太ったなーと実感した瞬間3パターン 食っちゃ寝の歴史が私の体に刻まれた

見て見ぬふりをして過ごしてきてしまいましたが、やっぱりどうひいき目にみても、、、、、

 

ヾ(*´∀`*)ノ 私、太ったっぽいんですよ。

 

現実を受け止める心の準備がまだできていないので、体重計・体脂肪計には乗ってないのですが、(乗れ!)最近、「太ったなー」と実感する出来事が立て続けに起きてしまい、そろそろ何とかしなきゃヤバイところまできているのかも。

 

以前こんな記事(⇒海外の肥満税・デブ税は差別ではなく不公平感をなくすもの、日本でも導入すべき)を書いておきながら、私がデブ税を払う未来も遠くないの?いやぁ、まいっちゃうなぁ。

 

しかもですよ? ⇒海外で働きたい? デブと働くの大変だから覚悟しとけ、と経験者が語るという海外就職の大変さはデブと働くことだ!と主張した記事も書きました。ごめん、私がデブになっちゃったわー、なんてオチはできれば避けたい。

 

果てしなく誰得情報なんだけど、今回は私が「太ったなー」と実感した出来事を紹介します。

スポンサーリンク

太った実感①歯ぎしり対策のマウスピースの装着時、頬の肉をはさんでしまう

歯ぎしりがひどいので、歯医者さんにすすめられてマウスピース(ナイトガード)を装着して寝ています。

 

詳しくはこちら⇒歯ぎしり対策のマウスピース(ナイトガード)を歯医者で作成 その一部始終の報告

 

マウスピースを装着する時は大きな口を開けてマウスピースをカチっとはめるのですが、その時に頬のお肉をはさんでしまうことが増えました。

 

痛いんですよ、これがまた。「痛い!」と思った瞬間にマウスピースを外して、もう一度付け直せばいいので、大きな問題ではないのですが。

 

でも、確実に「ほっぺのお肉が増量中♪」ってこと。

 

顔が丸く見えるのは髪型のせいかなー、なんて思ってたんです。ばっさりと髪を切って、「火垂るの墓」の節子みたいな髪型になったんで。

 

現実は「丸く見える」のではなく、「丸い」ってのが正しかったのですよ。残念ながら。

太った実感②私を持ち上げて筋トレをするパートナーの眉間にシワ

うちの同居人、毎晩「筋トレ」と称し、私をお姫様抱っこ(お姫様とはほど遠い生活だけど)して、スクワットをするんです。太ももや上半身が程よく鍛えられるそうで。

 

以前までは軽々ひょいっと私を持ち上げていたのですが、最近は持ち上げる前に気合を入れ、眉間にシワを寄せながらスクワットしてるんです。

 

ねぇ、重いの?と聞くと、

「いや、そういうわけじゃないんだけど、ちょっと腰が調子悪くて」

とか、

 

「仕事で手首をひねったかもしれない」

 

とか、なんだかんだと言い訳をするようになり、あげくの果てに、

 

「今日はやめとく」

 

そうか。筋肉に負荷をかけるには私は重過ぎってことか。もうちょっと頑張ってくれよ。

太った実感③腹周りにのびのびパンツのゴムの後がまるで彫刻のように刻まれる

毎日、家で過ごすことが多いので、着ているものはパジャマか部屋着。基本的にズボンはのびのびパンツ。

 

リラクシングウエアで1日過ごす、と聞けばなんとも優雅な雰囲気ですが、脱いでみると、ばっちりゴムの跡がついているんですよ。まるでアンコールワットのレリーフのように。

 

※レリーフっていうのは古代遺跡の壁に彫られた彫刻のことね。こういうの↓

私のお腹に古代文明が!と驚いている場合ではありません。古代遺跡はロマンですが、腹に刻まれた彫刻はロマンではなく、ただの「デブ」なんです。

 

一瞬、「ズボンのゴムがきつくなったのかな?」とも思いましたが、どのボトムスでも古代遺跡が腹に出現するので、これはもう100%私の力で彫刻を召喚させているとしか考えられません。

 

でだ。

 

読者さんからのメールはたいていが、「ふくちゃんへ」とか「ふくちゃんさんへ」と始まるのですが、たまに、「マフィントップさんへ」ってのがあるんです。

 

ブログのタイトルが「マフィントップと唐辛子」だからマフィントップさんでいいのですが、、、、

 

マフィントップって英語のスラングで「ズボンに乗っかった腹周りについた贅肉」って意味なんです。

               (出典:これぞほんとの「マフィントップ」なケーキ型

だからさ、「マフィントップさんへ」ってメールが来ると、「あんたエスパーかよ!?」って気持ちになるんですよ、最近は。

まとめ

私をふくめ、「ちょっと太ったかも」と思っている方で、「ちょっと痩せなきゃまずいかも」を薄々気づいている方、レペゼン地球のDJ社長がぐざぐざ刺さることを好き放題言ってるので、2分だけ聞いてみてください。

 

「はいはい、あるあるw」とにやにやしながら納得できる内容です。



スポンサーリンク



スポンサーリンク