海外で日本人男性は女性からはモテないのに男性からはモテる理由

巷で噂される「日本人男性は世界一モテない」ってのはウソです。台湾、タイ、フィリピン、中国などのアジア系の女性と日本人男性の組み合わせはけっこう目にしますから。

 

しかし「日本人男性x欧米人女性」の組み合わせって少ないですよね。たまに「奥さんはオーストラリア人だよ」という日本人男性もいますが、やはり少数派。

 

日本人独自の性格や行動が欧米人女性とうまくマッチしないのでしょう。

 

一方、日本人男性は「男性」にはモテる、という現状も「海外あるある」

 

今回は日本人男性が「女性にモテない理由」「男性にモテる理由」について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

海外で日本人男性が「女性」からモテない理由

外国人に比べ身長が低い・筋肉が少ない

男性の方が背が低い、というカップルもいますが、自分よりも背が高い男性を恋愛対象とする女性が多いのではないでしょうか。

 

見た目より中身の方が大切ですが、第一印象はやはり見た目で決まります。

 

オランダ人を例にあげると、女性の平均身長は171cm (ちなみに男性は185cm) 彼女らがハイヒールを履いたら余裕で175cmくらいになります。

 

そうなると、日本人男性は「小さくてかわいい」という対象になってしまうんですよね。(だから同性にモテる。後述します)

 

また、体型が痩せてていて筋肉が少ないことから「ひょろひょろしている」という印象を持たれがち。筋肉に過剰な好印象を持つ欧米人には日本人男性の体型は頼りない、という印象を与えてしまいます。

 

↓こういう人たちが一般的に人気があります↓

【関連記事】オーストラリア人のイケメンマッチョ消防士の半裸グラビアカレンダーが今年も発売開始!

押しが弱い・行動にうつさない

話も弾んで良い雰囲気になっているのに、連絡先をきかない、口説いたり誘ったりしない、「あと一押し」が足りない、、、

 

「断られたらどうしよう」「断れたらかっこわるい」という気持ちの方が大きくなってしまうのでしょう。ここで、ガンガンいければ、新しい世界が開けるかもしれないに。

 

勇気がでないのは自信がないから。

教師や親に、褒められることより否定された経験が多いと大人になっても自信が持てなくなってしまうのです。

コミュニケーション能力が低い・言葉の壁

「英語を間違えたら恥ずかしい」という気持ちから自ら壁を作ってしまうのは日本人では男女問わず起こり得ること。

 

さらに日本人男性には「自分なんて外国人女性に相手にされるわけがない」という謎の欧米コンプレックスも見え隠れします。

 

言葉の問題以前に、日本語でのコミュニケーションもままならない、、、、そんな残念な日本人男性から垣間見える男らしさを根気よく見つけてくれる欧米人女性に出会えたら奇跡です。

家事能力が低い

日本以外の国では共働きが当たり前、家事・育児も夫婦2人でこなすのが当たり前。外国人女性は憧れの職業に「専業主婦」をあげることはまずありえません。(専業主婦は職業としては認知されておらず「無職」として扱われるのが正しいかな)

 

「母親にご飯を用意してもらうのが当たり前」で過ごしてしまった日本人男性は「家事は女性がやるもの」という感覚が根強く残っています。

 

成人男性が「自分のことを自分でできない」、、、最悪です。これは日本の母親も息子を自立させようとしなかったから悪いと思うんだけど、今の日本の60代、70代のクソジジィが家事が何もできない姿を見ていると、胸クソ悪い。

 

そんな悪習慣を受け継いでしまっている若い日本人男性は恋愛対象外。

 

その辺のことはこちらの記事で詳しく書きましたので、よろしければ。

【関連記事】家事能力がない男はもう恋なんてするな! 経済力だけじゃダメだよね

言葉が足りないから関係が進展しない

「口説かない」「褒めない」「愛情表現がない」

これじゃぁ、ダメです。

 

ちゃんと「好き」「愛してる」って言えないんですよ、日本人男児は。相手が日本人女性だったら察してくれるのかもしれませんが、相手が外国人女性だと、

 

「何を考えているのかわからない」

 

と受け取られてしまいます。

気使い・レディファーストができない

荷物は持たせない、車道側を歩かせない、食事の時は取りわける、ドアは開ける、花束をプレゼントする、このへんのこと、息を吸うのと同じ感覚でできないと、

 

「私は大切にされていない」

 

と思われてしまいます。

 

きっと、大半の日本人男性は「そんなの面倒くさい」って思いましたよね。

 

でもね、女性を大切に扱かわなかった結果、こんなとこでストレス発散してる女性が増加しているのです。

 

30代主婦のストレス悩み解消なら だんなデスノート(旦那デスノート)
イライラさせんなや!ムカつく!夫に今すぐ死んで欲しい。毎日思っている。ホンマに早く死んでくれへんかな?車にひかれたらいいのに!30代に限らず、20代、40代、50代...

 

えーっと、、、、これは極端な例でした。中身読んでびっくりしました。「夫は金を稼ぎ、妻は家事をする」という日本の伝統的な夫婦の姿が現代でうまく機能するはずないんだよな、と思い知らさせれるサイトですね、、、

 

こうならないためにも、女性に対しては愛情と思いやりを常に持って接してあげてください。

海外で日本人男性が「男性」からモテる理由

では、ここからは「日本人男性」が「男性」からモテる理由についてお伝えしたいと思います。

 

世界各国で同性婚が認められる世の中となりました。日本国内で世間の目が気になる方は海外に飛び出して、「あるがままの自分」で生きる道もあるのではないでしょうか。

 

【関連記事】世界各国で同性婚合法化! 日本で同性婚が実現された場合のメリットは?

小柄で華奢な体型

女性にモテない理由が男性にモテる理由となります。

小型犬を連れている感覚でしょうか、、、「小さい」というだけで、「かわいい♡」

 

童顔で華奢な日本人彼氏がニコニコしているだけで、かわいくてかわいくてしかたがない、というオージー男性の話を過去に聞いたことがあるのですが、ほほえましい気分になりました。

 

自分の魅力をわかってくれる人と一緒にいた方が絶対に幸せになれますもんね。

ファッションや髪型が中性的

小柄な体型に中性的なファッションをみにまとい、髪の毛もツンツンさせたり、ふわっとさせたり、何かしら気を使っています。

 

特にぴちっとしたスキニージーンズにタイトなトップスを合わせ、色がピンクだったりすると、かなりの高確率で同性愛者かな?と勘違いされます。

 

海外で日本人男性が男性にアプローチされたり、襲われる事件が起きてしまうのも、その外見が原因と、意味のない愛想笑いが原因。

 

日本で「おしゃれ」とされている服装は海外では「女性っぽい」ととらえられてしまうのですよ。

体毛が少なくしっとりとした肌質

日本は多湿の国なので、欧米人に比べ肌がしっとりしています。

オーストラリアなんて乾燥しまくってるから、男性も女性もカッサカサ。

日本人男性の吸いつくようなしっとりした肌・体毛が少ない幼子のような肌に魅力を感じちゃいますよね。(知らんけど)

 

オージー男性は「アジアンボーイは肌が素晴らしい」って言ってたんで、肌質もモテる理由なのではないでしょうか。

素直でおとなしい

欧米人女性はギャーギャーピーピー自分の意見を押し付け、感情も起伏も激しい、というイメージはありませんか。

 

一方、日本人男性は自分と違う意見を相手に言われても、反論する前に「こういう考え方もあるのだな」といったん受け止める素直さがあります。

 

そんな日本人男性の姿に異性愛者だったはずの欧米人男性もコロッといってしまう、、、ってのは妄想のし過ぎでしょうか。

まとめ

世界的に「恋愛対象や結婚相手はは異性でも同性でもどちらでもいいんじゃない?」という流れになってきています。

 

世界中で利用されているマッチングサイトマッチ・ドットコム は異性だけでなく同性のパートナーも検索できるようになっています。

同性のパートナーが欲しい方は無料登録で検索ができるので、ぜひ試してみてください。

>>今のままで大丈夫?Match.comなら効率的にお相手を探せます

 

いいな、と思う女性・男性が外国人であろうと日本人だろうと、臆することなくがんがんアプローチしてみてください。言葉や態度で気持ちを現さなければ何にも伝わらないんです。

 

ちなみに日本人女性は、「海外で外国人にモテモテ」という概念が一般的です。しかし、現地に住んでみるとわかりますが、一方的な女の勘違いというケースがほとんどなんじゃないかと。

 

【留学帰りあるある】過剰な外国かぶれのうざい言動を細かく考察してみたに登場する外国かぶれのブスが勝手に勘違いしているだけです。

 

そのへんのことは、こちらの記事でお楽しみください。

>>【日本人女性は海外でモテる】を信じて勘違い女にならない為のお話

>>なぜ外国人男性はブスな日本人女性と付き合うのか。当事者が検証した答えとは?

 

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール