Ribena(ライビーナ)ってどんな飲み物?世界で愛飲されてるカシスジュース




世界中(主に旧イギリス植民地だった国)で飲まれているRibena(ライビーナ)について紹介します。

 

ライビーナは私たちが住むオーストラリアでもスーパーマーケットで手軽に買えるカシスジュース。

 

夏になると、マレーシア出身のパートナーは、

タムタム
ぼくはマレーシアでライビーナを飲んで育ったんだ。

 

と言いながら、ライビーナを毎日ごくごくよく飲むので、冷蔵庫には2.4リットルのライビーナが陣取ってます。




ライビーナとは?どんな飲み物?

Ribena

オーストラリアのスーパーマーケットでも一般的な飲み物として売られています。

ライビーナ(Ribena)とはブラックカラントの清涼飲料水・濃縮果汁飲料です。

 

日本ですとブラックカラントという言い方よりも「カシス」の方がなじみがあるかもしれませんね。

 

ライビーナはビタミンCをたっぷり含み、さらに、

  • 人工着色料
  • 人口調味料・香料
  • 人口甘味料

は不使用。

 

ライビーナ200mlで1日に必要なビタミンCの半分を摂取できます。カロリーは約88kcal

 

私はずっとマレーシアのメーカーが製造していると勘違いしていたのですが、もともとイギリスのカーターズ社が開発した飲み物。

 

(※現在は資本的に日本のサントリーの連結会社による製造)

 

オーストラリア、マレーシアだけでなく旧イギリス植民地を中心に世界20か国以上で愛飲されています。

ちなみに、ブラックカラント(Blackcurrant)は英語、カシス(Cassis)はフランス語

ライビーナの味は?

ライビーナはカシスジュースなので味はカシスです・・・雑過ぎる説明で申し訳ないのですが、そうとしか言えなくて。

 

ベリー系、、、なのかな?

 

甘みと酸っぱさがちょうど良くて、さっぱりしてます。

夏になると飲みたくなりますね。

 

食事の時に味のついた飲み物を飲むのは苦手なのですが、ライビーナだと意外と平気。

 

濃縮タイプをお好みの濃さにして飲む方法と、そのまま飲める清涼飲料水のタイプがあります。

 

我が家は水で薄めるのが面倒くさいので、そのまま飲める清涼飲料水タイプのライビーナを買ってます。

 

氷をいくつかいれて、ほんのり薄まったくらいがちょうどいい。

Ribena(ライビーナ)のおいしい飲み方

おいしい飲み方といっても我が家では面倒くさいことはしません。

 

レモンを浮かべて飲むだけなんですが、このひと手間で見た目も味もワンランク上になる、と思っています。

 

ベリー系の甘みがレモンの酸味で中和されて、もともとさっぱり味なのがさらにさっぱり。

  • 炭酸水で割ってノンアルコールのカシスソーダする
  • かき氷のシロップやヨーグルトに混ぜる
  • ウォッカ等のアルコールで割る

といった使用方法もできるので、濃縮果汁タイプの方が使い勝手は良いかと思います。

 

でも「そのまま飲めるのが楽」という気持ちが勝ってしまうんですよね。

ライビーナの種類

オーストラリアのスーパーで販売されているライビーナはブラックカラント(カシス)のみ。

 

国や地域によって様々な種類のライビーナを見つけることができます。

 

イギリスのRibena公式サイトの商品一覧から現在販売されているライビーナの種類をみてみましょう。

(引用:Ribena公式サイト

 

濃縮果汁タイプ、そのまま飲める清涼飲料水タイプともに以下の5種類の味があります。

  • ブラックカラント(カシス)
  • ブラックカラントライト
  • ストロベリー
  • パイナップル&パッションフルーツ
  • ラズベリー&ルバーブ(ショクヨウダイオウ)

旅行や仕事で海外に行った際には別の味も試してみたいですね。

ライビーナを取り扱う通販

2006年からDHCがラビーナを販売していましたが、現在は取り扱いがありません。

 

11月現在、amazonで取り扱いがあります。(※楽天・Yahooショッピングでは品切れ)

 

輸入品となりますので、けっこうなお値段です。しかも3本セット・・・

 

ちょっと試したい、という方にはこちらがいいかも。

 












ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。