海外在住日本人のブログでの実名・顔出しの必要性とメリット・デメリット

ブログをやってる方だったら、「ブログでの実名・顔出し」って考えたことあるんじゃないでしょうか。

 

私は「どうしよっかな~」と2秒考えて、「必要ないな」と即決。

 

このブログでは私「ふくちゃん」と私のマレーシア人パートナー「タムタム」が登場人物です。

ふくちゃん
私がふくちゃん。オーストラリア・シドニー在住。このブログを書いている人だよ。
タムタム
ぼくがタムタム。マレーシア・ペナン島出身。ふくちゃんと一緒に住んでいるパートナーだよ。

 

正真正銘、実在の人物です。ブログの内容も現実に起きたことや、実際に私が考えていることを書いています。

 

やっぱりね、記事の中で背伸びしたり、自分を良く見せようとしたり、人の目を気にしたり、嘘をついたりしたら、私が楽しくないし、筆者がどういう気持ちで書いているのか、てのは読者さんにもばっちり伝わるから。

 

で、「ブログでの実名・顔出し」に話を戻すと、このブログに訪れてくれる読者さんは別に私の顔が見たいわけでも、私の名前を知りたいわけでもないって思うのと、もろもろの理由から身元は隠した方が都合が良いかなってのもありまして。

 

今回はブログ書く側、読む側の立場から「ブロガーの実名・顔出し」について私なりの考えをまとめてみました。

スポンサーリンク

ブロガーがブログで実名・顔出しをするメリット・デメリット

メリット

信頼を得られる

日本のスーパーマーケットに売ってる野菜や果物に農家の方の写真が載っていると、不思議と「きっとおいしいんだろうな」という気持ちになります。

 

ブログも同じで、実名・顔を出すことにより、読者さんからの信頼を得ることができます。ご自身でビジネスをされている方は顧客に安心感を与えることもできますよね。

 

発信内容に責任感が伴う

実名・顔を出しているからにはネット上であろうと適当なことは言えないな、という責任感がうまれてきます。

顔を出してないブロガーが適当なことを言っているって意味じゃないけど、商品を売りつけたいだけのブログとか、詐欺っぽさが漂うブログは筆者の顔はでていません。

 

親近感・人間味を感じてもらえる

顔がわかると、そのブロガーが知り合いみたいに感じて、発信している情報に共感しやすくなります。スマホをいじりながら、「あの人、ブログ更新したかな?」とチェックしたくなるのは、たいてい顔を出しているブロガーさんのブログですね。

 

自己顕示欲・承認欲求を満たすことができる

顔面偏差値に自信あり、かつ承認欲求を満たしたい、というブロガーであれば、ブログは心を満たしてくれるツールとなるでしょう。ブスはだめですよ。炎上案件になりますから。

デメリット

周囲の人にバレたら好き放題書けなくなる

誰にかまうことなく、好き勝手に本音を思いのままに書きたい!というブログ執筆は不可能になります。これから就活や婚活をする方はとくに気を付けなければなりませんね。

 

私はこれから就活も婚活も予定はありませんが、それでも限られた数人の友人をのぞけば、リアルの知人にこのブログの存在は内緒にしています。

 

身元がばれたらまずいだろうなぁ、と思われる記事が書けなくなるからです。

例①:なぜ外国人男性はブスな日本人女性と付き合うのか。当事者が検証した答えとは?

例②:年を取るのが怖いという思いが女を痛い美魔女へと迷走させる

 

 

「ブスが顔出しするな」「ババァが顔出しするな」という世間の声に心が折れるかも

コメント欄やお問い合わせフォームに心ないフィードバックが送られてくる可能性も。ブスもばばぁも自覚しています。本人が一番わかっていることを、いちいち他人に言われるのってイヤじゃないですか。

 

炎上した際に生活に支障がでるかもしれない

ブログ開設半年後にバズを2度経験しました。細々運営している個人ブログでもSNSや大手掲示板での紹介でとんでもない人数にアクセスされます。

 

その時、嬉しい反面「どんな人がどんな思いでこのブログを読んでいるかわからない」というネットの怖さみたいなものをひしひしと感じたんですよ。

 

私が好き放題に書いている文章にイラッとくる人もいれば、嫌悪感を抱く人もいるでしょう。

海外は人間関係がせまく、ちょっと変な人も多い、という裏事情

海外在住(オーストラリア・シドニー)在住です。

 

日本のコミュニティとは距離は置いているものの、なんだかんだで友達が誰かとつながっていたり、元同僚が友達の友だちだったり、、、、と、日本社会ではありえないくらい狭い世界なのです。

 

で、私、ダメなんですよ。海外在住歴が長い人独特のノリみたいなものが。

 

そんな自分の胸の内を吐き出せる場所ってブログなんですよね。

だから、実名・顔出しをして身元がバレてしまったら、もう上記のような記事は書きにくくなるのは明確です。知ってる人から「ブログ読んでるよ~」なんて言われたくなくて、知人・友人が義理で読むようなものにしたくないというか。

 

狭い日本人社会の中で面倒くさいことに巻き込まれる可能性があることは、極力排除したい、そのためには「自分に関心を持たれる状況」から事前に逃げておく必要があるんです。

 

何をおおげさな、、、と思われるかもしれませんが、上の関連記事を1個でも読んでいただければ、共感していただけるのではないかと思います。

ブログに必要なもの、不必要なもの

ブログに必要なものは文章、ときどき画像。

これからも実名も顔も出さないでブログ運営をしていくつもりです。

 

私が絶世の美女で、「誰か私にかまって~」という精神状態だったら、日本在住であろうが海外在住であろうが顔出しはしていたかもしれません。

 

残念ながら美女ではありません。赤ちゃんの頃はガッツ石松うりふたつ。40年たってもそこはかとなく漂うガッツの雰囲気はしっかりと顔面に健在。

 

でもって、不必要なものは実名・顔出しの他に、月間アクセス報告・収益報告。

 

「月間●万アクセス突破しました」とか「先月の収益は●万円でした」という運営報告をされているブロガーさん、けっこういるじゃないですか。

 

ブログ運営のノウハウを発信しているブロガーだったら運営報告は必要なのかな?とも思いますが、私のような雑記ブログだったら、別に必要ないですよね。

 

このブログが何アクセスで収益がいくら、という話をしたところで読者さんにしてみれば、「だから、何?」でしょう?

まとめ

ブログでの実名・顔出しについて思うことをまとめてみました。

ブロガーの考え方、読者さんの考え方によるので、どちらが「良い」「悪い」という話ではないんですよね。

私はブログの価値は顔を出そうが隠そうが記事内容で決まる、と信じています。

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール