なぜこれを選んだ!? 彼氏や夫から趣味が合わないプレゼント 気に入らなかったらどうする?


スポンサーリンク

夫や彼氏から「趣味の合わないプレゼント」をもらった経験ありません?

 

マレーシア人パートナーのタムタムはとにかく買い物が好きな人で、自分のものだけでなく私や私の家族にも事あるごとに「彼の趣味」で何かを買ってきます。

 

モノはできるだけ増やしたくない、と思っているのに、「なぜこれを選ぶ?!」という趣味に合わないものばかりが増えていく状況にもやもやっとすることも。

 

【関連記事】ミニマリトを目指したいのに同居人がマキシマリスト問題 家族のものに折り合いをつける妥協案

 

タムタム
ふくちゃん、いいもの買ってきた!

とニコニコしながら帰宅すると、最近では嫌な予感しかしません。

 

気持ちはありがたい。だから彼の気持ちは嬉しいのだが、何度も何度も「自分のものは自分で買うから」と伝えても、どこかに出かけたときは高確率で何かを買って帰ってくるのです。

 

今回は「なぜこれを選んだ!?」ともらって困ったプレゼントを晒しつつ、対処法について考えていきます。

スポンサーリンク

最近パートナーからもらった趣味が合わないプレゼント3選

スマホケース

シンガポール在住の親戚を訪れた際に買ってきたスマホケース。

タムタム
ふくちゃん、ネコ好きでしょう?縁起も良さそうだし、かわいいでしょう?

 

ふくちゃん
「招財猫」、、、招き猫ってことか。それにしてもまぶしいくらいの朱色だな。

 

東南アジア人って原色が好きみたいで、彼が選ぶものは鮮やかな色彩のものが多い。でも私は全体的に地味目な人なので、洋服も小物もベージュやモスグリーンを選ぶ。

 

だから身に着ける色の趣味はまったく違うのに。

 

スマホって手に取る頻度が高いアイテムだから、こんな鮮やかな色だと落ち着かないんです。使ってますけど。

フクロウのショルダーバッグ

マレーシアに一時帰国したときに見つけたというフクロウのショルダーバッグ。

 

タムタム
ふくちゃん、見て見て!かわいいでしょう?ふくろうは縁起がいいし、今度の旅行に持っていけばいい。

 

ふくちゃん
うーん、、、色のチョイスが私の好みじゃないんだよな。「縁起」にそこまでこだわらなくても、、、

 

アラフォー女性が持つには勇気がいります。幼稚園くらいの子だったらかわいいかも。

 

※一度も使ったことない

スワロフスキーのネックレス

出張帰りに機内販売で買ったというネックレス。

 

タムタム
ふくちゃん、ジャパニーズガールはキティちゃんが好きでしょう?スワロフスキーのコラボ商品だよ。

 

ふくちゃん
もはやガールじゃないし、、、キティちゃんかぁ、無理があるな。

 

※一度も使ったことない

もらって困るプレゼントはどうする?

やっぱりね、一緒に住んでいたらもらったものを捨てたり売ったりっていうのはちと難しいわけで。

 

対処法としては、

  • 飾っておく
  • 寝かしておく

 

この2つしかない。

 

あとは、「荷物を減らしてシンプルに暮らしたい」「一緒に買い物しよう」「自分のものは自分で買いたい」、このへんのアピールがもっと必要です。

 

バレンタインデーは2人で使える電化製品、お互いの誕生日は外食、クリスマスは家でいつもより凝った料理、とイベント時のプレゼントは定番化してきたので、日常的にこまごまととした贈り物は不要。

 

と、何度も伝えてるのになんでわかってくれないんだ?

おまけ:私の母へのプレゼントのエピソード

私が一時帰国をし、母を連れてマレーシアに帰っているタムタムと会う、という計画が上がった時も、

 

タムタム
マミーに似合いそうな服を見つけたよ!マレーシアで着る用にすればいいよ。

 

と、トップスを渡してくれました。

エッフェル塔がフロントにもバックにもでかでかとプリントされたチュニックみたいな洋服。

 

ふくちゃん母
せっかくタムタムが選んでくれたから着るよ。

と、母。

 

その結果、

  • エッフェル塔トップスでフレンチ風を気取りながら、
  • 「Aloha」(アロハ)とプリントされたハワイ風バッグを抱え、
  • クアラルンプール空港に降り立つ

 

と、インターナショナルな雰囲気を漂わせながらマレーシアに入国したのでた。

 

こりゃぁ、軽いプレゼントハラスメントだな、、、、。

 

【関連記事】贈り物はありがた迷惑な人だっている!【プレゼント・ハラスメント】って言葉知ってる?

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク