【焼津市・お好み焼きえのき】歴史は半世紀! 地元民に愛されるお好み焼きと静岡おでん

静岡県焼津市のお好み焼き屋「えのき」は私が生まれる前から焼津の地元民に愛されて今年で創業49年。

 

一時帰国をすると、必ず「えのきのおばちゃん元気?まだえのきある?」と確認をしてしまうんですよ。私にとってはちょっとした親戚扱い。

 

母が妊娠中、「すっぱいものが食べたい!」と、えのきでところてんを食べ、無事弟を出産したのが約40年前。ながーーーーい間、何度も何度も数えきれないくらい通ったお店です。

 

だから、日本に帰ってくると、「えのき」に行きたくなっちゃうんですよね~。

スポンサーリンク

えのきの懐かしさ満載の店内

「The昭和」という言葉がしっくりくる店内の雰囲気。お店に入ったとたんおでんのいい匂いがして、早速食欲を刺激されます。

 

4人がけのテーブルが3つと、カウンター席が3つ。お店の真ん中におでんがぐつぐつ煮込まれています。

 

テーブルの横には調味料の数々が。これでお好みの味に仕上げていきます。容器がべたべたしているのはご愛嬌。お店のおばちゃんに作ってもらうこともできるので、自信がない方は頼んじゃいましょう。

 

※えのきの雰囲気が好きな方なら、同じく焼津市内の「増田屋そば店」もきっと好きなはず。

【関連記事】【焼津市・増田屋そば店】店内のカオス感が懐かしい昔ながらの蕎麦屋

えのきの定番!静岡おでん、お好み焼き、焼きそば

店内の真ん中でおでんがぐつぐつ煮込まれています。こちらはセルフサービスなので、お好きなものをとっていきましょう。甘いお味噌とたっぷりのダシ粉をまぶしていただきます。焼津の名物「黒はんぺん」は欠かせません!

【関連記事】静岡県焼津市の名物・黒はんぺんと静岡おでんは全国区じゃないようなので説明しておく

 

ほーら、おいしそうでしょ。お好み焼きや焼きそばが出来上がるまで、たっぷりのダシがしみこんだおでんを食べて待つのがいいんですよね~。1本60円~。食べ終わったあとの串は清算時に数えるのでちゃんととっていおてくださいね。

 

えのきに行ったら、絶対に注文するのがお好み焼き。こちらはイカ入りお好み焼き(500円)

 

ふわっふわです。具だくさんで大満足。極楽です。家で食べるお好み焼きより「おふくろの味」

 

焼きそばも食べといた方がいいですよ~。麺の硬さ、歯ごたえが絶妙なんですよ。静岡の人って「富士宮焼きそば」と「静岡おでん」というB級グルメが日々の生活に浸透しているので、焼きそばとおでんにはちょっとうるさいんです。

「えのき」のメニューは壁にはってあります。

メニューは壁にはってあるものだけ。手元にはないので、壁を見て注文する品を選びます。このスタイル、好きです。

 

お好み焼き、焼きそばは500円から。腹ペコなときはご飯と味噌汁をつけて定食にするのもおすすめ。

 

こちらはおでんのお値段。1本60円からなので、安心して何本も食べるのが嬉しい。ビールもあるので、ちょい飲みにもぴったり。

 「えのき」のおばちゃんがYoutubeで紹介されていた!

えのきのおばちゃんがカキ氷を作っている動画です。動画を撮られているためか、ちょっと緊張気味のおばちゃんがかわいい。

夏にあつあつのおでんを食べた後のカキ氷もまた格別なんですよ。

えのき・店舗情報

住所 〒425-0041静岡県焼津市石津806-2
電話番号  054-624-0574
 営業時間  11:00~22:00
 定休日  月曜日
 WEB  えのきー食べログ



スポンサーリンク



スポンサーリンク