注意喚起! 国際的詐欺の巧妙な手口 ~419事件 ・海外版オレオレ詐欺・ロマンス詐欺~

海外旅行に出かける方や海外移住者の増加とともに、国際的な詐欺も増えてきました。メールやSNSを使ったものや輸出入ビジネスに関するもの、海外版オレオレ詐欺、ロマンス詐欺など手口は巧妙になっています。

 

さきほど、外務省から注意喚起のメールが届きました。(外務省の海外安全情報「たびレジ」に登録していると海外で起こっているトラブルの事例や各国の治安情報などが届きます)

【参考】海外安全ホームページ 国際的詐欺事件に対する注意喚起

「自分が詐欺に引っかかるわけがない」と思っていても、「まさか自分が詐欺にあうなんて、、、」と関係機関に相談・通報をしている人の数も実際に増えているわけです。

 

近年、世界中で拡大している詐欺の手口と詐欺かも?と不審を感じたときに相談・通報する機関を紹介します。

スポンサーリンク

国際詐欺メール・通称「419事件」

1980年代から広がりを見せた国際詐欺は主にアフリカのナイジェリアで発生していたため、通称「419詐欺事件(ナイジェリア刑法419条に違反する犯罪)」や「ナイジェリア詐欺」と呼ばれています。現在では世界中で419詐欺は起こっているのでどこにいても注意が必要です。

海外の政府関係者・軍の高官やその親戚を名乗る人物から、賄賂や資金流用、遺産相続等で得た秘密資金の送金のために貴方の銀行口座を貸してくれれば、資金の一部を謝礼として渡す旨持ちかけられ、手数料等と称して言葉巧みに金品を騙し取ろうとする手口です。(引用:JETRO-国際的詐欺事件について

代表的な419詐欺の手口を3つお伝えします。

マネーロンダリング型 (前渡し金詐取)

政府や軍の関係、またはその親族と名乗る人物が秘密資金の国外送金のために、謝礼を渡すので銀行口座の貸してほしいと持ちかける。手続きの「手数料」として先方が指定する口座にお金を振り込ませる。言葉巧みに何度も振り込みをさせた後、連絡が取れなくなる。

遺産相続型

海外に在住していた日本人の現地有力者が亡くなり、亡くなった方の意向で団体や個人に遺産を相続したい、との旨の手紙、メールが相続人や代理人を名乗るものから届く。手数料や税金を振り込ませて連絡を絶つ。

インターネット宝くじ型

高額の宝くじに当選した、とメール、手紙がくる ⇒ 送金手続き料を数百~数千ドルを先方の指定する口座に振り込むよう指示され、最終的には連絡が取れなくなる。

 

※私も数年前にスペインからの「宝くじ当選通知」を手紙で受け取ったことがあります。20億円くらい当たったみたいです(笑) こんなん嘘に決まってるじゃん!とすぐに詐欺だと思いました。だって、買ってもいないスペインの宝くじが当たるはずもないのですから、、、、。

海外からのオレオレ詐欺

子どもが海外留学やワーキングホリデーなどで海外に滞在している、また海外に旅行中、日本に残った家族に対しての「オレオレ詐欺」

 

事故にあった等のトラブルをでっちあげ、本人を装う詐欺師が金銭をだまし取ろうとするケースです。

 

実際に外務省に相談・通報があった事例

『外国人らしき人物より流暢な日本語で「息子を誘拐した、解放して欲しければ○○銀行へ○百万円振り込め。」と脅かす電話が日本の両親へかかった。両親は、海外の息子に電話するも、連絡が取れなかったために銀行へ金銭を振り込んでしまった。』(引用:海外邦人事件簿|Vol.29 海外からのオレオレ詐欺

 

『海外留学中の娘を名のる人物から大変混乱している様子で泣きながら「交通事故を起こし、子供をはねてしまった。」と電話があり、直ぐに弁護士と称する人物に替わり、「保釈金が必要なので、○百万円を振り込みなさい。」と指示された。しかし、その後娘と連絡がとれ、そのような事実がなかったことを確認でき、被害に遭わずに済んだ。』(引用:海外邦人事件簿|Vol.29 海外からのオレオレ詐欺

 

『海外留学中の息子を名のる人物から「交通事故を起こしてしまい、その相手から車の修理代を請求されている。」と電話があり、その場で、その事故の相手に替わり、「示談にするから直ぐに修理代を振り込め。さもないと、息子の臓器を売ってしまうぞ。」と脅かされた。しかし、その後息子と連絡がとれ、そのような事実がなかったことが判明し、被害に遭わずに済んだ』(引用:海外邦人事件簿|Vol.29 海外からのオレオレ詐欺

国内外を問わず、離れて暮らす息子・娘とは確実に連絡を取れる方法(ラインやメール、携帯番号)は必ず把握しておき、どうでもいいことでもこまめに連絡を取り合う体制をととのえておきたいですね。

出会い系サイト・SNSなどを使ったロマンス詐欺(結婚詐欺)

出会い系サイト・SNSなどを通じて知り合った異性から、結婚を前提に付き合いを迫られ、相手が信用したところで国際送金をさせようとする国際的な振り込め詐欺。(別名:ロマンス詐欺、ナイジェリア詐欺)

 

Facebook等の不特定多数が無料で参加できる語学交流ページで知り合い、メッセンジャーやスカイプなどのビデオ通話で連絡を取り合い関係が深まるケースも。恋人役(詐欺師)は相手が信じるであろうトラブルを設定し、国際送金を促します。

嘘のトラブル設定の例

●多額の現金を無届けで持ち出そうとしたので、罰金数万ドルが必要

●関税を支払わないと配送が継続できない

●テロ資金でないことを証明するために国連に申請する必要があり、証明手数料及び代理申請料として数万ドル必要

●高額のためセキュリティ会社に委託する必要があり、手数料として総額の10%の計数万ドルが必要(国際宅配業者・セキュリティ会社・弁護士)

●手術費用を直ぐに送って貰わないと死んでしまう(搬送先の医師・看護師)

●明日までに支払わないと折角のビジネスチャンスが台無しになる(友人・恋人)

●自分は航海中で、支払いが出来ないが、他に頼れる人がいない(友人・恋人)

(引用:在マレーシア日本国大使館 インターネットを経由した詐欺にご用心

 

ネット経由だけでなく、時間をかけて「交際」→「結婚」まで進んだとしても、最終的にお金を奪い取られる国際結婚詐欺も遭遇しました。相手の愛情を逆手にとる許せない行為ですが、騙される人にも判断力、人を見る目が欠如しているケースも、、、、。

【関連記事】国際結婚詐欺の被害と手口 海外で遭遇した2つの事例と騙されやすいタイプの共通点

国際詐欺の通報や相談窓口

●警察

まずは管轄の警察署に通報・相談。

都道府県警察本部リンク

 

●外務省(日本国外であれば領事館・大使館)

外務省・海外安全ホームページでは海外での事件事故などのトラブル、テロ情報などの安全情報を提供しています。指定時間内であれば電話での直接の相談が可能です。

海外安全ホームページお問い合わせ

 

海外にいる場合は現地の在外公館(大使館・領事館)

各国の在外公館ホームページ

 

●JETRO(日本貿易振興機構)

海外ビジネス進出や輸出入の支援を行っている機関。トラブル事例もウェブサイト上で紹介しています。海外との仕事上でのやりとりで何か不審な点があればJETROに相談してみましょう。

JETRO お問い合わせ・FAQ(よくある質問)

まとめ

海外旅行に行く方は外務省が提供する「旅レジ」に登録しておくことで、海外で何らかのトラブルに巻き込まれてしまった際にすぐ支援を受けることができ、最新の海外安全情報(治安情報やテロ情報など)の配信もあります。

 

旅行の予定がある方は「自分だけは大丈夫」と油断せずに「旅レジ」の登録、さらに外務省が提供する「海外安全アプリ」もお守り代わりにインストールしておきましょう。

旅レジに登録する

海外安全アプリをダウンロードする

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



スポンサーリンク



スポンサーリンク