引きこもり生活が捗る【Uber EATS】(ウーバーイーツ)ネットで出前がおいしくて便利




世界的にUberが広がって日常生活や旅先での移動が格段に便利になりました。

 

といっても、家に引きこもりがちな私はそんなに利用はしないのですが.

 

しかしですね、

 

同Uber社「Uber Eats」(ウーバーイーツ)という引きこもりのために開発されたのでは!?と思える無視できないサービスがオーストラリアに浸透してきました。

 

外出の際には「Uber」

引きこもりの際には「Uber Eats」

 

相反するターゲットを魅了するUberの両サービスについてお伝えしたいと思います。

 

日本でもウーバーイーツのサービス提供エリアが拡大してきました!外出できない・めんどくさい、、、そんな時はぜひ利用してみてくださいね。

◆Uber Eatsを見てみる>>Uber Eats フード注文

 【a】Uber Eats オーダープログラム




Uberのフードデリバリーサービス「Uber Eats」

「Uber Eats」という新しいUberのサービスが始まりました。

 

レストランのお料理をUberのドライバーが運んでくれるというもの。現在、日本の特定の地域ではサービスが開始されています。

 

オーストラリアでも主要都市でUber Eatsが開始、どんなレストランが登録されているのかチェックしてみました。

住所を入力すると、周辺レストランが表示されます。

 

タイ料理、イタリアン、インド料理、トルコ料理、和食、、、、何でもあります!

 

だいたい30分~40分で届けてくてくれ、デリバリー料金はA$5~A$6。

 

たった5ドルで運んでくれて、レストランのおいしい料理を家で食べれるなら安い。

バスや電車を使ったら5ドル以上かかってしまうし。

 

試しに近所のビストロでステーキとピザを頼んでみました。
注文を確定すると、だいたいのお届け時間が表示されます。

 

大きな紙袋に入って届けられました。

 

注文時にステーキにかけるソースやサイドメニューも選ぶことができます。

 

お料理はアツアツで届けられます。

引きこもり生活に嬉しいubereats(ウーバーイーツ)

外食したいけど、外出が面倒くさい。

そんな矛盾した気持ちは引きこもりの経験がある方なら一度や二度感じたことはあるのではないでしょうか。

私もその一人です。

 

レストランみたいな人が大勢いるところは疲れるしうるさい。「すみませーん」と店員さんを呼んで注文するのもね、、、なんか苦手なんですよ。

 

人と接することなく、アプリの操作だけでご飯が運ばれてくるなんていい時代になりました。

 

◆Uber Eatsを見てみる>>Uber Eats フード注文

 【a】Uber Eats オーダープログラム

まとめ

外出しなくても、人と会わなくてもサービスが受けられるものが増えてきました。

 

アマゾンがあれば買い物に行かなくてもいいし、Uber Eatsがあれば外食の必要もなく、出勤しなくても家で稼ぐ人も珍しくなくなってきました、

 

引きこもりたい人たちにとって今の時代はパラダイスです。

 

ストレスなく好きなように生きるために、便利なものはどんどん生活に取り入れていきたいと思います。

 

 












ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。