40代引きこもり・久しぶりの外出後、声が出ない。声帯も使わなきゃ衰えていくという発見

友だちと会うために久しぶりに外出しました。

 

普段は無職・引きこもり生活を堪能しているので、たいていの日は家でゴロゴロしていれば日が暮れていきます。だから、電車に乗って誰かに会いに行く、という行為は私にとっては珍しいことなんですね。

 

「外出」というモチベーションを与えてくれる友達にも感謝です。彼女は我が家に遊びにきてくれることが多いので、ちょくちょく会ってたのですが、シティで会うのは久々。

 

ご飯食べて、コーヒー飲んで、いろいろな話をしてすっごく楽しかったのですが、帰宅後、声がガラガラに枯れていることに気づきました。田舎のスナックのママみたいな酒焼けした声です。

 

引きこもりは話す機会が少ないから、声帯が衰えきたのでは?との不安が浮かんできました。

スポンサーリンク

声帯は筋肉。使わなければ衰えるのは当たり前だった

引きこもりやニートは運動不足になるので、体のあちこちの筋肉が衰えていきます。

 

太ってしまったら新しい洋服や下着を買い替えるお金がもったいない!というケチ精神から近所の公園をウォーキングしているので、体の筋肉の衰えはそこまで感じてなかったのです。

 

しかし、「声帯」も筋肉。

 

使わなければ衰えていくのは当たり前ですよね。

 

前職でかなり声を使う幼稚園教諭をしていました。1日中声を使って仕事してても、「声がかれる、かすれる、出にくい」ということはなかったので、声帯が鍛えられていたのではないかと思います。

 

無職になってからは、話す人といえばパートナー、シェアメイト、今日ランチした女友達くらいで、以前に比べ積極的に人とコミュニケーションを取ってません。

 

今日、友達と会ってランチ~カフェの5時間、しゃべり通しでした。

 

たったそれだけのことで声がかれてしまう、ということは、私の声帯はだんだんと衰えていっているのでしょう。

きれいな声をキープするには声帯を鍛えるしか方法はないみたい

声帯を鍛える方法はたった1つ。声を使うことです。

 

私みたいに1日中家にいて、パートナーとぼそぼそしゃべっているだけではどんどん声帯は衰えていきます。

 

そこで必要なのは、カラオケ・ボイストレーニングといった「腹の底から様々な音程を出す」こと。

 

明日からご近所迷惑にならない程度に自宅で一人カラオケを楽しみたいと思います。

声の衰えは年齢やホルモンバランスも関係するという事実

更年期障害の症状に「声枯れ」もあります。

 

声が出にくい・喉に違和感があると病院を受診し、診断結果が更年期障害だった、というケースもあるそうです。

 

更年期障害が始まる年齢は人それぞれ、その女性のホルモンバランスによるので「何歳から」と一概には言えませんが、40代女性だったらいつ始まっても不思議ではありません。

 

ということは、40代~50代の女性の引きこもりは声がかれてしまう理由は、

  • 声を使わないから声帯が衰える
  • 更年期障害

 

この2つがあるってことです。

おまけ:日本人ならではの習性・声がかれたら森進一のモノマネをしたくなる

帰宅後、声がかすれていることに気付いた私は、すぐさまパートナーの前で森進一のモノマネをしてみました。

 

(。・ω・)ノ こんばんは!森進一です。

(*´д`)o おふくろさんよ~♪

 

しかし彼はマレーシア人。なぜ私がいきなり「こんばんは」と挨拶をしたのか理解できず怪訝そうでした。日本人でも40代以上の方じゃなじゃないとわからないかもですが、、、

 

「これはジャパニーズシンガーのモノマネをしてるの。ちょっと待って、Youtubeで見せてあげるから」

 

こういう時、相手が日本人じゃないとひと手間かかります。

 

声がかすれているからといって森進一さんのモノマネができるってのは盛大な勘違いで、どちらかといえばコロッケがふざけた感じでモノマネている森進一さんに私のかすれ声は近かったですね。

 

という、どうでもいいプチ情報で今夜はお別れです。

 

引こもってるみんな、明日から意識して声を出さないと、声帯が衰えちゃいますよ。

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



スポンサーリンク



スポンサーリンク