マレーシア消費税廃止! 公約をサクッと実現した92歳のマハティール首相がかっこいい

マレーシア人のパートナーと一緒に暮らしていますと、自然とマレーシアのニュースも耳にするのですが最近の重大ニュースといえばこれ。

タムタム
2018年6月から6%の消費税廃止!やったぁ~!

 

ふくちゃん
ええっ!本当に?選挙が終わってまだそんなに時間がたってないのに、、、(選挙5月→消費税廃止6月)マレーシアの政治って話がどんどん進むんだねぇ。

 

タムタム
今回、再選したマハティール首相が公約にかかげてたからね、国民のためにとっとと動いたんじゃないの?

 

ふくちゃん
日本の政治家は立候補する時に掲げた公約は、当選すると忘れちゃうんだよ、、、、マハティールさん、90歳を過ぎていらっしゃるのに行動力がはんぱない。

 

私には日本の選挙権がないので、(住民票除籍してあるし、在外選挙権の手続きもしてない)日本の政治に対しあーだこーだ言う筋合いはありません。

 

しかし、マレーシアの政治家の「公約をできるだけ早く守る!」というスピーディな動きと、日本の政治家の「え?公約?私そんなこと言ったっけ?」みたいな態度の違いをまざまざと見せつけられました。

 

有言実行のマハティールさんはイケメンだ!と思わざるを得ない。世界一かっこいい92歳です。(←マハティール首相のすごさを表現できる語彙力がないw)

 

今回はマレーシアが消費税免除を実現した選挙のポイントと大の親日家マハティール首相についてお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

消費税廃止を公約に掲げた今回のマレーシアの選挙のポイント

2015年、当時の政権を握っていたナジブ首相が6%の消費税を導入。国民からは不満の声があがっていました。

 

マハティール首相は2003年に22年間務めた首相の地位を退き、日本人とパン屋さんを経営していましたが、2017年12月、第14回総選挙への出馬を表明。「当選後100日以内の消費税廃止」の公約を掲げました。

 

2018年5月に行われた総選挙ではマハティールさんが勝利。15年振りに首相の地位に返り咲きました。90代の人物が国家指導者に就任した世界的にも珍しい例だそうです。

 

マハティール首相、公約で「100日以内に消費税廃止」と言ってたんですが、実際は1か月未満で実現してしまったんです。国民の生活をより良くしたいという思いから生まれる決断力と行動力はまさにイケメン。

 

しかも92歳ですよっ!マハティールさんの半分も生きていない私の方がよっぽど隠居生活だよ、、、

再選したマレーシアのマハティール首相はルック・イースト政策でも功績をあげた人物

マレーシアが日本に対して友好的なのは1980年、当時の首相だったマハティールさんが打ち出した政策「ルック・イースト計画」が親日に拍車をかけました。

 

過去記事から引用しますね【関連記事】なぜマレーシアは親日国?ルックイースト政策の功績と往年の日本との関係

1981年、マレーシアの首相に就任したマハティールが提唱したルックイースト政策(東方政策・Look East Policy)この政策は日本の集団主義と勤労倫理を学ぼう、というものでした。

 

マハティール首相は戦後に日本を訪問し、企業を視察するなかで、日本人の勤勉さ、個人の利益より集団の幸せを目標とする集団主義に心を打たれ、息子・娘を日本に留学させたり、日本に関する著書を出版したりし、日本に学ぶべき、という思いが強かった首相だったのです。

人それぞれ日本に対するイメージは違うと思うんだけど、普段接しているマレーシア人、旅行で出会ったマレーシア人、少なくとも私が知っているマレーシア人はみんな日本に友好的な感情を持っています。

 

日本は反日感情ばりばりの近隣国に囲まれていますからね、マレーシアや台湾、タイの親日国の存在がありがたく感じます。

まとめ

消費税が免除になる、ということはマレーシアに住むマレーシア人だけでなく、そこに在住している外国人、観光客にも大きなメリットがあります。だって、6%免除って地味に大きいですよ。

 

近年「移住したい国ナンバー1」のマレーシア、これからはもっと移住希望者が増えるのではないでしょうか。(てか、私も移住したい)

 

私が暮らすオーストラリアの消費税は10%、日本もこれから10%の時代がやってきます。マレーシアの「消費税免除」は歴史に残る英断といっても過言ではないでしょう。

 

マレーシア旅行、行ったばかりだけどまた行きたくなっちゃったじゃないか。

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール