海外で猛威を振るう韓国人経営の「偽・日本食レストラン」にありがちなこと

オーストラリアでは日本食レストランの出店があとを絶たず、日本でも有名な「ほっともっと」「一風堂」「やよい軒」もシドニー市内の一等地に出店しています。

 

「和食」は外国人にとって、特に珍しいものではなく定番化している印象があり、「Sushi Roll」(海苔巻き)を売るお店、抹茶を使ったドリンクメニューを提供するカフェも街のあちこちで見かけます。

 

【関連記事】オーストラリアでも大人気の【抹茶(Matcha)】 世界が認める抹茶についてのおさらい

 

しかし、パッと見「日本食レストラン」でも、そのほとんどは韓国人経営、というのがオーストラリアの現状。アメリカやヨーロッパ、南米、東南アジアと世界中でも同じ現象が起きているんですよね。

 

先日、マレーシア人出身のパートナーが、

 

タムタム
新しいジャパニーズレストランができたから行ってみよう。

 

とのことで、一緒にランチに行ってみたら、そこは「韓国人経営の日本食レストラン」

 

私たち日本人からしてみれば、ちゃんちゃらおかしい「ニセ日本食レストラン」でも、外国人からしてみれば「何の変哲もない日本食レストラン」に見えてしまうのでしょう。

 

というわけで、今回は海外に行けば必ずと言っていいほど見かける「韓国人経営の日本食レストラン」についてレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

海外の韓国人経営の日本食レストランにありがちなこと

レストランの名前がおかしい

海外の日本食レストランにありがちな店名は日本の地名を使ったものや(「浅草」「京都」「東京」など)、簡単な日本語の単語を使ったもの(「一番」「富士」「侍」)があります。外国人にもわかりやすいネーミングですね。

 

ちなみに今回、私たちが行ったレストランは「大丈夫」という店名。「Daijoubu」と看板をかかげています。日本人からしてみたら、「いったい何が大丈夫なんだろうか?」と思ってしまいます。

メニューにはさりげなく韓国風の料理がまぎれている

あからさまな韓国経営の日本食レストランは思いっきり「ビビンバ」をメニューに入れてます。

 

今回の「大丈夫レストラン」はさらっと韓国風味をほのめかしていました。

スパイシーキムチうどん。

 

照り焼きチリポーク

「カレー」は「カレl」(横棒が縦棒になっている)

ありがちな日本語の間違いは店内のあちこちに。お店の雰囲気は新しいレストランなので、おしゃれでピカピカ。残念なのは天井からつるさげられたメニューの日本語が変。

 

中国や台湾のお菓子のパッケージも同じ現象が起こっていますよね。

 

真似するなら、徹底的に「日本語」もコピーしようよ。「パチもの感」満載の店内のインテリアも韓国人経営の日本食レストランにありがちです。

本当の日本食レストランと比べリーズナブルな価格帯なので外国人にはそれなりに人気

価格帯は日本人経営のお店よりお安く、だいたいのメニューはA$10前後。

 

ちゃんとした日本人シェフを雇っているレストランはそれなりのお値段がするので、「日本人が作ろうと韓国人が作ろうと味の違いがわからない」という外国人のお客さんは韓国人のレストランを選びますよね。

 

私たちが「大丈夫レストラン」に行ったときは、ひっきりなしにオーストラリア人や東南アジア系のお客さんが入ってきて、繁盛していました。

 

こちらに在住の日本人の中には「韓国系の日本レストランはちょっと、、、、」って人もいますが、外国人にしてみれば関係ないようです。

店内のBGMは最新日本ヒット曲

私たちがランチを食べたときは、ずーっと「ゲスの極み乙女」がBGMで流れていました。

 

一方、40代50代の日本人が経営しているラーメン屋は90年代、00年代に流行した「浜崎あゆみ」や「trf」などをBGMとして流しているお店が多い印象です。

スタッフは韓国人だけで日本は通じないものの「イラッシャイマセ」だけは日本で言う

店内に入ると、「いらっしゃいませー!」と言われますが、ここで「こんにちは。2人なんだけど席は空いてる?」と日本語で話してもコミュニケーションはとれません。だったら「ハロー」でいいんじゃんか、と思うのですが。

 

「日本人のフリをしておけば、ここは日本食レストランだと思われるだろう」というあざとい作戦なのでしょうか。

ご飯が固い

ふっくらモチモチのお米を好む民族は少ないようで、うちのマレーシア人パートナーも日本のお米は「べとべとしている」といって、食べたがりません。そのため、韓国人経営の日本食レストランでもわりと硬めのご飯がでてくることが多いです。

味噌汁は最初に出てくる

これは日本人が経営している日本食レストランでもよくあることです。「スープは前菜」という考え方なので、味噌汁を飲み終わると、次のお料理が出てきます。私としては、ご飯と一緒に味噌汁を飲みたいのですが、少数派である日本人の習慣は尊重されていません。

韓国人ウェイトレスの愛想が良くてかわいい

私は女だけど、ついついおっさん目線で韓国人ウェイトレスを見てしまいます。親切に接客してくれるし、ニコニコしていてかわいいんですよ。

 

韓国人の女の子が話すたどたどしい日本語っていいじゃないですか。ニッコリしながら「かちゅカレーです」とカツカレーを運んできた姿に萌えました。

韓国人シェフが作る日本食の味

私があまり味にこだわりがないというか、人様が作ってくれたものは何でもおいしいと感じてしまうので、そのレストランの経営が日本人だろうが、韓国人だろうが関係ないかな、というところが正直な感想です。

 

から揚げカレー

しいて言えば、、、、から揚げの衣が厚くて、お肉のジューシーさがない。カレールーの量が多すぎてご飯とのバランスがおかしい。あくまで私の感想ですが。味は日本のカレーと同じ。辛さもちょうど良かったです。

 

チキン南蛮丼

こちらも味はおいしいかったのですが、チキンの衣が厚い。あと、味噌汁に何の具も入ってない(笑)

韓国料理より日本料理の方が人気?儲かる?

日本人からしてみると、

「え?こんなん和食じゃないけど?」というとんでもない料理を出す韓国人経営・中国人経営の日本食レストランは海外にたくさんあります。

 

自国の料理で勝負せず、「反日国」である韓国・中国の人々が「日本食レストラン」を商売として選択するその背景には何があるのでしょうか。

 

考えられる理由として、、、、

  • 諸外国では中国人の移民が多いので、中華料理屋は飽和状態
  • 韓国料理は西洋人にはあまりウケが良いとは言えない味、、、、(知り合いのオージーは「全部、コチュジャンの味がする」と言ってました)

 

よって、西洋文化の中でも「和食=健康的」というイメージがある日本の食べ物を売れば商売として儲かるのではないか?という思惑からなのではないかと思います。

 

ちなみに、2014年に発表された「好きな外国料理」というアンケート結果では日本料理はぶっちぎりの1位。

                (出典:http://www.maff.go.jp/j/keikaku/syokubunka/kaigai/pdf/shoku_fukyu.pdf

関連記事

やっぱり韓国人って真似するのが得意なんですよね~。シドニーでも「これは日本のお菓子のパクりじゃないか!」というお菓子をたくさん発見できますよ。

 

 

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



スポンサーリンク



スポンサーリンク