外国人観光客が日本に来る理由は歯科治療!? 外国人彼氏(夫)を歯医者に連れて行く時の注意点や費用

2年前の日本訪問時、歯の痛みを訴えたマレーシア人パートナーのタムタムを急きょ親せきに紹介してもらった歯医者へ連れて行ったことがありました。

 

その際に、日本の歯医者さんの優しく丁寧な対応や的確でスピーディーな治療、それなのに私たちが住むオーストラリアでの歯科治療費よりずっと安い費用に感動し、日本で歯科検診・虫歯治療をしたがるようになったのです。

 

私も歯医者は日本で行きたい派。日本滞在中に何度も通いました。

【関連記事】【一時帰国中にやるべきこと②】保険がない海外在住者が日本で歯医者に行く理由とその費用

 

タムタム
オーストラリアでは歯医者は行きたくないよ。日本に行ったときに検診を受けるから。

と、日本の歯医者を崇拝しているタムタム。

 

というわけで、今回の日本訪問でも歯医者に通ったのですが、最近は観光と歯科治療をパッケージにした「デンタルツーリズム」が外国人観光客にウケいるそうで。

 

彼の行動もまさに「デンタルツーリズム」(ろくに観光はしてないし、地元の歯医者に連れて行っただけだけどw)

 

今回は外国人観光客が日本で歯科医を受診し、虫歯治療(抜歯)をしたときの様子や費用、注意点などをお伝えします。

スポンサーリンク

歯科検診を受け、今後の通院スケジュールを決める

観光客なので、日本に滞在できる時間は限られています。そこで、効率よく「できるだけのことを日本の歯医者やっておきたい」というタムタムの希望をもとに、治療の予定を立ててくれました。

 

初日に歯科検診(レントゲン、虫歯のチェックなど)をして、抜歯しなければならない歯が2本。治療しなければならない歯が1本発見されました。

 

そこで、

1日目:歯科検診、虫歯治療、抜歯(1本)

2日目:抜歯(1本)

3日目:歯周病チェック、歯石取り

4日目:歯石取り

というスケジュールで通院しました。

 

こちらの事情をじゅうぶんに考慮してくださる歯医者さんで本当に助かりました。

抜歯後の注意事項やお薬の説明は英語表記のものをいただきました

外国人の患者さんのために、抜歯後の注意やお薬の説明は外国語表記のものが準備されていました。日本語に不安がある彼にも通訳をつとめなければならない私にも嬉しい心使いです。

 

こちらは抜歯後の注意事項。

 

お薬の種類や飲み方についても英語で説明があると患者さんも安心です。抜歯後に化膿止めと痛み止めのお薬をいただきました。

外国人観光客を日本の歯医者へ連れて行く際の心がけや注意

自ら「日本の歯医者に行きたい」と言ったものの、やはり言葉が通じない国での治療は緊張するようです。

たとえば、大手旅行会社が募集する「デンタルツーリズム」を謳ってのパッケージツアーに参加する場合や、「外国人受け入れ可能」を売りにした都会の歯医者さん通う場合だったら、外国人の患者さんは何の心配もないでしょう。

 

ただ、私たちのように、「外国人彼氏・夫を一時帰国のときに地元の歯医者へ連れて行かなければならない」というケースが多いのではないでしょうか。

 

そこで気を付けなければならいのが、

ちゃんと正しく伝える

ということ。

 

というのもですね、地元の歯医者さんには英語が通じるスタッフは働いていない、タムタムは日本語がわからい、、、、自動的に私が通訳にならないければならいのです。

 

普段はオーストラリアで英語を使って暮らしている、といっても、私の英会話なんて中学校の教科書にでてくる英単語、英文法でどーにかこーにかやり過ごしているんで、歯科治療で使う英語なんて、瞬時に訳せないわけでして。

 

でも、私が通訳にまごまごしていたら、患者である彼も不安になり、治療を施す先生や歯科衛生士、歯科助手のみなさんも不安になります。

 

そこで、歯医者さんが言いそうな言葉(麻酔や歯周病など)は頭に入れて、彼の治療に立ち会いました。

 

先生の言葉を彼に伝え、彼の言葉先生に伝え、この間、私の頭はフル回転。中身の少ない脳みそはショート寸前。

 

ですが、パニくってる態度は見せてはいけない、、、、「英語なんてすいすい話せちゃいますよ~」という態度を取らなけばいけないんです。

 

あー、面倒くさかった。

 

けど、良い勉強になりました。

外国人観光客が日本で歯医者に通った際の費用は?

保険がないので、全て自費の10割負担となります。

 

医療通訳を依頼したわけではないので、「外国人だから」という理由で治療費を上乗せされることもありませんでした。

 

歯科治療はその人の歯の状態によって異なりますが、抜歯で1万円ほど、虫歯治療で5000円ほど、と1回の治療は5000円~。

そのほかの費用は、

  • 初診料:2590円
  • 歯周基本検査:2000円
  • レントゲン:4020円

がかかりました。

 

10割負担でも、オーストラリアの歯科治療費を考えれば激安です。

まとめ

これを書いている今日は歯医者の治療が最終日でした。お世話になった先生や受付の方、歯科衛生士さんたちが、「また来てね~」と言ってくださり、タムタムは今年中にまた日本に来なきゃ!と歯医者目的での日本訪問を計画中。

 

私たちは親切な歯医者さんに出会えてラッキーでした。

 

外国人の彼氏や夫を日本の歯医者に連れて行きたいときは、「外国人受け入れ可能」と宣伝しているところよりも地元で評判の良い歯医者さんを探すのがいいですね。私たちが通った歯医者さんも親せきから紹介してもらいました。

 

おすすめ関連記事

>>>外国人観光客の増加の理由は?なぜ外国人は日本に来るのかをマレーシア人に聞いてみた

>>>外国人観光客がオニツカタイガーのスニーカーを爆買いする理由

>>>外国人観光客にとって温泉は難易度が高い!? それを乗り越えたときに温泉の虜になる

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



スポンサーリンク



スポンサーリンク