シドニー空港からの移動はUBER(ウーバー)がタクシーより早くて便利! お迎えの場所の復習をしておこう

UBER(配車アプリ)は海外在住の方、海外旅行をしょっちゅうされる方はスマホに入れておくべきアプリですよね。

 

私はどちらかというと、UBER Eatsの利用の方が多いのですが、つい先日、シドニー国際空港からUberを利用しました。

【関連記事】引きこもり生活が捗る【Uber EATS】(ウーバーイーツ)ネットで出前がおいしくて便利

 

というのも、スーツケースを2つ持っていたので電車じゃ面倒くさい、タクシーは長蛇の列、、、、だったら、Uberがいいんじゃないかと。結果、安くて早かったです。

 

シドニー初心者さんだと、UBERの車がお迎えにくる場所がちょっとわかりにくいかな?と思ったので、(方向音痴な私だけでしょうか)ピックアップポイントなどを解説しますね。

スポンサーリンク

シドニー国際空港でUBERを依頼したら4分で到着とのこと

到着エリアを出て、すぐにUberアプリを立ち上げたところ4分でお迎え。タクシーの長蛇の列に並ぶよりずっと早いです。

 

「Priority Pick Up(Green)にお迎えにあがります」とのこと。このプライオリティ・ピックアップという場所がUBERの乗車場所です。

シドニー国際空港でUBERがお迎えにくる乗車場所ってどこ?

到着エリアから外へ出ると、大きな立体駐車場が見えます。

「P7」の看板を探し、(探さなくても必ず目に入りますのでご安心を)左側に緑の「Priority Pick up」と書いてある文字があります。

 

立体駐車場の建物の中に入っていくと、さらに看板が見えます。ここにもPriority Pick upの文字がありますね。

「UBER」と壁に書いてあるので(画面左)矢印にしたがって左折。

 

すると、外に出ます。Priority Pick Upに到着です。ここまで徒歩3分ほど。荷物が多い方やお子様連れの方はもっと時間がかかるかも。

 

Priority Pick Up=優先的にピックアップってことで、それほど混み合っておらず、依頼したUberの車が駐車場に入ってきたらすぐに見つけることができました。

シドニー国際空港でUBERを利用する際の注意点

以前はシドニー国際空港でのUberの乗車場所は「Express Pick Up」という場所でした。(Priority Pick Upとは逆の方向、画面の黄色のサイン)

 

現在(2018年3月)は緑色のサインのPriority Pick UpがUberの乗車場所なのでお気を付けください。

UBERは安全でぼったくられることなく明朗会計

目的地到着後すぐにメールに移動の詳細が送られてきます。タクシーより10ドル以上安くすみました。

海外でタクシーに乗るときってやっぱり不安じゃないですか。「ぼったくられたらどうしよう」「変なとこつれていかれたらどうしよう」と。

 

UBERだったら、あらかじめ「このルートで目的地に行きます」と最短ルートとだいたいの料金がアプリに表示されますし、支払はクレジットカードなので運転手とお金のやりとりもありません。これって、本当に気が楽ですよね。

 

降車後に、乗客はドライバーを、ドライバーは乗客を評価するシステムなのでお互いが気持ちよく目的地まで到着できます。

 

土地勘のない海外ではタクシーよりUBERの利用がおすすめですよ~。

 

UBER公式WEB⇒Uber を利用する シドニー国際空港 (※アプリもこちらのページからダウンロードできます)

空港から無事にホテル・市内に到着しましたら、シドニー旅行を楽しみましょう

オペラハウスやザ・ロックスなど市内名所巡りもいいですが、せっかくのシドニー旅行だから、楽しい思い出を作り方にこちらのオプションツアーをおすすめ!

>>【ハーバーブリッジ !】スリル満点のブリッジ・クライムを楽しむ大人気ツアー!<パイロン展望台入場券|お土産付き!

ハーバーブリッジに登り、頂上からシドニーの景色を見下ろす!シドニー旅行の最高の思い出を作ってくださいね。

 

シドニー旅行のリピーターさんは穴場スポットをせめてみましょう。

在住者が教えるシドニーの穴場観光スポット10選

2017.08.17
 
 
The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール