おすすめ温泉旅館【リ・カーブ箱根】夕食バイキングや客室を紹介するよ


スポンサーリンク

両親と1泊2日の温泉旅行に行ってきました。

行き先は箱根。実家の静岡から約2時間ほどで到着する温泉の名所です。東京からもアクセスが良いので関東圏にお住まいの方にも人気の温泉地ですね。

 

温泉旅行の一番のポイントはホテル選び。

「ここが良さそう」と両親が見つけたのが、仙石原温泉 リゾートホテル リ・カーヴ箱根

 

温泉旅行に行きたいけど、あまりにも高いところは予算が追いつかない、逆にあまりにも安いところじゃ寛げないんじゃないか、、、予算1万円~くらいでちょうどいい宿がないかなー、という私たちにぴったりホテルでした。

 

それでは、リカーブ箱根のお部屋、夕食バイキング、温泉などの基本情報を昨日「リカーブ箱根」をチェックアウトしたばかりの私が紹介します。

スポンサーリンク

チェックイン

フロントは少々古めかしい感じですが、スタッフの皆さんは感じが良くてきぱきとチェックイン手続きをしてくれました。

翌日の観光の相談にものってくださり、博物館やロープウェイなどのチケットも割引価格で購入できました。

 

ウェルカムドリンクはコーヒーと緑茶。ホテルについて、ほっと一息入れられるのはうれしいですね。

 

お部屋(北館:デラックス洋室)

私たちは3人で一部屋に宿泊だったので、できれば大きなお部屋がいいなと思い、大人4名までが宿泊できるデラックス洋室に泊まりました。(母がうろちょろしてますね)

 

ダブルベッド2台、シングルベッドが1台。ソファ、テーブルも備え付けられています。48平米の広々したお部屋なので大人3名で泊まってもまったく圧迫感はありませんでした。ベランダに出れますが、隣の南館が見えるだけで特に景色はありません。(父がうろちょろしてますね)

 

このカゴバッグに必要なものを入れて大浴場に行きます。女性は何かとお風呂に持って行きたいものがあるから便利ですね。

 

浴衣は「大サイズ」=男性用 「中サイズ」=女性用が準備してありました。中サイズは身長が160cm前後の方用とのことで、フロントスタッフの方が小さい母のために「小サイズ」を勧めてくれました。

 

お部屋のユニットバスです。必要最低限のアメニティ(シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、ハンドソープ、ドライヤー、ヘアブラシ、歯磨きセット、髭剃り、シャワーキャップ)はありますが、大浴場でお風呂は済ませたので、お部屋のお風呂は利用しませんでした。

 

室内のWifiは速度は問題なく、ストレスなくスマホ、パソコンが使えました。

室内のお茶セットは緑茶のティーバッグしかないので、コーヒー派の方は持参してください。

夕食バイキング

夕食は南館にあるレストランでバイキングです。60種類以上のお料理が小さなお皿に取り分けれているので、いろいろな種類のお料理を楽しむことができました。お寿司や揚げ物はその場でシェフが作ってくれます。

 

私たちは「蟹は面倒くさい」との理由で2~3本、母が食べただけでしたが、他のテーブルのお客さんはたっぷり食べていました。

 

和食、中華、洋食(イタリアン)と豊富な料理が一同に会した景色は圧巻。蕎麦やうどんなどの麺類や、ピザやパスタなどのお子様が好きそうなものまで何でもあります。

 

デザートも小さめのサイズなのでおなかいっぱいでも食べちゃいますね。

レストラン内のスタッフは、空いたお皿はどんどん片付けてくれ、浴衣着用のお客さんには袖が邪魔にならないようにと、ゴムで袖を結んでくれたりと、細やかな気遣いが見られました。

 

お寿司を握っていたおじさんも、「食べたいもの言ってくださいね~」とフレンドリーに接してくれるので、調子に乗って食べ過ぎてしまう危険な(?)ディナーでした。

 

リカーブ箱根では、チェックイン順に夕食・朝食の時間を選択します。

遅い時間にチェックインすると、希望の食事時間がもう埋まっている、なんてことも。

チェックインは15時からですが、食事時間の予約は当日の12時から受付けが開始するので、小さなお子様や高齢者がいる方、食事時間にこだわりのある方は早めに予約しておきましょう。

早めの夕食時間を希望した私たちは、「17時から夕食バイキングスタート」というこちらの宿泊プランを選びました。早寝早起きの我が家にとっては夕食が20時台なっては困るので、、、

【夕食開始17時START】最大お一人様1,000円のお値下げで60種バイキング&温泉を堪能♪

 

温泉

大浴場は北館1階にあります。

(よって、北館に宿泊すると南館にある食堂が遠い、南館に宿泊すると大浴場が遠い、といってもたいした距離じゃないので私たちは気になりませんでしたが)

6:00~10:00、15:00~24:00に入浴可能です。

 

大浴場ではもちろんカメラは使用禁止。写真が撮れなかったのでリカーブ箱根の公式ホームページから画像をお借りしました。

 

入り口からすぐのお風呂は「沸かし湯」温泉の成分は入っていない普通のお風呂です。温泉に浸かれない方でも、こちらで大きなお風呂を楽しんでいただけます。

          (出典:https://www.courthotels.co.jp/hakone/spa/

 

沸かし湯の隣は温泉成分たっぷりの「にごり湯」ヒノキ風呂です。


(出典:https://www.courthotels.co.jp/hakone/spa/

露天風呂もあるのですが、屋根と壁に囲まれているので、正直「露天風呂」の雰囲気には欠けています。

それでも、たっぷりの白く濁ったお湯に体を沈ませると、本当にリラックスできました。

 

浴室内にはシャンプー、コンデイショナー、ボディソープのほか、ピーリングジェル、洗顔料があります。(クレンジングは無し)

脱衣所には化粧水、オールインワンゲル、ヘアトリートメントがあります。備え付けのアメニティは一階の売店で買えるので試してみるのもいいですね。

 

夜と朝、両方の時間帯でお風呂に入ったのですが、どちらも混み合っておらず、のんびりと温泉につかることができました。

宿泊客の食事の時間をばらばらにすることで、大浴場の混み具合も緩和されているのかな?と思いました。

リカーブ箱根へのアクセスと駐車場

公共交通機関利用の場合:小田原駅もしくは小田急線箱根湯本駅より箱根登山バス桃源台行仙郷楼前下車徒歩2分。

車の場合:東名御殿場ICより12km(約20分)

駐車場

正面玄関の横と中庭に無料駐車場が55台あります。どちらも満車の表示が出ているときは、正面玄関に車をつければ、係員が対応してくれるそうです。

またチェックイン時に駐車した車の車種とナンバーを聞かれるのですが、私たち全員車のナンバーを覚えていませんでした、、、

「すみません、ナンバー、わからないので見てきます」と言ったら、「車種だけわかれば大丈夫ですよ」とのこと。

おすすめポイント

宿泊料金を考えると、夕食・朝食バイキングのクオリティーは素晴らしいと思います。一つ一つのお料理が丁寧に作られていますし、「あれも食べたい、これも食べたい」と目移りするほど品揃えは豊富です。

歩いてすぐのところにコンビニがありましたが、「夜、おなかがすいたらコンビニに行けばいいか」と思っていたものの、寝るまで幸せな満腹感が続きました。

 

フロントスタッフ、レストランスタッフの方たちは、みなさん親切で感じが良く、気持ちの良い対応をしてくださいました。リピーターが多いの納得。

 

私たちのお部屋は5階。お風呂や食事にはエレベーターでの移動だったのですが、古めかしい外観とはうらはらに、びっくりするほど速くエレベーターが来ます。

 

Wifiの速度も速く、パソコンで仕事をしたい方でもストレスなく作業ができます。

 

ハード面(建物の外観やインテリア)は古さを感じますが、ソフト面(スタッフの対応やお料理)は申し分ないホテルですね。

リカーブ箱根の最安値とクチコミはここからチェック!

 

リカーブ箱根の周辺観光情報はこちらでチェック!
リカーヴ箱根・周辺観光地 & 大涌谷~宮ノ下(富士屋ホテル)
 1泊2日箱根の温泉旅行で訪れた場所の記録です。ホテルは仙国原の「リカーヴ箱根」 私たちのざっくりした計画はこんな感じでした。1日目:ホテルチェックイン...
The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク