ハロウィンはコスプレパーティじゃない! 起源・由来をさらっと復習しておこう

ハロウィンが定着し、莫大な経済効果を見込めるイベントとなりました。「公道でコスプレしてバカ騒ぎ」も今や日本の風物詩。

 

【関連記事】ハロウィンでバカ騒ぎの日本人の姿が現実逃避に見えて切なくなった

 

しかし、ハロウィンはコスプレ大会でもなんでもなく、もともとはアイルランドの古代ケルト人の収穫祭が起源とされています。

 

ハロウィンの発祥や由来などをさらっと復習してみましょう。

スポンサーリンク

ハロウィン発祥の地はアイルランド。由来は古代ケルト人の収穫祭

ハロウィンの起源となったお祭りには諸説ありますが、古代ケルト人の収穫祭が強く影響を与えているのではないかと考えられています。

 

(古代ケルト人とは紀元前1500年前、イギリス・アイルランドを中心に中部ヨーロッパ~西ヨーロッパに分布した民族です)

 

古代ケルト人の1年は11月1日から始まり、10月31日に終わりました。1年の区切りである10月31日から11月1日に日付が変わるとき、ケルト人の間では「あの世」と「この世」の境目が曖昧になり、魔女や悪霊が収穫した作物を狙って現れる、と信じられてきました。

 

そこで、魔除けの仮面や焚火をたいて、悪霊を追い払うと同時にご先祖様の霊を迎え入れる、というのがハロウィン祭りの起源です。(日本のお盆に当たる行事です)

 

シドニーのスーパーマーケットではランタン用の大きなかぼちゃが売られていました。ランタン(提灯)にするより煮て食べたい(笑)

何がきっかけで日本にハロウィンブームが上陸したのか

日本にハロウィンが定着し始めたのが、1997年のディスニーランドのハロウィンイベントからだと言われています。

 

(キディランドは1970年代からハロウィングッズを販売し、1983年からハロウィンパレードを開催していますが「ハロウィン」という言葉の知名度を爆上げさせたのはディズニーランド、という印象があります)

 

年々規模は拡大し、当初は10月31日限定のイベントだったのが現在では9月上旬から10月末まで行われるディスニーランドのイベントの中でも大規模なものとなりました。

 

仮装した子どもたちが「Trick or Treat」(お菓子をくれなきゃいたずらするぞ」と近所の家からお菓子をもらいに行くハロウィンイベントなので、お菓子メーカーも精力的にハロウィン商戦に乗り出し、日常的にハロウィン関連商品が目につく機会が増えてきました。

 

さらに、早期英語教育が盛んになり、外国の文化を取り入れながらレッスンを行うことにより、ハロウィンの認知度はますます増加の一途を辿ります。

ハロウィンイベントに参加している子どもたちにあげるお菓子。オーストラリアのスーパーマーケットでハロウィン商戦が繰り広げられています。

世界中でハロウィンイベントが開催されます

私が暮らすオーストラリア・シドニーでも10年ほど前からハロウィンイベントが数多く開催されるようになりました。

 

ハロウィーンクルーズ、博物館でのハロウィンパーティ、遊園地のハロウィンイベント、パンプキンのカービング教室などなど、大人も子どもも楽しめるイベントが盛りだくさんです。

 

以下の記事にシドニーで行なわれるハロウィンイベントをまとめました。

【関連記事】オーストラリア・シドニーのハロウィンイベント2018年版まとめ

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



スポンサーリンク



スポンサーリンク