英語中級脱出のおすすめ教材【CNN English Express】でリスニング力を徹底しよう

オーストラリアに住んで、前職はローカル企業、同居人も外国人なので、英語は日常的に使っています。

 

「ペラペラじゃないけど、それほど困ることはないレベル」で、英語初心者じゃないよな、中級くらいだよな、との自己評価なのですが、言語の勉強って終わりがないんですよね。

 

英語圏に住む限り、英語は常に学んでいかなければいけないと思っています。私は現状に満足して、拙い英語レベルとわかっていながら見て見ぬふりをして何年も経ってしまいました。

 

しかし、

 

こんなご時世、世界で起きているニュースはちゃんと理解しておかなければならない。

大筋の流れは理解できても、細かいところは聞き流してしまってる。(聞き流すだけで英語が習得できるなんて嘘だ)

 

そんな私の中級脱出作戦に活躍している教材が「CNN English Express」

英語のテキストはこれしか使っていません。

CNN English Expressがなぜ素晴らしいのかをお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

【教材の必須条件】「紙」であること

今どきの人は、アプリや電子書籍リーダーでの学習に慣れていますが、私のようなオバサンはやっぱり紙媒体じゃないと、集中できないんです。

 

テキストにいろいろ書き込んだり、ノートに単語やフレーズを書き写したり、蛍光ペンで線を引いたりすると「勉強したなー」って気になります。実際の勉強の結果はどうあれ、「勉強した」という事実が一目でわかると嬉しくなります。

 

嬉しくなっただけではダメでしょ、と思われるかもしれませんが、そういう気分にならないと続かないんですよね。CNN English Expressは王道の教材ですから、継続さえできれば必ず結果は現れます。

 

CD付き、リスニングを徹底

初心者さんでも無理なくCNNニュースを聞き取れるよう、3段階のステップにわかれて音声が収録されています。

Step1 ウォーミングアップ編:20~30秒の短いニュース。ゆっくりスピードとナチュラルスピードの両方を聞いてリスニング力の基礎固め。

Step2 実践編:3分前後の長めのニュース。世界各地の多彩な話題で飽きることなく聞くことができます。

Step3 強化編:インタビュー、スピーチ、討論などネイティブスピーカーの自然な会話を聞き、上級のリスニング力を身に着けます。

忙しいときは興味があるニュースだけ選んで聞き、その後、英文、日本語訳を読み、聞き取れなかった部分や知らなかった単語、イディオムなどをチェックします。

 

お財布に優しいお値段

CNN English Expressは1240円(税込)(2017年8月現在)

ランチ代1回で話題になった世界中のニュースで英語を勉強できると考えるとお買い得。

 

定期購読もできますが、私は日本に一時帰国したときだけ何冊か買っています。毎月1冊、必ず終わらせよう、と意気込んで勉強すると、変なプレッシャーを感じ、途中で投げ出してしまいます。

 

興味のあるトピックを扱っている月だけ買って、それを何か月かかけて徹底的に勉強する、というスタイルの方が続くのではないかなと思います。

無料で英語学習ができるサイトやメルマガ、アプリなども多々ありますが、人は無料で手に入れたものにしっかり向き合おうとしません。やはり、英語教材は「自己投資」としてお金を払って勉強すべきです。

 

興味深い話題がいっぱい

学習素材はニュースだけでなく、日常会話やビジネス英語にも幅広く対応しています。

また有名人、著名人の英語習得についてのインタビュー記事や、ボキャブラリー強化のコーナー、毎月の特集記事など多彩なトピックがぎゅっと詰め込まれています。

 

「英語教材」というより、英語と日本語でかかれた雑誌のような感じ。勉強するぞー!と意気込まなくても、普段の生活の空き時間にパラパラと目を通せる雰囲気の本です。

 

それでいて、きちんとステップを踏んで学んでいける教材なので、「英語教材を買ったけど、どうすればいいのかわからない」と途方に暮れることなく、教材を進めていけます。

 

まとめ

CNN English Expressは「勉強」というより、世界で何が起こっている(た)かを知ることができる教材です。

日本のニュース番組では報道されない事件や事故、流行、芸能ニュースなどを英語で聞き、英文で読み、日本語で確認をしていく、この繰り返しが中級脱出に効果的。

CNN English Expressを実践していると、TOEICや英検などのリスニング試験もゆっくりと聞こえ、高得点が期待できるしょう。

英語教材は値段が高いものから安いものまでありますが、これほどコストパフォーマンスに優れた教材は他には見当たらないと思います。

 



スポンサーリンク



スポンサーリンク