コモンウェルスゲームに思う 過去にとらわれず今を生きることの大切さ

現在、(2018年4月)オーストラリア・ゴールドコーストで「コモンウェルスゲーム」が開催されています。日本ではなじみがないスポーツの祭典ですが、オリンピックに次ぐ大規模なイベントで、連日こちらのメディアではコモンウェルスゲームのを報道しています。

 

コモンウェルスゲームとは英国連邦の国々が参加する4年に一度開催されるスポーツの祭典。

 

マレーシア出身のパートナー・タムタムは毎晩テレビにかじりつき、コモンウェルスゲームでのマレーシア選手の活躍に熱狂しています。

 

タムタム
冬の平昌五輪ではマレーシア人はあまり活躍できなかったけど、コモンウェルスゲームにはたくさんのマレーシア人選手ががんばってるんだ。

 

ふくちゃん
たしかに冬のオリンピックでは暑い国の選手は少なかったけど、今回のコモンウェルスゲームにはインドやバングラディシュ、アフリカの選手もたくさん。

 

【関連記事】2018年冬季オリンピック・マレーシア初参加!フィギュアスケートのジュリアンがイケメン

 

そこで、ふとした疑問がわいてきたのです、、、、、。

 

英国連邦=その昔、イギリスの植民地だった国。

 

ってことは、戦争をしていた頃、イギリスが突然乗り込んできて自分たちの国を侵略したってことですよね?イギリスを恨んでいても不思議はないのに、「イギリス主催」のコモンウェルスゲームに一生懸命になれるの?と。

 

英国連邦のマレーシア人パートナーとそんな話をしていたら、「過去にとらわれていてはいけない」ということを改めて実感しました。


コモンウェルスゲームの概要と参加国をざっくりと

正式名称は、ブリティッシュ・コモンウェルスゲームズ(British Commonwealth Games, イギリス連邦競技大会)

イギリス連邦に属する国や地域が参加して4年ごとに開催される総合競技大会である。オリンピック競技のほか、英連邦諸国で比較的盛んなローンボウルズ、7人制ラグビー、ネットボールなども行われる。主催はコモンウェルスゲームズ連盟。(引用:コモンウェルズゲームズーWikipedia

 

●2018年の競技種目数は18種目275種目。(ちなみに東京オリンピックの競技種目数は339種目)

●参加国は70か国 ⇒   2018年コモンウェルスゲームズ参加国ーWikipedia)

過去にとらわれていても何も始まらない

イギリスの植民地となったマレーシア出身のパートナーが言うには、

タムタム
昔のことは関係ないよ。今のことだけ考えればいいんじゃない?。

とのこと。

 

過去にいろいろあったけど、植民地になったという事実は変えられない。

 

でも今は、「コモンウェルスゲーム」でたくさんの英国連邦出身のスポーツ選手が活躍できる機会がある。

 

だったら、いいんじゃない?

 

というのが彼の考え方らしく、「イギリスに対して恨み」みたいなものは一切感じていないそう。「反イギリス教育」も受けた記憶がない、と言ってました。

 

過去にとらわれて、今もなお反日教育ばりばりの日本のご近所の国々とは大違い。

 

さらに、こう続けました。

 

タムタム
コモンウェルスゲームに出場している国の人々は個人差はあるけどみんな英語ができるじゃないかな。これはイギリス領だった影響も強いよね。

 

ふくちゃん
なるほどっ!シンガポールもインドもスリランカもジャマイカも母国語&英語ができる人が多い。

 

タムタム
だから、イギリスの植民地になった過去を悪い方向にとらえずに、今は良い方向で考えていかなきゃ何も始まらないよね。

 

タムタム、たまには良いこといいます。

 

そうです。過去にとらわれていたら何も始まらない。前に進めないし、成長もない。同じ失敗を繰り返す、、、、これって世界の歴史の中だけではなく、私たちの日々の生活にもいえること。

過去にとらわれている人って自分の不幸を過去の出来事のせいにしたり、人のせいにしたりするよね

今まで生きてきた中の経験は大人になれば自分が自ら選んだ選択肢です。

 

そ れ な の に!

 

不幸な人って、自分が不幸なのは「過去の出来事のせい」「過去に自分を育てた親のせい」「過去に身を置いた環境のせい」、、、、聞いてるだけでうんざりしますよね。

 

会話の端々に「~のせいで、、、」と自分の不幸をなげく人ってどんどん不幸せを自分で引き寄せているタイプなので、ちょっとずつ距離を置くことをおすすめします。

 

人は経験や失敗をもとにどんどんお利口にならなきゃだめなんです。それなのに「過去」を言い訳にして自分が変わらない、成長しない、挑戦しない言い訳をして、「不幸な状態にいる自分」を自ら受け入れ正当化しているんです。

 

一番ヤバいのは「過去の出来事」のせいで「今現在不幸だ」と他人の気を引く行為です。聞いてくれている人は表面上は「同情」しますが、本音は「知らんがな」ですよ。


まとめ

第二次世界大戦時、日本はマレーシアを占領した時期がありました。当時、中華系マレーシア人は日本軍のことを良く思わず、抗日気運が高まりました。

 

そんな過去がありながらも、1981年にはマハティール首相が打ち出した政策「ルックイースト政策」から、いっきに親日感情が高まりました。

【関連記事】なぜマレーシアは親日国?ルックイースト政策の功績と往年の日本との関係

 

だから、過去は過去なんです。

 

「今」をいかに楽しむか、「未来」をいかに良くしていくか、「過去の経験」をいかにこれからに活かしていけるか、を考えていかなきゃだよね、と思いながら、今晩もコモンウェルスゲームを鑑賞します。

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



ブログランキング参加中! 応援クリックで喜びます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村











ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



ブログランキング参加中! 応援クリックで喜びます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村