日本で自立を目指す外国人のはじめてのおつかい(タムタムの成長の記録)

先月、相棒タムタム(マレーシア人パートナー)と一緒に一時帰国していました。

(このブログを書いている私・ふくちゃんとタムタムって誰?という方はこちら ⇒このサイトについて

 

さて、日本に行く数週間前から、

タムタム
自転車に乗ってスーパーマーケットに一人で行くんだ。日本の床屋さんにも行くし歯医者さんにも行くし、マクドナルドでも自分で注文する。日本で自立するんだ!

 

と、なぜか張り切っていてました。

 

ふくちゃん
どうしたの?うちの実家の周りが超田舎で、英語話せる人もほとんどいないって知っているでしょう?

 

でも、彼の決意は固かったのです。

 

タムタムは今まで何度か日本を訪れていますが、「単独行動」をしたことがありません。常に両親が車を出し、私が簡単な通訳をしていました。

 

そうか、「自立心」ってやつが芽生えたんだ、、、と我が子の成長のように嬉しくもあり、その反面、「大丈夫かな」と不安も入り混じる複雑な気持ちになったのです。

 

外国人彼氏や旦那様を持つ国際恋愛、国際結婚をされた方は、みんな同じような道を通ってきたのでしょうか。

 

タムタムは40過ぎのおっさん。そんな彼が日本で自立を目指してチャレンジしたあれこれを成長期としてまとめてみました。生温かい目で見守っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

はじめてのおつかい編:自転車でスーパーマーケットに行ってお買いものできたよ

私の実家に到着直後に、

タムタム
マミー、ダディ、コンボ(近所のスーパー)にお買いものに行ってくるよ。何か欲しい物はある?

と言ったところ、

 

マミーが車で連れてってあげるから、わざわざ自転車でいかなくてもいいんだよ。

 

警察に職務質問されたらどうするんだ?道に迷ったらどうすんだ?

 

と、両親はタムタムの自立を阻むかのような過保護ぶり。

 

でもね、しかたないんですよ。うちの実家の周りってほんっと田舎なんです。最寄のスーパーやコンビニまで行くのにも車が必要なんです。

 

こんな感じ。

 

初めて実家に遊びにきたタムタムは畑のナスやキュウリを自然のものだと勘違いして、勝手に収穫しようとしたこともあったんです。だから、目を離したら何をしでかすかわからない、ってのも不安要素でして。

 

タムタム
だいじょぶだよ~。ポケットWifiも持ってくし。困ったことがあったら連絡するから。

 

と主張するタムタム。

 

それでも心配する父が、「緊急連絡先」(うちの住所と電話番号)を書いた紙を渡し、私は豆乳とバターを頼み、母は「本当に大丈夫かしら」と不安になっているなか、彼は一人で意気揚々と自転車をこいで目的のスーパーマーケットを目指したのです。

 

これはまさに「はじめてのおつかい」

 

私の脳内の中でBBクイーンズが歌うテーマソングが流れたのでした。「だーれにも内緒でおでかけなのよ♪どーこにいこうかなー♪」ってやつね。

 

30分後、、、、、、

 

私のスマホからメッセンジャーの通知音がなりました。

 

タムタムからでした。「バターらしきものがいっぱい売ってるけど、これでいい?」とのこと。日本語が読めない彼はパッケージの絵で判断するしかないのです。

 

その5分後、、、、、「豆乳も見つけたよ!ふくちゃんがいつも日本から買ってくるインスタントラーメンも念のために買っておく」との連絡が。

 

そして、バターと豆乳とチキンラーメンとともに、「やりとげた感」満載の表情でタムタムが帰宅しました。

 

日本語が話せないマレーシア人の日本でのはじめてのおつかいは無事終了。

日本語で注文編:チョコレートシェイクを買えたよ

日本でレストランやカフェ、ファストフードの注文は基本的に私がしていました。

でも、今回は「自分で食べ物を注文する」ことを自らに課したタムタム。

 

イオンのフードコートで、

タムタム
ふくちゃんはミスドでドーナツ買ってて。ぼくは一人でマクドナルドでシェイクを注文する。

 

彼の日本語能力は2歳児程度。まぁ、シェイクの注文くらいならなんとかなるか、、、、

 

数分後。

 

「注文できたよ!」とチョコレートシェイク片手に戻ってきました。

 

ふくちゃん
店員さんになんて言ったの?英語で注文したの?

 

タムタム
日本語で「シェイク、チョコレート、おおきい」って言った!お店の人に通じたよ!

 

知っている単語を並べれば通じてしまうのはどんな言語も同じこと。私たちも「とりあえず伝えよう」という気持ちで英語を話していけばいいってことですね。

 

「外国語が通じた」という経験を積み重ねて、少しずつ自信になっていく、、、十数年前、ワーホリでオーストラリアに初めてきた時のことを思い出しました。

 

私も初めての英語での注文が通じて欲しいものが手に入った時、うれしかったなぁ。

日本で美容院編:EXILEみたいな髪型にしてもらったよ

母の友人の美容院で髪の毛を切ってもらったタムタム。日本でのヘアカットは今回が初めてでした。

 

言葉は通じないものの、

タムタム
スマホのEXILEの画像を美容師さんに見せるから大丈夫

 

お目当ての髪型の画像を美容師さんに見せて、ヘアカットが始まりました。

 

プロに任せておけばいいものの、途中で「あーでもない、こーでもない」と細かく注文を出し、結局私が通訳として参加。

 

美容師さんは嫌な顔ひとつせず、盆栽を整えるがごとく、彫刻を彫るがごとく、タムタムの髪の毛を整えていきました。

 

ふくちゃん
かっこよくなりなりたい気持ちはわからんでもないが、髪の毛切ったくらいでイケメンになれるわけないだろ、、、

 

お互いがコミュニケーションが取れないと、ちゃんと伝わってるかな?と心配になっちゃうんでしょうね。

 

初ヘアカット in Japanは満足のいく結果となり、本人もご満悦。

タムタム
EXILEみたいにイケメンになったよ~。

 

いったい彼がEXILEの誰を目指しているのか謎ですが。

日本で歯医者編:痛かったら手を上げればいいんだ

日本で歯医者に通ったタムタム。

詳しくはこちら⇒外国人観光客が日本に来る理由は歯科治療!? 外国人彼氏(夫)を歯医者に連れて行く時の注意点や費用

 

2年前、日本訪問時に急に歯が痛くなって、緊急で歯医者に行ったときは、「歯医者=怖い」という先入観があったようですが、その時にお世話になった歯医者さんが優しく接してくださったおかげで、恐怖心は払拭されたよう。

 

今回は自ら「日本で歯科検診と虫歯の治療をする」と言いだしました。

 

最初の数回は私が通訳として彼の治療に付き添ったのですが、

タムタム
もう一人で大丈夫だよ。痛かったら手をあげればいいんでしょ?ふくちゃんは外で待ってていいよ。

 

とのこと、、、、。これって、小学生くらいの子が「お母さんはもうついてこなくていいよ」ってのと同じ心理なのでしょうか。

 

それなら、彼の気持ちを尊重しようじゃないか。歯医者さん、歯科衛生士さんが行う治療内容の通訳だけして私は付き添いをしないで、外で待つことに。

 

30分後。

 

治療を終えたタムタムが戻ってきました。

 

歯科衛生士さんが言うには「タムさん、痛そうな表情してましたが頑張りましたよ~」

 

頑張ってくれたのは歯医者さんたちも同じ。日本語がわからない患者の治療はなにかと面倒くさかったでしょう。

 

それにしても、初・歯医者の時と比べるとすいぶん成長しました。2年前は私がタムタムの手をにぎり、しきりに励ましながら、まるでこれから出産するかのような歯科治療だったのに。

まとめ

以上、日本訪問時にタムタムが自立を目指し挑戦したことでした。

 

将来、私たちはどこの国に住むかわかりませんが、候補の1つは日本。日本に住むことを見越しての彼なりのチャレンジだったのかもしれません。

 

これからは、ことあるごとに私が通訳に入るのはやめて、日本語もどんどん覚えていってほしいと思います。

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



スポンサーリンク



スポンサーリンク