悩み多きあなたに! RPGに学ぶ【困難を乗り越える8つの具体案】

困難が自分の前に立ちはだかり、にっちもさっちもいかなくなる経験は誰にでもあることです。

 

それでも、問題解決に向けて動き出してみたら、見ず知らずの人から何らかのヒントを頂けたり、ちょっとやる気を出してみたら意外にさくっと解決してしまうこともあって、「やっぱり人生はRPGだな」と思った出来事がありました。

 

(RPG=ロールプレイングゲーム、ドラクエとかファイナルファンタジーみたいなゲーム)

 

日本ではドラクエ、オーストラリアに移住してからは「龍が如く」にどはまりしました。

これらのRPGから人生哲学のようなものを学び、無理難題や困難にぶつかったときにRPGでのゲーム経験が実はすごく役立ってて、ゲームも無駄じゃないなぁと思います。

 

今回は私がRPGから学んだ「人生で訪れる敵(無理難題や悩み)」への対処の方法をシェアしますね。

スポンサーリンク

寝なければ体力・気力は復活しない

RPGの主人公は宿屋やアジトで一晩ゆっくり休むことで体力を復活させます。

 

肉体的、精神的に弱っているなぁーと自覚できる時や、消化しなければならない案件が山積みなのにやる気が起きない時、最優先事項は「休養」です

 

翌日、宿屋の主人から事態が進捗するヒントをもらえたり、アジトの外に自分の協力者が待っていたり、何かしらの新しい展開が広がる可能性があります。

 

疲れているときはろくなことを考えないし、仕事の効率も低下します。まず自分の心と体をニュートラルに保つためにも、あなただけの宿屋やアジトで体力・気力が回復するまで休んでください。

最大のリスクは「何もしないこと」

主人公は生まれ育った故郷を離れ、冒険へ旅立ちます。

 

地元を離なれ、何かにチャレンジしたり、新しい価値観に触れることは、のちのち大きな資産となります。その中で、失敗や挫折もあるけど、その先にあるのは成長と現状打破。

 

現状に満足できないなら、できない理由ばかり探していないで行動を起こすしかないんです。RPGの主人公たちは決して他人には期待せず、自ら道を切り開きます。

自己投資は必須

ゲームの中では武器や防具にお金を投資しないと敵には立ち向かえません。手に入ったお金をどのように投資していくか、ゲームの中でも成長・成功の秘訣です。

 

モンスターや敵を倒して、手に入れたゴールド(お金)で、主人公の「攻撃力」「防御力」を向上させないと、ゲームはなかなか前に進みません。

 

習い事や留学、書籍、自分磨き、体力作り、旅行など、お金と時間を自分に投資することで人生においての「武器」「防具」を手に入れておきましょう。価値のある自己投資はやがて「生き金」となり、自分に戻ってきますよ。

適材適所を見極める・時期が来たら転職

ゲームの主人公はレベルがあがれば職業を変えます。または前職の経験を活かしてさらに上位の職業に就きます。

(例:「戦士」と「武闘家」を経験すれば、「バトルマスター」へ)

 

職業は僧侶、魔法使い、吟遊詩人、笑わせ師など多種多様の職業の中で、自分の向いているものを見つけ、転職を繰り返しながら、どんどんスキルアップをします。

 

「もうこの職場で学ぶことはないな」「この仕事は気が滅入る」といった後ろ向きな感情にとらわれて生活をしているのであれば、レベルアップの時期かもしれませんよ?

会心の一撃は戦い続けた者にだけ出せる

会心の一撃とは、「思い通りに上手くいった素晴らしい一撃」敵に対して普段以上のダメージを与えられます。

 

敵と闘い続け、「痛恨の一撃」も受けて、傷ついてもうダメだ~となったときに、敵を軽々と打ちのめす会心の一撃を出せるんです。

 

敵、つまり面倒なこと・ややこしいこと・厄介なことをしれっと解決、またはスルーできる能力が会心の一撃。

 

経験値も必要ですが、運にも左右される攻撃方法です。運は戦い続けた者だけに味方します。

短所は長所で補えばいい

RPGの登場人物には、「体力はあるけど魔法を使う能力低い」「力はあるけど素早さがない」などキャラクターによって能力の長所・短所があります。

 

そこで、キャラクターの短所を補うべく、長所に沿った職業で修業を積み能力を向上させていきます。女の子のキャラクターは力がないから「魔法使い」、小太りキャラは素早さがないから「海賊」という感じで。

 

私たちも、仕事や勉強に対し、「得意不得意」や「向き不向き」ってありますよね。全てにおいてパーフェクトなんて不可能です。

 

得意分野や「これだったら勉強してても苦じゃない」という専門分野がある人はまずそのフィールドでレベルアップを目指しましょう。

スライムばかり倒していてもレベルアップにはつながらない

ゲームの戦闘場面で雑魚キャラばかり相手にしていたら、経験値が稼げずレベルアップに時間がかかってしまいます。効率よくレベル上げするには「勝てるか勝てないかのギリギリの敵」と闘い、がんがん経験値を積むこと。

 

何事も「こりゃ、私には無理だ」という仕事、状況、無理難題でも本気で頑張るとギリギリ倒せるんです。その経験は、ひょいっとあなたを次のレベルに上げてくれます。

 

生きていれば信じがたいほどの絶望もある。自分でいることが嫌になることもある。人生なんてクソゲーだ、と自暴自棄になることもある。

 

でも、それを乗り越えたとき、物語の次章が始まります。人は不運な時に「運」をしこたま貯めこんでいます。だからあなたの次のステージに期待しましょう。

必要な人を厳選した人間関係を築く

ゲームの中では複数のキャラクターとチーム(パーティ)を組んで、協力しながらゴールを目指します。主人公の仲間に入れるのは限られた人たちだけ。厳選した人間関係の中で物語は進んでいきます。

 

私たちの生活の中でも、本当に必要な人とだけ繋がっていればいいんです。ストレスを感じる人、無理して付き合ってる人との関係は捨てても何ら問題はありません。くだらない人間関係の悩みや不必要なノイズが減ることで、快適な環境が手に入れられます。

 

あなたのパーティにはあなたの厳選した人だけが仲間として参加できます。くだらないことで心を消耗することなく冒険を楽しみましょう。

まとめ

RPGは娯楽のために作られているので、リセットもできますし、最初から「イージーモード」で遊ぶこともできます。リアルの生活ではそうもいきません。

 

でも、困難に遭遇したとき、悩みが尽きないとき、もうダメだ、、、、と思う前に、その悩みや困難をRPGの敵やゲーム中に起こるイベントだと置き換えて考えると、ちょっとだけ気が楽になりますし、「立ち向かってみようかな?」「乗り越えてみようかな?」と思える勇気を与えられます。

 

RPGで遊んだことがない読者さんにもわかりやすく書いたつもりですが、もし意味不明な部分があったらごめんなさい。

 

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール