簡単心理学【ピグマリオン効果】を使ってパートナー(恋人・夫)の才能を最大限に伸ばす方法

「家事や子育てをもう少しやってくれればいいのに」

「もっと外見に気を使ってくれればいいのに」

「もっと経済力があればいいのに」

 

と、パートナーとの共同生活には何かと不平不満がでてきます。

 

相手を変えるのは不可能ですが、相手自らが喜んで変わってくれるように、こちらから働きかけてみることはできます。

 

ポイントは相手が

「あれ?俺って(私って)できるんだ」と自然に思わせること。

 

 

方法はいたって簡単。

  • 期待すること
  • 褒めること

たった2つです。

 

このシンプルな方法は教育心理学で使われる「ピグマリオン効果」といいます。

 

相手も嬉しい、私も嬉しい、という両者がハッピーな暮らしを作り上げていくには不可欠な「ピグマリオン効果」について詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

ピグマリオン効果とは

「ピグマリオン効果」とは教育心理学の専門用語。60年代、アメリカの教育心理学者ローゼンタールが提唱した説です。

 

怪獣みたいな名前ですが、ギリシャ神話にでてくる王様の名前です。

 

ピグマリオン効果の基本の考え方は、

 

生徒は期待されれば成果をだす傾向にある」

「期待をされれば、無意識にそれに応える行動をとる」

 

つまり先生が、実際はどうあれ、

 

幼稚園だったら、「このクラスのみんなお利口で、先生のお話をちゃんと聞いてくれるから、とっても嬉しいよ」

小学校以降だったら、「このクラスは成績が優秀でテストの平均が他クラスより高い」

 

一人ひとりには、各生徒のこれから伸ばしていきたい長所や個性について触れます。

「●●ちゃんは、絵を書くのが上手だね」

「音楽のセンスがあるね」

「友達に親切だね」

 

「こうなってほしいな」という期待を、先生が「生徒の能力はすでにある」と扱うことで、生徒の能力はどんどん上昇するというもの。

 

生徒には行動を強制させられている自覚はなく、無意識のうちに先生が期待する行動をとるようになります。

褒められれば誰だって嬉しい

人は褒められると脳内で快楽物質であるドーパミンが放出されます。

その快感を再び得ようとし、勉強、スポーツ、家事など様々な事柄にさらに頑張って取り組む姿勢を示します。

 

ピグマリオン効果(期待する) → 相手が行動を起こす → 褒める

 

これを繰り返すことで、あなたのパートナーが理想に近づいていくでしょう。

 

「褒められたこと」は上達してゆき、「好きこそものの上手なれ」という諺が現実のものとなります。

 

褒めるときはその対象をできるだけ具体的に褒めましょう。

 

例えば、旦那さんがご飯を作ってくれたら、

「おいしい」だけじゃダメなんです。

 

おいしい、の後に、具体的な質問をし、それをその都度褒めるのです。

「何の調味料を使ったの?この味付けが絶妙」

「どのくらい時間がかかったの?下ごしらえから頑張ったんだね」

 

この際、いくら食費にお金がかかったか、は別問題で、否定的なことは一切口にしてはいけません。

 

 

子どもの場合も同じです。

 

絵を描いた、歌を歌った、数を数えることができた、などなど、子どもの行動に対し、

「すごいねー」「上手だねー」だけではなく、

 

何が・どこがを意識して褒めてあげるといいですね。

能力が下がっていくゴーレム効果

ピグマリオン効果と真逆の「ゴーレム効果」

 

期待を全くもたず、

「どうせ、あなたはできない」という気持ちや態度で接すると、相手の能力はどんどん下がっていくというものです。

 

ゴーレム効果を振りまくパートナーと一緒にいると、お互い不幸になる一方です。

 

ダメなものはダメ!とはっきり言ってあげることも愛情ですが、それは相手が納得したときだけ。

 

常にあきらめの言葉やダメ出しをくらっていたら、モチベーションは下がり、能力は下がり、関係性も悪化していきます。

 

お互い気持ちよく暮らせるように、程よい期待とたっぷりの褒め言葉を使っていきたいですね。

ピグマリオン効果の実体験

パートナーと同居を始めた当時、私はフルタイムで働いていたので、家事の負担が降りかかることを恐れて、私は彼に何度も言いました。

 

「あなたが家事を上手にしてくれるから、私は安心して仕事に集中できる」

「あなたが家事を上手にしてくれるから、私は週末ゆっくり休める」

 

効果てきめんです。

 

仕事から帰ると、ほぼ毎日ごはんができていました。

私が無職になった今でも、家のことはよくやってくれます。

 

 

また、幼少時代の話です。

 

たくさんご飯を食べると両親や祖父母によく褒められました。

おかわりをすると、それはそれは喜んでもらえました。

 

そして、良く食べる大人に育ってしまい、万年ダイエッターとなりました。

幼少期の褒められた経験が今でも記憶に残り、「また褒められたい」と無意識に思っているのだと思います。

まとめ

あまり高いレベルでの期待は相手にとってプレッシャーを与えてしまいストレスになりますので、「程よい期待」を心がけて、平和的にパートナーに理想のタイプになってもらいましょう。

 

相手の能力を心から信じて、期待して、褒める。

 

あなたが発する言葉や態度で相手は変わります。

 

パートナーがいい男、いい女になるかどうかは、あなたの手腕にかかっているかもしれませんよ。

 

見た目も大切。ダサい男をイケメンに改造するのも彼女・妻の役目?

【関連記事】ダサい男のファッションや髪型を変えてイケメンに改造するのは妻・彼女の役目だと思う



スポンサーリンク



スポンサーリンク