オーストラリアのダイソー 2倍の値段でも買ってしまうおすすめの品

日本にいるときは当たり前の存在だった100円ショップのダイソー。オーストラリアに暮らし始めてからは特別な存在となりました。

 

海外在住者にとっては、つかの間の日本を感じることができる場所が世界進出したダイソーなのです!

お値段は日本の2倍の2.8ドル(約216円 ※2019年1月現在の為替で換算)

 

それでも、ついついダイソーに行ったら買ってしまうものってあるんですよね。しばらく一時帰国していない時は特に。

 

そんな価格が2倍でも買っちゃうオーストラリアのダイソーのおすすめ商品について紹介します。

スポンサーリンク

日本のお菓子は恋しくなります

一番好きな日本のお菓子はハッピーターン♡

この日もハッピーターンを目当てにダイソーに行きました。ついでに雪の宿とキャラメルコーンも買っちゃいました。

 

 

日本のお菓子ってなんでもかんでもおいしそうに見えてしまうんですよねぇ。2.8ドルでもまぁいいか!と思わせる魅力がある危険な品です。

日本の食材はアジア食材店と値段が安ければ購入

日本の食材はアジア食材のお店と値段を比べて、ダイソーの方が安かったら買います。(たいていのものはダイソーの方が安い)お菓子はぽんぽん買っちゃうぶん、食材は節約しなきゃです。

 

 

ダイソーのカレー「うちの定番カレー」は他のお店と比べてかなりお安い。

 

試してみたんですけど、うーんとね、ちょっと味が薄めでした。スパイスが足りてない感じ、、、、。コンソメスープの素やケチャップを追加してみると、いい感じの味になりました。

 

実験してみてください。

日本独自のキッチン用品はダイソーで

お寿司を巻く巻きすや太巻きが簡単に巻けるケースは持っておくと何かと便利です。普段、巻き寿司を作ることはありませんが、日本人以外が集まる持ち寄りパーティの時に持っていくと喜ばれます。

 

 

しゃもじは頻繁に買うものではありませんが、日本人の私たちにとっては生活必需品。

炊飯器を買ったけどしゃもじがない!という事態になる前にダイソーで準備しておきましょう!

 

 

K-MartやTargetなどのホームセンターにもランチボックスはありますが、サンドイッチを入れる前提のものが多いので、日本風のお弁当を作りたいときはダイソーのお弁当箱がちょうどいいです。

 

 

夏に麦茶を作るときに活躍する冷水器。冷蔵庫の飲み物をおく場所にぴたっと収まるのがさすが日本企業のデザインです。

文房具はダイソー一択!

オーストラリアの紙製品って質がいまいち。ペラッペラで書きにくくすぐ破れてしまうんです。(私の筆圧が強いだけかもですが)

 

ダイソーのノートは日本クオリティなので安心して書き殴れるのでなくなればダイソーで買っています。

 

 

ボールペンもオーストラリアのものよりダイソーの方が質が良いです。1本で4色も使えるなんて考えた人、天才だよなぁと思いながら日本の技術の恩恵にあずかっています。

 

 

暇つぶし用の折り紙もダイソーで購入。

ダイソーの便利なお掃除用品

メラミンスポンジはシンクやタイルの汚れがピカピカになるのがおもしろくて、すぐになくなってしまうんですよね。日本でまとめて買ってきたものがなくなるとダイソーで買います。

 

 

ダイソーはお掃除のアイデアグッズが豊富なので、興味本位で欲しくなってしまう。痒い所に手が届く商品のラインナップはさすが日本企業。

消耗品もダイソーで購入

台所用のスポンジはダイソーでもオーストラリアのお店でもそうお値段は変わりませんが、ダイソーの方がカラフルで種類も多くて機能的。たかがスポンジ、されどスポンジ。そんな心意気が商品から伝わってきませんか?

 

 

オーストラリアはトイレットペーパーやティシュペーパー、生理用品といった紙類が高いので、もちろんポケットティシュを宣伝のために無料で配ることはしていません。

 

ポケットティッシュはドラッグストアやスーパーで買うよりダイソーの方がお得です。

小さい眉毛用カミソリ

オーストラリアのスーパーマーケットやドラッグストアには眉を整えるための小さめのカミソリを見たことがありません。

 

私もパートナーもダイソーで買ったもので眉のお手入れをしています。

オーストラリアのダイソーは5年で急成長 全国に37店舗

2013年からオーストラリアに進出したダイソーは2018年には国内4つの州で37店舗を展開しています。

 

私たちが暮らすNSW州には13店舗。

  • Glendale
  • Mandarin Centre
  • Macquarie Centre
  • Hunter St Sydney(City)
  • George St Sydney(City)
  • Central Park(City)
  • Regent Place(City)
  • Marrickville
  • Lidcombe
  • Parramatta
  • Blacktown
  • Tweed Heads
  • Bondi Junction

 

シティ内には4件ありますので観光でいらした方も忘れ物に気づいたら気軽に行けますね

 

★オーストラリアのダイソーの店舗はこちらでチェック>>DAISO Australia -Stores

おまけ:ダイソーの偽物もぞくぞくとオーストラリアに進出

ミニソー

オーストラリア全土に続々と出店しているミニソー(MINISO、メイソウ)シティ内でも郊外のショッピングモールの中でもよく見かけるようになりました。

 

「日本人がデザインしている」ことが売りらしいのですが、そこはかとなく漂う胡散臭さがぬぐえません。

 

▼ミニソー徹底解剖▼

中国パクリ企業の底力! MINISO(ミニソー)がシドニーでも怒涛の店舗展開

2018.01.08

 

シミソー

まだ店舗数は少ないのですが、確実に勢力を伸ばしている印象のシミソー。おしゃれ風な雑貨やプチプラコスメ中心の品ぞろえ。

 

とりあえず語尾に「ソー」って付けときゃいいでしょ、というパクリ大国ならではのネーミングですね。

 

▼シミソー徹底解剖▼

ダイソー・ミニソーに続け! 新たな中国パクリ企業【シミソー】を大公開

2018.08.16

 

シドニー生活おすすめ関連記事

>>全品無料って正気か? シドニーの無料スーパー【オズハーベストマーケット】に行ってきた

>>【日本に帰りたい】海外在住・日本食材の値段が高くて泣けてくる

>>頻尿の私が伝授する! シドニー街中の綺麗めトイレの場所とトイレマップの使い方

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



スポンサーリンク



スポンサーリンク