日本人女性の私が思う中華系マレーシア人男性の7つの魅力

今回はこちらの記事(マレーシア人男性から見た日本人女性の7つの魅力 (独断と偏見たっぷり))の逆バージョン。日本人女性の私からみたマレーシア人の魅力についてお伝えしたいと思います。

 

「日本人」「マレーシア人」と一口にいっても、人それぞれ性格も育った環境も違うので、国際恋愛や国際結婚はその人の国籍が問題ではなく、一番大切なのは「気が合うかどうか」なんですよね。

 

10年間友達付き合いをし、5年間一緒に住んでいる中華系マレーシア人のパートナーの良いところを、超個人的な視点でお話していくので、あなたのお相手には当てはまらないかもしれませんが、参考にしていただければ。

スポンサーリンク

楽天的・陽気・先々のことを思いわずらわない

南国気質とでもいいましょうか、物事を悲観的にとらえることがなく、常に明るく、テンションが高く、前向きです。

 

「先のことを考えてもしかたない」と、今日を楽しく生きる姿は頼もしくもあり、「ちょっとは貯金しようよ」という気持ちにもなりますが。

 

将来のことを悩まないとストレスがありません。よって、健康で病気一つしないので、病院に行くときは虫歯の治療くらい。

 

毎日笑って過ごせるマレーシア人との生活はストレスがなく、「今が楽しければいいか」という考え方は余計な肩の荷がなくなります。

不平不満・愚痴・悪口を言わない

私は彼が仕事の愚痴や、不平不満、人の悪口を言っているのを聞いたことがありません。

 

仕事から帰ってきて、「疲れたでしょ?」と聞いても、「疲れた」とは言わないんです。働いていれば文句や愚痴の一つも出てきても不思議ではないのですが、彼はいつも「楽しかったよ」「おもしろかったよ」と常にポジティブな言葉を返してきます。

 

仕事でも私生活でも自分に関わる人々のことは基本的に「好き」

 

短所には目を向けずに、その人の良いところを見つけ、そこだけを見てお付き合いをしているよう。「完璧な人間はいないから」とのことです。

人懐こい、フレンドリー

言葉が通じなくても私の両親や親せき、従兄弟とは仲良しです。言葉で取り繕うことができないぶん、本当の人柄が現れるのかもしれません。

 

一時帰国時は私が通訳に入らなくても、従兄弟とは飲みに行き、親とは買い物に行き、店員さんとも覚えたての日本語でコミュニケーションをなんとか取ろうとします。

 

無駄な警戒心がないので、誰とでもフレンドリーに接します。レストランの店員さん、渋滞に巻き込まれたときに前を走っていたドライバー、インターネット回線をつなげに来たネット会社の人とも、前からの知り合いかのように話をします。

 

不特定多数の人と意気投合できるのはもはや特技レベル。

女性を年齢や外見で判断しない

年齢や外見に関わらず、女性へのレディファーストは欠かしません。私の母や祖母の手をさりげなくとって歩行の手助けをしますし、私にも荷物を持たせたり、車道側を歩かせたりはしません。

 

女性は幸せになるために生まれてきたんだから、苦労や忍耐はしなくていい、とのポリシーのもと女性には優しく接するのが基本姿勢です。

 

私が出かけるときは徒歩圏内の駅への送り迎えをするほどの過保護っぷり。

 

日本のバラエティ番組で女芸人が体を張っていたり、他の出演者からいじられていると、「この人は女性なのに!」と憤ることも。

家事能力が高い・おもてなし精神が高い

家事能力は私よりはるかに高く、時間がないときも冷蔵庫にあるものでおいしいご飯を作ります。

 

家に友達が遊びにくる予定があると、前日の夜から仕込みをし、当日は朝から料理開始。誰かに自分の作った料理を食べてもらう機会にはとても張り切ります。

 

掃除や洗濯、食材の買い物もすすんで行ってくれるので、「旦那が家事をしない」とぶーたれている主婦の方たちよりかなり恵まれた環境。

お年寄りや困ってる人をほっとけない

飛行機で隣に座った人や道ばたで出会った人が困った様子だとすぐに声をかけて助けようとします。日本でやったら不審者扱いになってしまうんじゃないか?と思うほど高い助け合いの精神を持っています。

 

日本の私の実家に滞在しているときは、父が肩がこったと言えばマッサージをし、母が洗車が面倒くさいといえば車を洗い、相手の「困った」を解消することに充実感を感じているよう。

有言実行

言ったことは実現に向けてに行動をします。他人との約束だけでなく、自分との約束へのコミットする信念は強く、目標達成にむけて努力を惜しみません。

 

ここ最近ですと、ダイエット。体型は太ってはいないのですが、バランスよく筋肉を付けたい、とのことで毎日のようにウォーキングと筋トレに励んでいます。体重・体脂肪を毎朝毎晩計り、食生活もタンパク質と野菜が中心。

 

よくもここまでやるな、というくらい物事への取り組み方は一生懸命です。

 

生まれた時から浅黒い肌は日本の美白化粧品で白くなるのか?というふざけた実験も本気で取り組んでいました。

【関連記事】地黒のマレーシア人男性が本気の美白ケアを1か月続けた! その結果はいかに!?

マレーシア人男性の生態を知る関連記事

★中華系マレーシア人との暮らしの中でありがちなことについてまとめました。

【国際恋愛あるある】これってうちだけ?マレーシア人男性にありがちなこと

 

★国際恋愛初心者さんへ 「彼氏」「夫」としてのマレーシア人男性はどんな感じ?

穏やかで一途な性格・ 華僑系(中華系)マレーシア人男性との恋愛事情

 

★マレーシア人男性の笑いのツボを探ろう。

笑いのツボが合わない外国人と一緒に笑える日本のお笑い芸人を探せ!

日本人コメディアン【がーまるちょば】が海外で人気の理由をあれこれ考えてみた

 

★付き合った当初、「性格は素敵なのに、ファッションがちょっと、、、」と思っていたマレーシア人パートナーを改造した話。

ダサい男のファッションや髪型を変えてイケメンに改造するのは妻・彼女の役目だと思う

 

★中華系マレーシア人、「華僑」という人々のお金持ちになる習慣

華僑はなぜお金持ち? 彼らに共通する13の習慣と思考方法

 

★中華系マレーシア人のずば抜けた言語能力の秘密、なぜ何か国語もペラペラと話せるの?

最強のマルチリンガル華僑系マレーシア人、その言語能力の実態に迫る!

まとめ

付き合い当初は日本人男性にはない過保護ともいえる優しさに、「こ、こいつ、日本のビザが欲しいのか!?」と勘繰ったこともありました。

 

でも、そんなわけないんですよ。今の日本って、「住みたい」と思うほど魅力的な国ではないんですよね。彼からは「日本移住」の話は一度もでたことがないんで。(※現在私たちはオーストラリア在住です)

 

個人的には日本よりもマレーシアの方がずっと住みやすそう。将来はペナンあたりでのんびり過ごせればいいなと思います。(←私の方がよっぽどビザ目当て 笑)

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



スポンサーリンク



スポンサーリンク