外国人も日本人も1000円の出国税! Sayonara Tax(さよなら税)についての雑感

2019年1月7日から日本を出国する際に1000円の出国税(正式名称:国際観光旅客税)を課税をすることを観光庁が発表しました。

 

その名も、

SAYONARA TAX (さよなら税)、、、、と海外のメディアでは報道しています。

 

観光客だけでなく日本人が日本を出国する時にも適用されるとのことで、日本と在住国を行ったり来たりしている海外在住者や日本人が観光や仕事で海外を訪れる際も「さよなら税」を払わなきゃならない、、、、、

 

うーん、どうなのこれ?

 

1000円という絶妙な値段設定はそこまで反感を買わないのかもしれませんが、私は「1000円あったら羽田空港のドンキホーテでいろいろ買えるのにな」「吉野家でぜいたくディナーができるのにな」と思ってしまいます。

 

というわけで、今回は来年から導入されるSayonara Tax(出国税)について詳細をお伝えしますね。

スポンサーリンク

新たに導入される出国税(Sayonara Tax)とは?

出国税はいつから?

2019年1月7日より

いくら増税されるの?

1000円

どこで支払う?

飛行機、または船のチケットに上乗せされます。現在、航空会社、旅行会社が税金を徴収するための予約システムをアップデートしているとのこと。

出国税が免除されるケース

  • 年齢が2歳以下
  • 24時間以内のトランジット(乗り換え)

出国税 Sayonara Taxの目的は実現するのか?

この出国税が2019年より適用されると、日本政府には年間で400億円の税収が見込めるとのこと。

そして「地方の観光施設の整備・観光のインフラを整える」のが目的だそうです。

 

地方の観光施設の整備もそりゃぁ大切だけど、、、、日本が早急に対応しなければならないのはWifi環境と気軽に移動できるUber(配車アプリ)もしくはUberに似たサービス。

 

日本政府よ、観光庁よ、まずは観光客が訪れる大都市や空港近辺のWifiもどうにかしてくださいねっ!と声を大にして言いたい。

 

日本って世界の中では一応先進国ってことになってるけど、観光客からしてみたら日本のWifi環境って最悪です。東南アジアの国々にもかなり遅れをとっています。

 

それから、Uber(配車アプリ)をもっと使えるようにしくれれば、観光客にとってあれほど安心で心強い移動方法はありません。

 

そもそも、だ。

「地方の観光施設整備」の目的通りに税金使われるの?と疑いの目で見てしまうのですが、、、、

 

日本も日本人も大好きだし、一時帰国はいつも楽しみなのですが、「日本の政治家」って良いイメージないんですよねぇ。期待しても平気で裏切るっつーか。選挙の時はすっごいいい人なのに、当選しちゃえば私利私欲に走るというか。

 

私、静岡県の出身なのですが、出国税が導入されたら静岡にもどかどか観光客が訪れるのでしょうか。

 

赤字まみれの静岡空港が黒字になったら日本政府を見直してやろうじゃないか。(←なぜ上から目線?)

出国税 Sayonara Tax 海外の反応(シンガポールの掲示板より)

では、ここで外国人は日本が2019年から導入する出国税についてどう思っているか、シンガポールの掲示板をチェックしてみました。

 

以下にシンガポール人のSayonara Taxについての反応をまとめます。

  • もしお金がなかったらどうやって出国するんだ? (注:航空券に加算されています)
  • 悪くないよ、たったコイン2枚じゃないか。
  • 大丈夫、OKだよ。
  • 心配するな、日本を愛している。
  • 「さよなら」ってことは2度と戻ってくるなってこと?
  • このTaxの目的は?観光客は日本に来るなってこと?
  • 1000円でしょ?安いよ!
  • ラーメン一杯分だな。
  • シンガポールももうすぐ日本の真似をすんじゃない?
  • 日本に入国する時は「Do-zo (どうぞ)tax」を払うよ!
    (引用:https://forums.hardwarezone.com.sg/ & http://sgtalk.org/mybb/latest.php

掲示板のみなさんの意見をざーっと読む限り、そこまで悪い印象はないようですね。

(個人的にはラーメン1杯1000円は高いと思います)

 

私の周りの外国人も日本への旅行が大好きで、休みのたびに日本を訪れています。「1000円くらい喜んで払うわ!」と近所の日本大好きインドネシア人も言ってました。

 

「1000円くらいだったら、まぁいいか」と思わせる魅力が日本にはあるのでしょうね。

まとめ

出国税を導入している国はたくさんあるので、(アメリカ、オーストラリア、香港、韓国、フランスなど)日本の出国税導入も自然な流れなのかもしれませんね。

 

私が暮らすオーストラリアも60豪ドル(約5000円)の出国税を徴収し、年間約800億円ほどを得ています。一般市民の私にはよくわかりませんが、オーストラリアは観光や留学が主要産業なので、うまいこと税金を使って観光客・留学生の満足度を上げているのでしょう。

 

今回、日本で導入される出国税も「不透明で使い道が謎の増税」とならないよう、日本を訪れる観光客の人々のために配分してほしいなと思います。

 

とりあえず、地方観光地にありがちな古い和式トイレは洋式に変えてくださいね~。

【関連記事】

外国人観光客の増加の理由は?なぜ外国人は日本に来るのかをマレーシア人に聞いてみた

外国人パートナーと一緒に一時帰国。思いがけずウケた日本のあれこれ

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



スポンサーリンク



スポンサーリンク