海外在住者の在宅仕事の定番【海外在住ライター】のホントのところ

とある旅行サイトで「オーストラリア・シドニー在住ライター」という肩書でシドニー情報の記事を寄稿しています。

現地の言葉を使って働く自信がない、本職の他にお小遣いが欲しい、人と関わることなくお金を稼ぎたい、という方には向いているお仕事だと思います。

 

パソコンとネット環境さえあれば、家でも旅行先でも一時帰国の間でも作業を進めることができますし、自分の書いた文章が誰かの役に立つのも嬉しいですよね。

 

今回は、ライター業務に興味があるけど、「私にできるかな?」と思っている方への疑問や不安を先回りしてお答えしていきたいと思います。

 

結論から言えば、やってみたい!と思えば、それほど高い文章力がなくてもWebライターにはなれます。(このブログを数ページ読んでみてください。たいしたことないでしょ?)

スポンサーリンク

海外在住ライターはどうやってなるの?

私の場合

このブログを開設する前に運営していた無料ブログに旅行サイトから「ライターになりませんか?」とお誘いがありました。

あやしい、、、、というのが第一印象。ブログには形式上「お問い合わせフォーム」を設置していたのですが、そこから連絡してくる人なんていませんでしたから。

お誘いを頂いた旅行サイトをすみずみまで読んで、担当者の方と何度かメールでやりとりをして、「そこまであやしくない」と思い、ライター業務をお引き受けすることにしました。

一般的なケース

①各サイトの「ライター募集」に応募する。

クラウドソーシングから仕事を探す。(個人や企業が様々な案件を紹介しているサイト)

現在では在宅でのお仕事はクラウドソーシングで探すのが主流となってきました。企業と個人をつなげる「ネット社会」ならではの業務形態です。

クラウドソーシングに登録してみよう

「このサイトはライターの募集しているかな?」と一つ一つ調べていくのは時間がかかるので、ライターを目指す方はクラウドソーシングを利用するのが一番手っ取り早いです。

ここでは日本国内の有名クラウドソーシングを3社紹介します。(2社とも登録手数料は無料

サグーライティング

初心者に嬉しい投稿記事への添削やアドバイスなど、文章力アップ・ステップアップが目指せるクラウドソーシングサイトです。業界最高水準の文字単価だから他のサービスよりも稼ぎやすく、会員さんが1ヶ月で稼いだ最高金額は50万円越え!お小遣い稼ぎからがっつり本業も目指せます。

高単価の在宅ライターサービス【サグーライティングプラチナ】

Shinobi ライティング

簡単な文章を入力するだけでお小遣い稼ぎができます。1人当たりの投稿可能数の上限も下限もありませんので、自分の得意分野 のジャンル、書きやすいキーワードの記事を選んで投稿可能。空いている時間に気軽にサイトにアクセス、書ける分だけ記事を書いて  お小遣い稼ぎができます。専用の記事投稿エディタから投稿いただけます。キーワード漏れや文字数のチェック機能が付いているため、作成した記事の 内容をその場で確認できます。

文章書いてお金をもらおう♪


報酬形態の違い

上記のクラウドソーシングサイトは1記事あたりいくら、という報酬形態ですが、一部の旅行サイトやキュレーションサイトは1PV(PV=ページビューの略)いくら、という「どれだけ見られたか」で報酬が決まる形態もあります。

 

1記事の報酬が決まっていたほうが報酬額がわかるので気が楽です。PVによって報酬が変動するケースは記事作成にいっそう熱が入ります。

 

どちらも向き不向きがありますので、ご自身に合った報酬形態で取り組んでみましょう。

こんな人が海外在住ライターに向いている

到着間もない方

旅行サイトは観光者へむけて在住国の観光情報を書いていく記事がメインとなります。観光者目線でその国の紹介をできる到着間もない方のほうが旅行サイトのライターのお仕事が向いているのではないかと思います。

 

というのもですね、私は16年ほどシドニーに潜伏しているので、「観光者目線」っていうのがとっても難しいんですよ。しかも、オペラハウスやハーバーブリッジのようないわゆる「観光地」って住んでいたら行くこともないので、ぶっちゃけ記事のネタや作成について戸惑うことも多々あります。

 

それでも何とか続けていますが、、、、。

在住国が大好きな方

旅行サイトの場合、住んでる国が大好きで、この国の良さをたくさんの方に知ってもらいたい、という情熱があるライターの文章は読んでいて本当におもしろいです。不平不満を抱えながら住んでいる方の文章もそれはそれで興味があるのですが、それはライターとしてではなく、ご自身のブログに吐き出してみるといいかもですね。

ある程度生活資金がある方

初めからライターのお仕事で生計を立てるのは至難の業です。社員と違って有給もないですから、まずは副業ライター、主婦ライターとしてお小遣い稼ぎ、または本業を持っている方の隙間時間の副業、くらいの位置づけで始めてください。

 

すぐにでも生活費が必要な方は、バイトをした方がいいです。

 

ライター報酬を生活の糧にできる、と確信できるまでは時間がかかりますので、まずは上記のクラウドソーシングに登録して様子をみながら進めていってください。

自制心があり、自分を律することができる方

ライターのお仕事は依頼主とのメールやスカイプでのやりとりは必要ですが、同僚や上司がいないので、基本一人での作業です。さぼっていても誰からも文句は言われません。

 

私の場合は、「旅行サイトのお抱えライター」というポジションで、特に毎月●本記事を書かなきゃダメ、というノルマ的なものがありません。頑張って20本の記事を提出する月もあれば、何にも書かない月もあります。

 

自分次第で報酬が変わるので、「ライターでお金稼ぎたい!」という方は、けっこう厳しめに自分を律していかないとダメだと思います。

 

私は「今日は書くぞー」と気合を入れても、「お茶飲もう」「お菓子食べちゃおう」「ゲームやろう」と、まったく自分を律することができません、、、、。人並みの集中力と自制心が欲しい、、、。

海外在住ライターを始めるにあたり必要なもの

ネット環境、パソコン、日本の銀行口座の3つがあればオッケー。

日本の企業との契約の場合、報酬は日本の銀行口座に振り込まれます。私が契約している旅行サイトは「海外の口座にも振り込みはできるけど、振り込み手数料は負担してね」とのことだったので、日本の楽天銀行を報酬振込先にしています。

まとめ

ネット上には「在宅ワーク」を謳う悪徳業者もわんさかいるので、「高額な登録料」を請求して来たり「高額ライティング教材」を売りつけてくるようなところとは絶対に関わらないようにしてくださいね。

 

大手のクラウドソーシングには過去の職歴や趣味や経験などがいかせる案件もたくさんありますので、在宅のお仕事に興味がある方はぜひ前述のクラウドソーシングのサイトで様子を探ってみることから始めてみましょう。

 

インターネットがここまで発達していると、あなたの発する情報がお金に変わることだってあるんです。企業と契約してライターになるのが面倒くさい、と思われるのであれば、ぜひブログを開設してください。

 

「私の生活なんて平凡だから書くことがない」と思っている人が多いのですが、「海外にいる」ってだけでじゅうぶん特別で、在住者じゃなければわからない情報を欲しがっている人だってたくさんいますしね。ご自身の日記や備忘録としてもブログは便利なツールです。

 

「ブログでお金が稼げるの?」という方の為の記事はこちらからどうぞ~。

海外在住者がブログでお小遣い稼ぎする簡単な方法をざっくりと解説
前回の海外在住者の在宅ワーク・副業の記事の続きです。前回のまとめ海外在住の日本人が在宅で仕事をする方法として以下の2つを提案させていただきました。①「海外在住...


スポンサーリンク



スポンサーリンク