以下の条件にすべて該当する場合、隔離なしでオーストラリア入国が可能です。

  • 日本国籍保持者
  • 有効なオーストラリアのビザを保持
  • 日本からの出発(日本以外の国からの出発は対象外)
  • ワクチン接種完了
  • 日本出国前72時間以内のPCR検査の陰性証明

 

オーストラリア政府に認められているワクチン

※14日以上の間隔を開けて2回接種完了

  • AstraZeneca Vaxzevria(アストラゼネカ)
  • AstraZeneca Covishield(アストラゼネカ・コビシールド)
  • Pfizer/Biontech Comirnaty(ファイザー)
  • Moderna Spikevax(モデルナ)
  • Sinovac Coronavac(シノバック)
  • Bharat Biotech Covaxin(コヴァクシン)
  • Sinopharm BBIBP-CorV (シノファーム)

 

1回接種完了

  • Johnson & Johnson/ Janssen-Cilag COVID Vaccine(ジョンソン&ジョンソン)

【参照リンク】COVID-19 and the border-Vaccinated travellers

最後に

現時点(2021年11月)では人気渡航先のQLD州(ゴールドコースト、ケアンズ・ブリスベン)やWA州(パース)は対象外となっています。新たな発表がありましたら、またこの記事に追記していきますね。

 

また、日本・韓国に対するトラベルバブルも12月1日からスタート。観光目的の渡航も隔離が不要となります。

 

渡航に関する規制はあるものの、2020年から国境を閉鎖していたオーストラリアにとって大きな一歩です。

 

状況は刻一刻と変化しますので、最新情報は必ず政府公的機関のウェブサイトをご参照ください。

【参照リンク】COVID-19 and the border-Japan

 

スマ留ではオーストラリアの開国を受け、ワーホリ、短期留学の説明会を緊急開催しています。席に限りがあるので渡航をお考えの方はお早めにご参加くださいね。(参加は無料です)

格安留学サービス「スマ留」