日本の平和ボケの象徴か? 飯テロという言葉が不謹慎に思えてしかたないんだけど、、、

「飯テロ」って言葉がどうもダメなんですよ。

 

いやね、「そんな不謹慎な言葉を使うのはやめましょう!」っていう意識高めの話でもないんですけど、個人的に「ご飯」と「テロ」を組み合わせて使うってのが何か違うんじゃないの?と。

 

みんなが喜んで使っている言葉に対してあーだこーだと言うほど私はできた人間じゃないし、あなたがこの記事を読んで何を思うかも知ったこっちゃないけど、「飯テロ」について思うことを書こうかなと思ってます。

スポンサーリンク

日本の平和ボケが「飯テロ」という言葉を生んだ

平和ボケって言葉は悪い意味じゃないと思うんですよね。

 

世の中が平和ぼーっと生きてられるほど幸せなことはないし、日本の治安の良さは世界的にも突出してるし、日本で暮らしていればテロの被害に合うことも、怖い思いをする可能性も少ないでしょう

 

テロを現実に起こり得ることとして捉えている人は日本人は外国に比べて少ないことから、「テロ」という言葉をいとも簡単に気軽に使う風潮があるのかな思います。

 

飯テロの定義です。

飯テロとは、食欲をそそる料理や食べ物の画像(唐揚げ、ラーメンなど)をweb上にアップし、見る者を空腹感で悶えさせるテロ行為のことである。

テロの破壊力が大きい(空腹になっている人が多い)深夜の時間帯に行われることがほとんどである。

(引用:飯テロとはーはてなキーワード

こんな軽い感じで「テロ」が使われてる国は日本くらいじゃないか、と思い、マレーシア人パートナーに「日本には空腹の時においしいものを見せられることを飯テロという」ことを伝えてみたら、

 

「テロという言葉は知ってるけど意味は知らないんだろうね」とのこと。

そして、

「そういう言葉は他の国の人には言わない方がいいね」

 

そうなんです、日本で仲間内で使ってるぶんには嫌な感情を持つ人はいないかもしれない、でも、外国人や海外経験がある人にとって、「飯テロ」と言う言葉は少なくとも違和感があり、人によっては嫌悪感がある不謹慎な言葉と変化します。

怖い思いをしたから、私は「飯テロ」が不謹慎だと感じる

言葉の持つ印象に対しどう感じるかは、その人の感性や経験によるものです。

 

私は怖い思いをした経験があるから「テロ」という言葉に反応してしまうし、平和に生きてきた人は特に深く考えずに「飯テロ」とSNSに書き込む。

 

どちらが正しくてどちらが悪いってことじゃなく、これはもう本人次第ってことで。

 

私の場合は、2001年にオーストラリアに住み始めてすぐに911テロがありました。

 

公共の交通機関では警備が強化され、オペラハウスやハーバーブリッジといったランドマークの上空ではヘリコプターが巡回し、街全体がものものしい雰囲気に包まれました。

 

日本に帰りたいけど飛行機が怖い。どうしよう。なんで海外に住もうなんて思ってしまったのか、と後悔の中での海外生活のスタートでした。

 

2014年にはシドニーのカフェで人質立てこもり事件が発生。生活圏内でイスラム過激派が起こした事件です。知っている人が人質になっていたらどうしよう、と恐怖と悲しみが襲ってきました。

 

そして、「船着き場に不審物が発見され、爆発テロの可能性がある」とのことで、フェリーが船着き場に戻れず、なかなか家に帰れないこともありました。(シドニーはフェリーは市民の足であり電車より乗客が多い)

 

日常的に日本領事館から「テロ警戒」の連絡がメールで届きます。

 

こんな環境にいるとテロは遠い国の話ではなくなるわけで、ツイッターのTLに流れてくるおいしそうなお料理に対して、「飯テロかよ!www」なんてコメントはできないんですよね。

じゃ、逆に考えてみよう。外国人が日本の悲劇をもじった言葉を使ってたら嫌な気分にならない?

お腹すいたなーって時にタイミングよくから揚げの画像を目にしてしまったら、「くそっ!おいしそうじゃないか」と反応しちゃいますよね。

 

この反応は国や国籍関係なく起こる人類共通だと思うのですが、その時に私たちが過去に経験した悲劇をもじってコメントがあったら嫌な気分になりません?

 

たとえば、原爆、地下鉄サリン事件、地震、津波。

 

例をここに書くのも胸クソ悪いのですが、例えばですよ?おいしそうなハンバーガーの画像を深夜にツイッターで目にした外国人が、

 

「おい、こんな時間に原爆落とすなよ」とか「こりぁ、Japanese TSUNAMIだなw」

 

みたいなコメントしてたら、不謹慎だなって思いません?嫌悪感を抱きません? 私は「ふっざけんなよ!」と思います。

 

同じ威力が「飯テロ」という言葉にもあるんですよ。

まとめ

平和な日本は素晴らしい。

 

そんな日本で生まれた「飯テロ」という言葉に対し「うーん、、、」と微妙な気分になったのは上記に書いたように正直なところ。

 

ネットの内輪ネタとして使うことだけに留めておいてほしいな、と思います。

 

ちなみに、英語でも「Food Terro」(フードテロ)という言葉がありますが、これは食品に毒物を意図的に混入させて無差別殺傷をする行為を差します。「飯テロ=フードテロ」と説明すると、「なんやこいつ」になっちゃいます。

 

海外に住んでると新しい日本語についていけなくて、その言葉に違和感があるのはもうおばさんの証拠だよなぁと思いながら書いた記事はこちら>>海外在住者が思う違和感がある変な日本語表現や言いまわし23項目

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール