なぜ報道されない!? 東京オリンピック会場建設が招くマレーシアの環境破壊と人権侵害

2020年の東京オリンピックについては良いことも悪いこともさまざまなニュースが飛びかっています。

 

その中で、日本のメディアではあまり取り上げられていない「東京オリンピック会場建設が襲う環境破壊と人権侵害」について海外で報道されているニュースを取り上げてみようかな、と思いました。

 

でも、環境問題なんてぶっちゃけ「私には関係ない」と思われた方がほとんどではないでしょうか。私もそうでしたから。

 

東京オリンピックが襲う環境破壊ってのは一言でまとめると、「オリンピック会場となる新国立競技場の建設に使用される約90%の木材がマレーシア・インドネシアから調達された」というもの。

 

「やっぱり私には関係ない」って思ったでしょう?遠い外国の熱帯雨林が破壊されても、私たちの生活には何の影響もありませんし、残念ながら個人がどうこうできる問題でもないですよね。

 

それでも、このニュースをお伝えしたいな、と思った。

 

それは、

これを読んだあなたがどういう感想を抱くかは知ったこっちゃないけど、「知らないより知っていた方がいい」ということ。

 

そして、世界で騒がれていることを「都合が悪ければ報道しない」という「日本の報道規制の醜さ」ってのをちょっとでも知ってもらえれば、という思いがあります。

 

あまり賢くない私のフィルターを通して「環境破壊」、それにともなう「人権侵害」についてお話していくので、そんなに難しい文章にはなりません。だから、ぜひ最後まで読んいただければ嬉しいです。

スポンサーリンク

マレーシア・インドネシアの熱帯雨林を襲い、環境破壊を助長している東京オリンピック

事実婚パートナーのマレーシア人・タムタムがぽろっとこぼしたこんな一言で、私は東京オリンピックがマレーシア・インドネシアの熱帯雨林を破壊し、さらにそこに住む原住民たちの生活をおびやかしていることを知りました。

 

タムタム
ねぇ、知ってる?東京オリンピックのスタジアム建設にマレーシアとインドネシアの木材が90%も使われるんだよ。熱帯雨林の木がどんどん日本に輸出されてるんだ。

 

ふくちゃん
え!?そうなの? 小池さん(都知事)は環境に配慮したオリンピックを約束する、って言ってたけど。

 

タムタム
「日本の」環境には配慮するんじゃない?マレーシアとインドネシアの環境が破壊されていることに関してはどうでもいいって感じがするなぁ。

 

マレーシア出身の彼が日本の熱帯雨林伐採について嫌な感情を持ってしまうことは仕方のないこと。逆の立場だったら、「ふざけんなよ!」って思いません?

 

日本の偉い人、マレーシアの偉い人、双方の利権がからみあってこんな事態になっているんで、一方的に日本が悪い!とは言えないんですけどね、問題は「熱帯雨林に暮らしている人々がいる」ってことなんです。

マレーシアの熱帯雨林を伐採され権利侵害された先住民14万人の非難署名が日本大使館に送られる

マレーシア・ボルネオ島の熱帯雨林に暮らす先住民たちは森林伐採の被害者でもあり、悲痛の声をあげています。

ボルネオ島の先住民
森を破壊されちゃったし、飲み水も汚染されちゃったよ。生きる権利の侵害だ!

 

日本は熱帯雨林の破壊に加担し、そこに住む原住民の人権や環境を犠牲にしてまでも、自国の経済発展を優先する、、、そんな態度は世界中から非難をうけ、多数の自然保護団体から注意喚起を受けている現状があります。

 

そして、熱帯雨林に暮らす原住民たち14万人の抗議署名が海外(スイス、ドイツ)の日本大使館に寄せられました。

 

特に森林伐採が進んでいるマレーシア・サラワク州の先住民コミュニティでは先祖代々から受け継がれた土地を守るために何十年もの昔から伐採会社と闘ってきました。

 

ここにきて、東京オリンピック会場建設のためにさらに大規模な熱帯雨林の破壊があり、日本大使館へ抗議の意思を表明した、というわけです。

 

しかし、この状況に対し、東京五輪当局は「問題がない」と主張。日本のメディアもマレーシア・インドネシアの熱帯雨林が東京オリンピックのせいで破壊されていることは一切報道せず、私たち日本国民もまったく現状を知らないまま。

 

ちなみに、マレーシア大学のGoogleの衛星画像を利用した調査ではマレーシアでは2000年~2012年にかけて世界で最も高い森林減少率を示しています。伐採された森林のほとんどは日本へ木材として輸入されています。

 

私たちにできること

冒頭にも書いたけど、大多数の日本人は「環境破壊」って言われても、実感として「やばいな」と思うことって、普通に生活してたらまずありませんよね。

 

CO2が、、、珍しい昆虫が、、、、と説明されても、私はちんぷんかんぷんです。

 

でも、これだけはあなたも共感してくれると思うんだけど、

 

東京オリンピックが熱帯雨林の破壊、人権侵害という犠牲の上で行われるのであれば、そんなバカな話はありません!

 

世界中から非難を受けている現実はネットにアクセスしないとわからないし、私もマレーシア人パートナーから聞いて初めて知った事実です。

 

私たち個人にできることって何かあるのかな?と考えたときに、私は「この事実をあなたに伝える」ことしか思いつきませんでした。

 

もし、ほんの少しでも「マレーシア・インドネシアの熱帯雨林が破壊されて東京オリンピック会場が建設されている」ってことに、「そりゃぁひどい」と思ってくれたら、

  • 話の流れで話題にあげる(いきなり「環境がー、、、」とか言いだすのは微妙だからね)
  • 家やマンションを買うときに原材料をどこから仕入れているのかを気にする

 

こんな小さなことでも、一人ひとりがちょっとでも気にかけてくれれば、将来何かが変わるかもしれない。

まとめ

これから東京オリンピックにむけて盛り上がる時期に思いっきり水を差すような内容でしたが、あなたはどう思われましたか?

 

東京オリンピックの会場建設の陰には、

  • 住むところを侵害された人々がたくさんいる
  • 14万人分もの非難署名がすでに大使館に提出されている
  • 世界中のNGOからも非難されている

 

そして、この事実を日本のメディアは報道していないこと。

 

こんな裏事情があるってことをあなたには知ってもらいたくて、今回の記事を書きました。

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール