【海外でも群れる日本人】日本人会・日本人コミュニティで消耗するのはバカバカしい

海外在住の日本人は日本の窮屈な生活が嫌で海外に飛び出してきたものの、「日本人会」やら「日本人コミュニティ」というものに所属して、日本にいたころと同じようにどうでもいい人間関係やしがらみに消耗している人もいます。

 

私もオーストラリアで暮らすようになってしばらくは日系企業で働いてたので、同業者と集まったり、日本人のお客さんや取引先と飲み会だの食事会だのありましたが、今はきれいさっぱり日本人のコミュニティとのつながりはなくなってしまいました。

 

だってさ、「日本人だから」という理由だけで、お付き合いが始まるのってなんかおかしいと思うんですよ。

 

同じ日本人同士、助け合うのは大切だけど、「グループに入ってない人は助けてあげないよ」というケチくさいコンセプトのコミュニティだったら、そんな人々とは関わる必要はないんじゃないかな。

 

たぶん、これを読んでる日本在住の日本人のみなさんが考える以上に海外在住日本人は群れています。そのグループによって程度はどうあれ認知バイアスがかかった考え方になり、海外在住者はどんどん変わり者と化していくのです。

 

はたからみれば、「おかしい」「異常」「痛々しい」のにもかかわらず、特定のグループに所属してしまうと、ボス猿や教祖を無条件であがめてしまう信者ができあがります。

 

詳しくはこちらの記事に書きました。

【関連記事】海外在住日本人に痛い女が多い理由は【ダニング・クルーガー効果】が原因!?

 

この年末年始、私は日本人が開催するクリスマスパーティ、忘年会・新年会、お祭りなどのイベントは一度も顔を出していません。

 

だからといって、日本人とはお付き合いしません!と言ってるわけではなく、数人の日本人の友達はいます。心からお付き合いをしたいと思っている人たちだけで、人間関係はじゅうぶんです。

 

 

こんなんでも、まったく問題なくオーストラリアで暮らしていけるので、これから駐在妻になる方やお仕事がこちらで決まっている方、ワーホリや留学で海外生活を始める方、あなたが気分がのらなければ日本人と群れなくても大丈夫ですよ。

 

面倒くさいだけですから。

スポンサーリンク

海外(シドニー)の日本人コミュニティの実態

実態、、、と言ってもですね、私はどこにも属してないから、上っ面しかわかりませんが、、、。

 

とにかくいろいろな種類のコミュニティがあるんですよ。

 

そのボス的存在が「日本人会」ってやつです。おじさん、おばさんが集まってゴルフ、ソフトボール、水泳、バスツアー「会員相互の親睦向上を図る」そうです。

 

グループの年齢層が高いので自分が運営している会社、ビジネスに会員たちがお互いに便宜を図る、というイメージ。(日本人会のウェブサイトのトップページは日系企業の広告が並んでるし)

 

ここは日本人学校を運営・管理している団体なので、お子様がいらっしゃる方は日本語教育に関してお世話になるかもしれませんね。

 

で、ですね。

 

このほかにも、テニス、サッカー、ワイン、ヨガ、合唱、ダンスといった趣味だけにとどまらず、ママ友、出身大学、出身県、生まれた干支などなど、ありとあらゆる日本人グループが存在しています。

 

だから、到着したてで日本語が恋しいとか、日本語で現地の情報が欲しい、という方はまったく困ることはありません。(群れるのが苦手じゃなければ)

 

どこかのグループに所属すれば、そのグループのボスや世話好きなおばさん連中が手取り足取りアドバイスをくれると思います。

 

その場限りの安心感でよければ、いくらでも得ることはできるんですよ。でも最終的には自分のことは自分で考える、自分で決める、という意思を持っていなければダメです。

 

自然界でも雑魚(ザコ)ほど群れる、って言うじゃないですか。

群れるのが苦手な理由

まずですね、最初にも書いたんだけど、「日本人だから」という理由で仲良くしなきゃならん、ってのが受け入れられないんですよ。だったら、日本全国、仲間だらけじゃないですか。

 

そして、たいして信頼関係を築いてない人たちから、あれやこれやと個人情報を探られるのも、「なんで、あんたにそこまで教えなきゃならんの?」という気分になるんですよね、、、、

 

もうね、義理の付き合いほど非生産的なものはないですよ。自分の人生に必要な人ってそんなに多くないし、関わる人が多ければ多いほど複雑になっていくでしょ?

 

ボス猿の企画したイベントに出席し、時間とお金を浪費して、得られるものは「まやかしの帰属意識」だけです。そんなものを得るために使うお金も時間も私にはないんです。気兼ねなく楽しい時間をそのコミュニティの人たちと過ごせるとも思わないし。

 

1回でもイベントなり「なんちゃら会」「なんちゃらセミナー」みたいなものに参加してしまうと、「この人は誘えば来てくれる」と思われて、次から次へとお誘いがきます。私にとっては恐怖以外の何物でもありません。

 

ボス猿とその取り巻きは「暇な人」「群れてくれる人」を常に探し求めているようにしか見えないんですよ。

 

偏った考え方かもしれませんが、↓こんな性格なので、、、、、

【関連記事】ひとりが好き・誘われたくない。誘ってくる人の傾向と対策を考えて一人時間を守る。

 

海外在住のおじさん、おばさんはしつこいです。断っても断っても声をかけてきます。だから、きちんと「No」と言える自信がない方は、最初から日本人コミュニティとは距離を置いた方が無難です。

群れるのをやめるメリット

「知らんがな」「どーでもいいわ」という話を聞かなくてすむ

仲良くない人やそこまで興味が持てない人の話を聞くのは苦行です。テキストだったらスルーできますが、対面だとそうもいきません。とりあえず「聞いてるふり」くらいはしておかなければなりません。

 

どうでもいい人のどうでもいい話を聞いているとエネルギーを吸い取られていく感覚になるんですよ。家に帰ればもうぐったり。

 

一人でいれば、欲しい情報だけを得ることができます。「会話」は好きな人とだけしてればいいんです。

お金が減らない

「隠れ貧困」に陥る女性の特徴は「社交的」「誘われればNoといえない」「SNS大好き」だそうです。

 

私はぜんぜん社交的ではないし、誘われればNOと言うし、SNSはやめました。よって、無職でありながら、まだ貧困ではありません。(貧困の定義がよくわかりませんが)

 

自分の為(時々、親のため)だけにお金を使っているので、おのずとお金は貯まっていきました。今は仕事をしていないので、貯金は減るいっぽうですが、それでもそのスピードはゆるやかです。

時間はまるまる自分のもの

他人に時間を使える人は心が優しいか、時間を無駄にしてることに気付いてないかのどちらかです。

 

一人じゃないとできないことっていっぱいあるんですよね。読書やゲーム、ドラマ・映画鑑賞、ブログ執筆、掃除、片付け、世界遺産を調べる、旅行の計画などは、一人で集中したいんです。

 

どれも非生産的な趣味ですが、私にとってはなくてはならない大切なものなんですよ。

 

私は自分の時間を日本人コミュニティに捧げるほど余裕がないんです。

瞬時に意思決定ができる

集団になると、何を決めるときには他者の意見もきかなければなりません。一人なら自発的な意思で「自分の考えたことを自分で決める」という自己完結ができるのが大きなメリットです。

 

日本人は協調性を重んじる国民性なので、何かを決める場面ではボスに従うか、大多数の人が支持するものを選びがちですが、そういうの、もう面倒くさいじゃないですか。海外まで来てるのに、同調圧力にやられてしまうのって。

大切な人がわかる

コミュニティとかグループに参加しないと、自分のことを理解してくれる大切な人しか自分の周りにいなくなります。

 

今も遊んでくれる友達は、突然スマホでゲームをやり出しても、いきなりパソコン広げてブログを書き出しても、驚かない心の広い人たちです。いちいちかしこまらなきゃならない人では私はやっていけません。

 

彼ら、彼女らが困ったことになったら、私は全力で助けるし、必要であれば時間もお金もかけるでしょう。上っ面の人間関係は私の人生には必要がないので、本当に大切な人とだけ一緒にいられればそれで満足なのです。

 

今はシドニー生活の人間関係はことごとくシンプルになりました。

  • パートナー
  • シェアメイト
  • 突然、自宅に遊びに来る友達

 

私は彼ら彼女らがいれば幸せなので、これ以上人間関係を広げる必要はないかな、と思っています。

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



スポンサーリンク



スポンサーリンク