半額以下で購入! 通販サイト【オタメシ(Otameshi)】お得に買って寄付もできる!

パッケージ変更品、外装打痕品、賞味期限間近など品質にはまったく問題ない商品が1年に約600万トンも廃棄されているとのこと、、、、、

 

そんなワケあり商品を半額以下で買える「オタメシ(Otameshi)というショッピングサイトでお買いものしてみました。

 

「オタメシ」のすごいところは、商品が割引価格で買えるだけでなく、商品代金の一部が支援先の団体に寄付されること。

 

つまり、

  • 私たちはお安く商品を購入し・試してみることができる
  • 支援先の団体は寄付を受けることができる
  • 企業は廃棄商品を減少できる

 

節約と社会貢献が同時にできる画期的なショッピングサイトなんです。

 

▼先に「オタメシ」のサイトを見たい方はこちら▼
>>オタメシ(Otameshi)のウェブサイトをチェック

 

普段は海外に住んでいますが、一時帰国の予定が近づいてい来るとネットで化粧品や食料品を注文し実家に届けてもらっています。限りある日本滞在を買い物に時間を割いていられないので、、、、

 

今回、「オタメシ」でカレーのルーやお菓子やフェイスパックなどを購入しました!オタメシのサイト内を以下にご紹介します。

スポンサーリンク

オタメシ(Otameshi)を実際に使ってみました


 

ふくちゃん
おお!日本の有名どころの企業の商品がいっぱい!見たことも聞いたこともない企業の商品だとちょっと心配だけど、誰も知っている企業ばかりなので安心して利用できます。

 

 

タムタム
みそラーメンも食べたいねぇ。そうだ!カレーのルーもまとめて買っておこうよ!

 

日本食材を私たちが暮らすオーストラリアで買おうとすると割高となるため、オタメシの大幅割引価格に私もパートナーのタムタムも大興奮でした。お得な商品をまとめ買いしたい方にはぴったりのショッピングサイトです。

 

 

お化粧品や日用品も全部チェックするにはどれだけ時間がかかるんだろう、、、というくらい豊富な品ぞろえです。

 

3045円のお得なお買いもので91円の寄付ができました~!

オタメシーOtameshiで購入すると商品代金の一部が支援先の団体へ寄付されます

オタメシは商品がお得に購入できるだけでなく、商品代金の一部が支援先の団体に寄付されるシステムです。

 

支援先は購入ページから選ぶこともできるし、「寄付先はおまかせ」にしておいてもOK.

オタメシの支援先の団体は、国境なき医師団や自然保護団体、杉本彩さんが会長を務める動物環境・福祉教会など。

>>オタメシー支援先の団体

オタメシ(Otameshi)で購入する際の注意点

  • 確かに安いのですが、食料品は「まとめ買い」が基本です。賞味期限をチェックして食べきれるか確認してから購入しましょう
  • 配送日時の指定ができません。
  • 商品の定価が「オープン価格」となっているものは本当にお得なのかわからない(普段、スーパーで買い物に行っている方なら大丈夫)
  • 3000円未満の購入は540円の送料がかかります。

 

ぜんぜん構わないよ~、という方はこちらから無料会員登録にすすみましょう!

>>【無料会員登録】おトクに試して社会貢献、Otameshi

まとめ

食糧廃棄や商品廃棄は世界的に問題となっています。難しい話はわかりませんが、とにかくもったいないですよね。

 

オタメシに掲載されている商品も「賞味期限が近い」「パッケージが変更した」といった理由で廃棄になる運命だった商品です。

 

個人的にはオタメシで販売している商品は何にも問題ないんですよね。賞味期限も来年になっているものばかりだし、パッケージが最新のものじゃなければいけない理由もどこにもないんです。

 

だったらお得に買い物をして、世の中の「もったいない!」を少しでも減らすことができて、さらに支援先へ寄付ができるオタメシを利用しちゃいましょう。

 

商品のラインナップが豊富なのでまとまった時間があるときにオタメシのサイトをのぞいてみてくださいね。今ならオタメシの公式LINE登録で200円のクーポンももらえますよ~。

>>【無料会員登録】おトクに試して社会貢献、Otameshi

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール