外国人観光客にとって温泉は難易度が高い!? それを乗り越えたときに温泉の虜になる

海外の温泉のほとんどは水着着用が義務付けられています。

 

すっぽんぽんでお湯に浸かるという日本の温泉は外国人にとってはハードルが高いのですが、パートナー同行の一時帰国の際に両親が熱海温泉旅行を計画しました

 

「来月の一時帰国、親が温泉旅行に連れてってくれるってよ」とマレーシア人パートナー・タムタムに伝えたところ、

 

「いいねー、大きなお風呂に入ってリラックスできるね」と喜んでいたのですが、

 

「日本の温泉は裸で入るんだよ」と伝えたところ、

 

「本当に?」とちょっとだけ表情が曇りました。

訪日外国人向けのホテル予約ツアー予約はこちらのサイトが便利です>>>Find Out More About Japan with JAPANiCAN.com 

スポンサーリンク

日本の温泉は外国人にとって難易度が高い

そして、「日本 温泉 入り方」とインターネットで温泉初心者のための情報を検索

 

「タオルはどのタイミングで股間からはずせばいいのか」

「で、そのタオルはどこに置いておけばいいのか」

「体はどこで洗うのか」などなど、

 

日本人の私たちにとっては考えずに自然に振るうことができる温泉も、温泉未体験の外国人にとってはわからないことだらけなんです。

 

本番に備えて練習しなければ、とうちのバスルームで温泉を想定したロールプレイング。

 

 

そこまでしてみて、気づいたようです。

「ふくちゃん(私)は一緒じゃないんだよね?」とタムタム。

「当たり前じゃん、男女別々だよ」

入浴中の父とのコミュニケーションの心配


浴室内では英語が理解できない父と行動を共にしなければなりません。

 

そこで、

熱い、のど乾いた、もう出たい、頭痛い、など入浴中に必要かもしれない日本語を練習しました。

 

また、備え付けのシャンプーやリンスもパッケージが日本語表記だけだと中身がわからないので、「これはシャンプーですか?」と質問ができるように特訓。

 

同じく父にも、「タムタムが他のお客さんに迷惑なことをしないように見張っているように」

(タオルを浴槽に入れたり、石鹸のついた体で浴槽に入らないように等)と伝えておきました。

 

男風呂に入ってしまえば、助けることはできないし、ある程度の温泉の知識と最低限のコミュニケーションは身に着けた方が本人も気が楽ですよね。

熱海温泉に到着

(写真はイメージです)

 

旅館のお部屋に着いて一言、

「ベッドがないよ?」

 

「布団で寝るんだよ」と私。

 

「セルフサービスなの?」

「私たちはしなくていいの、仲居さんが全部やってくれるから」

 

「ここは瞑想する場所か?」と床の間でポーズを取るマレーシア人。

 

「違う!ここは大切なものを飾るところ、あんたが瞑想するところじゃない」

 

、、、やっぱり、何にも知らないと勘違い行動も増えます。

 

初めて浴衣を着用したタムタム。

「どうやって着るの?」

そうか、浴衣も着方がわからないのか、、、

 

初めての温泉は、温泉の入り方以外にもわからないことだらけです。

 

旅館のゲームセンターで初めての「太鼓の達人」

最初はためらっていたものの、やりだしたらノリノリで太鼓を叩き始めました。

はたして温泉に入れたのか

事前に温泉の入り方を調べ、予習もしてきたので特に大きな問題はなく入れました。たっぷりのお湯にゆっくりと浸かる気持ちよさも理解できたようです。

 

「夏なのに熱いお湯に入るの?水風呂でいいのに」という疑問も身を持って解決できてよかったです。

 

翌日、早起きして朝風呂まで楽しんでいました。露天風呂が気に入ったようです。

 

見ず知らずの人が周りにたくさんいる状況で全裸になることに最初は抵抗があったようですが、

 

旅館を出発する頃には「お風呂が全裸が当たり前だよな」とちょっとした価値感の変化がありました。

 

無事、初温泉が終了してほっとしました。

まとめ

温泉、和室、料理、景色、と外国人が日本を知る要素がたっぷり詰まった温泉旅行は来訪する外国人に人気の場所となっています。

 

温泉で全裸に抵抗がある方には個人風呂付きの旅館がおすすめですが、私たちは予算に限りがあったので大浴場のみの旅館に泊まりました。

 

最初から大浴場はレベルが高すぎるかなと思ったけど、杞憂に終わりました。心の準備は必要でしたけど。

 

外国人旅行客にために、温泉の入り方やルールなどを英語、中国語などで表示した看板も浴場前にあるので、もっと気軽に温泉を楽しむ外国人の方が増えればいいなと思います。

 

次はこちらの記事もいかがですか?

>>>おすすめ温泉旅館【リ・カーブ箱根】夕食バイキングや客室を紹介するよ

>>>日本で自立を目指す外国人のはじめてのおつかい(タムタムの成長の記録)

>>>外国人観光客の増加の理由は?なぜ外国人は日本に来るのかをマレーシア人に聞いてみた

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



スポンサーリンク



スポンサーリンク