ペナン島おすすめ観光地 極楽寺は東南アジア最大級の仏教寺院【マレーシア旅行記3】

マレーシア・ペナン島は見どころがたくさんありますが、そのなかでも必ず訪れたいのが東南アジア最大級の仏教寺院といわれる「極楽寺」

 

日本にはないカラフルな色使い、壮大なスケールの極楽寺はみごたえ抜群。

 

敷地はなんと12万平方メートル、あちこちにありがたい仏像、歴史あるたくさんの建築物が堂々とたたずみ、歩いているだけでエナジーチャージができてしまいそうな場所です。

 

極楽寺、ペナンヒル、というペナン島の2つの人気観光スポットが同じエリアがあるので、半日観光におすすめですよ。

スポンサーリンク

極楽寺の歴史

寺の開祖はジョージタウンのピット・ストリートの寺の住職だった妙蓮法師(Beow Lean)である。妙蓮は福州市の鼓山涌泉寺の僧だったが、1885年にペナンに渡り、アイルイタムの丘に寺を建立することを決断した。

建築は1893年にはじまり、1904年に第1期の工事を完成した。巨大なパゴダ(万仏宝塔)は1915年から1930年までかけて作られた。(引用:極楽寺(ペナン)-Wikipedia

 

カラフル!きらびやか!極楽寺をお参り

ひききわ目を引く「パゴダ」(画面中心の白い建物)は下層が中国式の八角形の塔、中層がタイ式、上層がビルマ式という様々な文化が入り混じった興味深い宗教施設。インスタ映えしそうな景色ですよね(インスタやってないけど)

 

お供え用のキャンドルが売っていました。お値段は大きさによって10リンギットより。

 

お供え用のキャンドルに火をともし、仏像にむかって祈る母。キャンドルには家族の名前を書いておきます。

 

人々が祈る先にはとてつもない大きな仏像が。大きすぎて(30メートル超)上手く写真に納まりません、、、

 

お寺の中は天井が高く、面積も広く、仏像も大きく、何もかもが日本とはスケールが違います。

 

色使いも鮮やかです。ちょうどチャイニーズニューイヤーのランタンも飾られており、「煌びやか」という言葉がぴったりのお寺です。

 

敷地内には緑も多く、池にはたくさんの鯉が泳いでいました。天気が良いと本当に清々しい場所です。

 

干支の動物たちが両端を支えているベンチがかわいい。座ってみると熱いので気を付けてくださいね。

 

ありがたそうな仏像の数が多すぎやしませんか。圧巻でした。

ペナン島 極楽寺への行き方

タクシー・Uber

ジョージタウン中心からは40~50リンギット。所要時間:30分前後

バス

コムタのバスターミナルから203番、204番のバスに乗り、1時間前後。

参照⇒Komtar Bus Terminal-Penang

現地オプショナルツアーに参加

日本語ガイド付きで効率よく観光地を周りたい方はオプショナルツアーに参加する方法が便利です。自分たちで目的地まで行くより割高になりますが、交通機関のことや時間配分などを気にしなくてもいいのは楽ちんです。

 

マレーシアのオプショナルツアーは最低価格を保障しているVELTRAがおすすめ。クチコミも多く投稿されていますので参考にされてください。

゜:*★マレーシアのオプショナルツアー予約VELTRA★*:°

日本からパッケージツアーに参加

日本から航空券、ホテル、現地ツアーが含まれたパッケージツアーに参加することにより、極楽寺やそのほかの観光地を周ることができます。

 

忙しい方や海外旅行初心者の方はホテルや航空券の手配を旅行代理店に任せてしまえば簡単ですし、緊急時も日本語で対応してもらうことができるので安心ですね。

 

★JTB

海外旅行はJTB!Web限定商品など、海外ツアー検索・予約が可能!

★JALパック

ジャルパック海外ツアーの最安値をチェック!

★HIS

H.I.S. マレーシア旅行

極楽寺の注意点

敷地内はかなり広く、階段の昇り下りもありますので、

  • 歩きやすいスニーカーで行くこと
  • 水分補給をこまめにすること
  • 歩き疲れたら日陰で一休みすること

 

を心がけてくださいね。

 

服装は短パン、Tシャツで大丈夫ですが、宗教施設なので露出の高い服装は避けた方がいいですね。

 

また、お寺の敷地内にホームレスがいて観光客にお金をねだることもありますが、(コインの入っている缶を見せてくるだけ)話かけてきたり、危害を加えてくることはありませんので、普通に通り過ぎましょう。

極楽寺(Kek Lok Si Temple)

 

住所  1000-L, Tingkat Lembah Ria 1, 11500 Ayer Itam, Pulau Pinang, マレーシア
電話番号 +60 4-828 3317
拝観時間 9:00~18:00
入場料 無料

 

そのほかのマレーシアの観光スポットはトリップアドバイザーもご参照ください。クチコミの数が多く旅の計画に役立つ情報が満載です。

世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】


スポンサーリンク



スポンサーリンク