初めてのブログ純広告! そのメリットと打ち合わせ内容・企業案件の獲得方法

ブログでお小遣い稼ぎをするにはいくつか方法があります。

 

このブログではちまちまとアドセンスやアフィリエイトで収益化をしていますが、今回「純広告」のご依頼をオーストラリアのとある企業様から頂きました。

 

純広告とはブログのスペースを企業にお貸しすること。その場所代がブログ運営者に支払われます。

 

企業は提供しているサービスや商品にマッチしたブログやサイトに広告を出すことで利益獲得のチャンスを拡大する、という、ブロガーにとっても企業にとってもメリットがあるのが純広告。

 

注:今回の純広告のお話はパートナーのタムタムが友人に私のブログのことを話したら先方に興味を持って頂けた、という経緯があるので、100%私の実力ではありません。

 

ブログをやってることは家族に内緒?公開している私が感じる5つのメリット

2018.08.07

 

ということで、今回初めての「純広告」、そして、企業の担当者とのミーティングにの様子、企業案件の獲得方法などをお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ブログの純広告のメリット・デメリット

メリットはずばり「安定収益」です。

 

アドセンスや物販アフィリエイトでの収益はは私のブログ規模ではまだまだ不安定。毎月の小遣いの額は月末になってみないとわからない、という状態です。

 

しかし純広告は毎月決まった金額を企業側から頂けるので安心感があるんです。ギャンブル的な要素がいっさいないのが助かりますよね。

 

デメリットは「企業にリターンを与えられるか」という不安。

 

限りある広告予算をこのふざけたブログに使ってみようと決断した担当者さんに喜んでもらたいじゃないですか。

 

ただ、その企業も個人ブログに広告を出すのは初めてで、私も純広告を掲載するのは初めて。どう転ぶかわからなない。吉と出るか凶と出るかは半年後かなぁ。

 

「上手くいくかどうかわからない」という状況の中、私だけ「広告費」を頂いて得をしてしまうことになったら心苦しいのです。

純広告のオファーをくれた企業の担当者とのミーティング

純広告と同時にPR記事(レビュー記事)のご依頼もいただいたので、今回の契約内容の交渉や取材のため先方のオフィスへ出向きました。

 

私は外へ出たくない、人と会いたくない、という理由から前職を辞めて、自宅で引きこもって生活しているダメ人間なので、「打ち合わせ」だの「ミーティング」だので外に出ることになろうとは。

 

久しぶりの電車にも挙動不審になってしまったし、オフィスのエントランスのドアも「たのも~!」って気分で思いっきり押しましたよ。

 

それがさ、けっこう強く押してもドアが開かないんだわ。

 

「このドアはスライド式ですよ」と受付の人に言われて、もうしょっぱなから暗雲が立ち込めた気分になりました。

 

でもって、ミーティングルームらしきところに案内されてたら、私を待ち構えていたのは2人のインド人男性。お二人とも経営サイドのお方。

インド人のイメージってこんな感じだけど、私がお会いしたお二人はターバンも巻いてなかったし、カレーも持っていませんでした。

 

IQが私の100倍くらいありそうな聡明な雰囲気の方たちで、頭の良い人は見た目も頭良さそうに見えるんだな、、、と変なところで感心しました。

 

私なんて見るからに頭悪そうな見た目ですからね。

 

打ち合わせはこんな感じで進みました。

  1. アナリティクス(アクセス解析)画面を見せつつ、
  2. ブログの内容をかいつまんでお伝えし、
  3. 広告を掲載する場所とサイズの提案
  4. 雑談
  5. 広告費のお値段交渉
  6. 雑談
  7. レビューページ用の写真撮影と先方のプレゼンのヒアリング
  8. 雑談

 

さらっと書いてるけど、緊張しまくりきょどりまくりです。冬のシドニーでワキ汗すごかったですよ。

 

だって、まじまじと他人に自分のブログのことを紹介することってなかったし、パートナー以外の人と英語で会話するのも久しぶりだったし。

 

⑦のレビュー記事の取材や写真撮影がなければ、すべてオンラインで済ませることができるミーティングでしたが、やっぱりね、先方から頂いた資料で適当に記事を書くことはできないな、と。

 

ちゃんとこの目で見て思ったことや感じたことを書かなければ、それは読者さんに失礼。文才がないなら正直な気持ちを書いていくしか信頼は得られないと思うのです。

ブログ純広告の相場と交渉

いくらで広告枠を売るか、、、?

これは悩みましたが、考えても結論は出ないのでキリがいいところで「月100ドル」でご提案しました。

 

インド人経営者①「週100ドル?違うの?月100ドル、、、、安すぎやしないか?」

インド人経営者②「うちの社員になるか?日本語スピーカーなら日本への出張も任せられるし、WEB運用だってできる。」

 

この人たち、頭良さそうなのに本当はバカなんじゃないかと思い始めました。

 

話がおかしな方向へ進み始めたので、

  • 外で働きたくない
  • 対人で働きたくない
  • 通勤したくない

を、しどろもどろになりながらお伝えしました。

 

そして、現段階では広告の費用対効果があるのかさっぱりわからない。だから、最初から高額な広告費をいただくのは気が引ける、ということを合わせて理解していただきました。

 

企業に対して強気にでれるPVないし、内容でもないですしね。

 

最終的に「純広告費月100ドル&成功報酬&マーケティング資料の翻訳費」で落ち着き、様子を見ながら数字を見直すかたちとなりました。

ブログへ純広告や企業案件、クローズドASPのオファーの獲得方法

ブログを続けていると、純広告だけでなく、ASPを通さない企業からの直案件、レントラックスやフェルマといったクローズドASP登録の連絡があります。

 

個人ブロガーが企業の目に止まる方法は、

「私はここにいるよ~!」

とアピールすればオッケーです。

 

具体的な方法は3つ。

①自分から企業に連絡をして契約を取り付ける。

自分のブログを自分で営業する方法ですね。私はやったことないですけど、1つの話題に特化しているブログやPVが多いブログだったら企業(または人)とのコラボできます。

 

②企業からのオファーを受ける

クローズドASPは特定の(取扱い商品が売れそうな)キーワードで上位表示できればわりと早い段階で連絡がきます。企業案件は現在は1件だけ旅行系からのオファーを受けてます。やはり検索でこのブログを見つけて連絡をくれました。

 

●まずは記事を3語、4語キーワードで検索1ページ目に上げる。もちろん、1語2語で上がればよいのですが初めから目指す必要はないと思っています。(このブログの場合、「シドニー・観光・穴場」とか「海外在住・日本人・婚活」で1ページ目にあがってます)

 

●お問い合わせフォームをわかりやすいところに設置しておく。(このブログはフッターとプロフィール2か所に設置)

 

③ネット&リアルの知り合い経由でオファーを受ける

今回の純広告はパートナー経由でオファーがきました。また、ツイッターも「ブログのスポンサー募集」とか「スポンサーになります」みたいな投稿をよく目にします。

 

人と人との繋がりの中で予想もしなかったマネタイズの方法は実はあるんですよね。私はリアルでも友達もいないし、ツイッターの「スポンサー募集」にも応募したことないけど。

まとめ

今回の純広告の獲得は私の実力ではありませんが、打ち合わせ中にお褒めの言葉を頂いたのが、

 

「最初はアクセスが30くらいしかなかったのに、よく今まで続けてきたね」

 

ブログ立ち上げ当時は毎日のアクセスはゼロか1。それでも書くことをあきらめなかったこと、毎月アクセスを増やしてきたことを高く評価してくださいました。

 

続けていればいいことあるんだな、と改めて思いました。

 

去年の8月にドキドキしながらアドセンス広告を張ったものの、アクセスの少なさから収益も雀の涙でした。それでも、「ま、いいか」とネガティブな現実に目をそらし、ブログを更新続けて1年。

 

ブログ収益で悠々自適な生活とまではいきませんが、少しずつ違った景色が見えてきた出来事でした。

 

ちなみに、大好きなインド映画こちら。「最近、うまくいかないなぁ」って時におすすめの映画。テーマソングの「All is well」だけでもYoutubeで聞いてみてください。元気になれます。

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール