【ブログ開設6ヶ月記念】この半年に起こった静かな激動を振り返る

※今回の記事は最初から最後までブログ運営のことにしか触れていません。ブログのことなんて興味ないよ~、という方は読むだけ時間の無駄になりますので、Homeに戻って他の記事を読んでいってください。

 

このブログを立ち上げて6ヶ月がたちました。

 

仕事をやめ、無職になり何にもしないで1日ぼーっと過ごしていたときに、「ブログでもやるか」と軽い気持ちで始めました。「海外在住引きこもりブロガー」の誕生です。

 

以前に無料ブログでブログをしていましたが、その時に気になって仕方がなかったのが、「広告」の多さと他のブロガー記事を私のブログ内で紹介されてしまうこと。

(たとえば、アメブロだと最後の方に芸能人のブログランキングとか載ってる)

 

自分の意思で自分の好きなところへ広告を貼り、掲載されている記事は全部私の記事、という「私だけ」のブログが欲しかったんですよ。

 

「独自ドメイン」でワードプレスを使えばいいんだよ、とどこかのサイトを読んだのを思いだして、勢いだけでワードプレスに手を出してしまいました。後先考えない性格はこういうところにもよく現れています。

 

その当時は、「ワードプレス」「ドメイン」「サーバー」なんてコンピューターの専門家が使うものだと思っていましたが、あたふたしながらでも、なんとかなっちゃうもんです。

 

なにごとも、やってみなきゃわからない。やってみたら、「あれ?できるじゃん!」ってことが世の中には多いんじゃないかと思いました。

 

そんなブログ開設から6ヶ月の間にやったこと、起きたことなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

1か月目:ワードプレス開設、完全に見切り発車

忘れもしない6月16日。

暇な昼下がり。

「そうだ、ブログ作ろう」と、まずエックスサーバーのウェブサイトへ。

 

「10日間のお試し期間」があることで安心し、「上手くできなかったら10日間のあいだにキャンセルすればいいか」、そんな気持ちで申し込み。

 

で、ドメイン。ドメインはブログのアドレスで、好きな名前を付けることができます。このブログだったら「muffintop-days.com」の部分。

 

適当に「muffintop」(わき腹についた贅肉)なんてその場で思いついた英単語をドメインにつけてしまいました。

 

【関連記事】ワードプレス超初心者がブログ運営のスタートラインに立つ為に必要な2ステップ

【関連記事】海外在住者がワードプレスでブログを開設する際の3のつまずきポイント

 

これからブログを立ち上げる方は、

①ブログの方向性やコンセプトを決める

②ブログタイトルを決める

③それに付随したドメインを取る

、、、、というステップを踏んでからの方がその後のブログ運営がスムースかと。

 

私の場合、逆でした。

①最初に適当にドメイン取る。

②「ドメインにマフィントップって付けちゃったから、ブログタイトルもマッフィントップでいいか」(←これも適当)

③それから、「このサイトについて・読者さんへのメッセージ」でブログのコンセプトを説明するページを後日作成。

2か月目:アクセスが来ないよ?でもアドセンスに合格したよ

ワードプレスって無料ブログみたいに「読者登録」や「コミュニティ」みたいなアクセスを呼び込むシステムがないので、最初は「誰も来ない」んですよ。

 

なので、ブログ開設当初、アクセスが欲しい方は、

  • FacebookやTwitterで記事を紹介して読んでもらう
  • 「日本ブログ村」といったブログランキングに登録する
  • リアルの友だちや知り合い、家族にブログを紹介する

 

この3つでアクセスをかき集める方法がありますが、私はどれもやりたくなかったんですよね。(今でもしていません)

 

●SNS、めんどくさい、、、、(2018年5月追記:ツイッター始めました。お気軽にフォローしてくれればうれしいです)

●ブログランキング、くだらない、、、(結局、バナーをクリックされれば上位になれるので本当の実力は計れない)

●知り合いに知られたくない、、、、

 

と言う理由からアクセスを伸ばすことには力を入れていませんでした。

 

そんなある日、「アドセンス審査、挑戦してみては?受かると思いますよ」との読者さんからアドバイスをいただきました。アドセンスとは正式名称はグーグル・アドセンス。天下のグーグル様から広告配信をしてもらい、報酬を得るというシステムです。

 

アドセンスの存在は知っていたものの、グーグルが認めたある程度の質を維持しているブログしか審査は受からないのです。

 

でも、審査を受けること自体にお金はかからないし、不合格だとしても何度も挑戦ができます。いっちょ、審査に出してみるか!

 

結果。即日合格しました。

【関連記事】【2017年7月】超初心者がGoogleアドセンス審査に即日合格、その経緯とブログ詳細

 

グーグルに認められたことを機にブログの可能性みたいなものを感じ始めました。

3か月目:一時帰国で日本に滞在、どこにいてもブログは書ける。ブロガーという職業に憧れを持ち始める

8月、日本へ一時帰国しました。

 

当たり前の話ですが、ブログを書くことはシドニーにいようが、日本にいようが、どこにいてもネット環境があればできることです。日本でもせっせと記事を更新し続けました。

 

この頃になると、「とりあえず何か書いてから寝よう」と、ブログ執筆が就寝前の習慣となりました。

 

場所にとらわれない、時間にとらわれない、人間関係にとらわれない、そんな自由を求めて若者はノマドワーカーになるのだ、と腑に落ちた時期でもあり、「働く方法」ってのは会社に行くことだけじゃないんだ、と。

 

今までは、スタバでパソコン開いてなんかやっているのは、かっこつけてるだけだ、と勘違いしていましたが、その誤解も解けました。あの人たちは「場所にとらわれない仕事」をしていたのです。

 

【関連記事】スタバのWifiとMacBookが必需品・意識高いノマドの真似をして発見した7つの事実

 

頑張れば私もブロガーとして生きていけるのか?そんなの一部の才能のある人だけじゃないのか?そんなことをうだうだ考えなら過ごしていました。

 

そんな時、シドニーに置いてきたパートナーから、

「Googleから手紙が来てるよ?」と連絡が。

 

報酬を銀行口座に振り込むための手続き方法が書かれた手紙でした。

【関連記事】【海外在住者のGoogleアドセンス】住所確認のPINコード・銀行口座の確認の流れ

4か月目:グーグルアドセンス「関連コンテンツ」解放

9月、グーグルから広告形態の1つである「関連コンテンツユニット」というものが利用できますよ、という連絡がきました。

 

以下、グーグルの説明文です。

関連コンテンツを利用できるのは特定のサイト運営者様だけです。

ご利用いただくには、サイトのトラフィック量とページ数の最低要件を満たしている必要があります。

関連コンテンツによってユーザーに優れたエクスペリエンスを提供していただくために、この要件を設定しています。(引用:Adsenseヘルプー関連コンテンツ機能について

そうか、、、、私はグーグルの「特定のサイト運営者様」になったんだ、と感慨深いものがありました。

※最低要件のアクセス数、ページ数は明確にされていません。

 

これがどのくらいすごいことかというと、、、、、、

実はそこまですごくありません(笑)

 

ブログを半年ほど継続している運営者のほとんどは「特定のサイト運営者様」になれるんじゃないでしょうか。(運営期間が長いブログはみんな「関連コンテンツ」の広告を掲載しているので)

 

でも。

私にとってはすごいことなんです。

誰も読んでくれなかったこのブログが、少しずつ少しずつ成長してきた証だったのです。

 

「読んでる人がいる」ということを、実感できるようになりました。

 

どう伝えれば共感してもらえるんだろう?どんな話題だったらおもしろいと思ってもらえるんだろう?を考えるようになり、さらに読者さんは何を求めてこのブログに訪問するんだろう、、、、、とアクセス解析ツールをちゃんとチェックするようになりました。

5か月目:企業からの広告掲載の依頼が

ありがたいことに、企業(クローズドASP)から「ブログに広告を載せてください」と相次いで3社から連絡をいただきました。

 

しかし、私は物知らずなので、日本の企業からの連絡は「詐欺なんじゃないか、、、、」「10万払えば儲かる方法教えるっていうんじゃ、、、」と、かなりのおよび腰。

 

よく話を聞いてみると、怪しさはゼロ。特定のキーワードで上位表示されているブログを対象に依頼していることがわかり、一番感じの良さそうな「Felmat」(フェルマ)というクローズドASPと契約。

 

Felmatの担当者さんはメールからお人柄の良さが伝わってくるんですよ。

 

私のような落ちこぼれにも優しく丁寧に接してくださるので、いつかご恩返しができればいいなと思っています。

 

やっとブログをSSL化したことも5か月目の大きな出来事です。読者さんに安心してこのブログでゆっくりしてもらえるよう、セキュリティーを強化しました。

 

【関連記事】無理難題を押し付けられても誰かの為と思えばなんとかなっちゃうんだよな

6ヶ月目:読者さんからの相談メールが増える

このブログはコメント欄も閉鎖しているし、SNSもしていないので、私と連絡を取るには「お問い合わせ」からメールを送ってもらうしか方法がありません。

 

それでも、メールをいただく機会が増えてきました。ありがたいことです。

 

内容は留学の相談であったり、マレーシア人との恋愛相談であったり、観光相談であったり。

 

星の数ほどあるネット上のブログ・サイトの中でこのブログにたどり着いてくれたことも奇跡なのに、「このブログの管理人にメールしてみよう」と思ってくれるのって感激じゃないですか。

 

リアルの生活では人付き合いが悪いのに、読者さんの相談メールは速攻で返信します。特に東南アジア人との恋愛に悩む女性たちのメール内容は、「うんうん、わかるよ、わかるよ、その気持ち」と共感できることが多いんですよね。

 

おかしな内容のメールは問い合わせフォームに嘘のメールアドレスを登録していることがほとんどなので、いちいち読みません。

 

ブログの管理人さんはこれを使うとそのメアドが本物か偽物かがすぐにわかるので便利ですよ。

メールアドレス存在・生存・死活確認ツール

ブログは継続すればアクセスは増える

私のように素人で、SNSも使わず、ブログランキングも使わず、知り合いにもブログの存在を知らせない、という状態でも、時間の経過とともにアクセスって増えるんですよ。

 

アクセス解析をみると、8割がGoogeやYahooなどの検索、残りは「お気に入り」「ブックマーク」「Feedly」からなんです。

 

人気ブロガーはみんなTwitterやFacebookで更新情報を流しつつ、読者さんと交流も深めつつ、とんでもないアクセスを集めていますが、私は今までのペースでしばらくはやっていければ、と思っています。

 

詳しい数字はいやらしいので伏せますが、「継続することによってアクセスは増えます」の証拠画像。

 

笑っちゃうんですけどね、ブログをスタートした6月なんてグラフが出てないんですよ。

 

でも、誰にも読まれなかった6月もアクセスが少ない7月も、辞めようとは思わなかったんですよね。誰も読んでなくても「私」が読んでるじゃん、と書いてる自分が読者を兼任していました。

 

最初はそんなもんでいいんじゃないでしょうか。

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール