オーストラリアのおすすめお土産ラノンリンクリームは顔にも効果あり?

先日アップした「オーストラリアのお土産」の記事中にラノリンクリームを紹介しました。

在住者が選ぶオーストラリアのお土産! ばらまき用お菓子・サプリ・コスメ等10選

2018.10.04

 

この記事を読んだ友人から、

友人
ラノリンクリームって顔に塗って大丈夫?

との質問をもらったので、今回はラノリンクリームの美容効果や使い方、購入方法などをお伝えします。

 

ラノリンクリームはオーストラリアの人気のお土産なのですが、「顔に塗っていいのか?」との不安を抱えがち。というのも、値段が安すぎるからなんです。

 

私が現在使ってるラノリンクリームは2ドル50セント(後で紹介しますね)日本円にして約200円。いい大人が使うスキンケアグッズとしては安い!

 

結論から言うと、顔にラノリンクリームを使用しても何の問題もないですし、逆に顔に塗らなくてどうする?!というレベルの美容効果なんですよ。

スポンサーリンク

オーストラリアのおすすめお土産・プチプラなのに美容効果がすごい【ラノリンクリーム】とは?

ラノリンクリームとは羊毛が特産品のオーストラリア・ニュージーランドの定番の保湿クリーム。

 

ラノリンは刈った羊の毛から抽出される保湿成分。雨風にさらされても羊毛がふわふわで柔らかいのは、ラノリンによる保湿効果と柔軟効果のおかげです。

 

ラノリンの歴史は古く、古代ギリシャ時代に羊飼いの手が荒れていないのは羊毛に含まれるラノリンに触れているから、とのことで美容成分として使用され始めました。

 

ラノリンは人の肌になじみやすい構造で、すぐれた浸透力が特徴。角質層の奥深くまで浸透してふっくらとしたモチモチ肌が簡単に手に入ります。

 

ラノリンクリームの効果としてあげられるのが、

  • アンチエイジング
  • シワ・シミ改善
  • 保湿・保水効果
  • 敏感肌用のスキンケアとして

 

などなど、女性には嬉しい美容効果がぎゅっとつまった万能クリームなのです。

 

お肌に元気がないなぁ、、、と感じた時に、ラノリンクリームは新陳代謝を取り戻し、年齢を重ねたお肌を活性化し、ハリやキメをトータルでケアしてくれるんですよ。

オーストラリアのラノリンクリームの使い方・顔にもがんがん使おう!

こちらはコラーゲン、Q10、アロエ、ビタミンEが配合されたラノリンクリーム。ラノリンクリームにはいくつか種類があるので、好みの成分が配合されたものを選んでみてくださいね。

 

柔らかいテクスチャーで、伸びがいいです。肌に乗せた瞬間すーっと吸い込んでいく感覚。塗ってから1~2分でベタつき感がなくなるので、朝のメイクの前のスキンケアにも使えます。

 

ラノリンクリームの使い方

  • 化粧水の後に保湿クリームとして。
  • 首のシワ防止に。
  • ハンドクリームとして。
  • ボディクリームとして。
  • 夜のフェイスマッサージクリームとして。

 

顔にも安心して使えるクリームなので、30代40代以降の女性で何を使ってもしっくりこない、、、という方に試していただきたいです。

 

ただ、匂いは好き嫌いあるかなぁ、、、最初は欧米人の綺麗なおばあさんの匂いだ!と思いました。今は慣れましたけど。

ラノリンクリームでアレルギー反応を起こす方もいるので注意

羊の毛から抽出される天然成分で美容に良い保湿成分とされているラノリンですが、ラノリンに対してアレルギー反応を起こす方もいます。

 

といっても、ラノリンでアレルギーを起こす割合は100万分の6未満、、、との調査結果とのこと。

 

動物系の油(馬油)やウールでアレルギー反応が出る方は、使用を控えるか、腕などでパッチテストを行ってからの使用をおすすめします。

オーストラリアのラノリンクリームを購入できるところ

オーストラリア国内であれば、大手スーパーマーケット、ドラッグストア、サプリショップ、お土産屋、免税店、空港などで購入することができます。

 

お値段も2ドル~3ドルというプチプラなので気軽に試してくださいね。

 

日本では通販でオーストラリアのラノリンクリームが買えます。Amazonや楽天で価格をチェックしてみたら1700円~2000円ほど。オーストラリア旅行の予定があれば、現地で購入した方が断然お得です。

まとめ

冬はニベア、夏はラノリンクリームのシンプルスキンケアでだいぶ肌の調子はいいです。

 

オーストラリアは乾燥がひどいので、ラノリンクリームは安心して保湿を任せられる存在です。目元の地割れのような小じわもだんだん目立たなくなってました~♪

 

「変なものが入っているんじゃないか?」「顔につけて大丈夫か?」と心配になるお値段の安さですが、たぶん大がかりな広告やCMをしていないからなんじゃないかな、と予想します。宣伝広告費って化粧品の価格の大部分を占めますし。

 

オーストラリアのお土産に迷った時は相手が女性ならラノリンクリームおすすめですよ。

 

▼オーストラリア・スキンケア関連記事▼

【関連記事】乾燥肌・敏感肌の救世主! セタフィル・ジェントルスキンクレンザーの特徴と使い方

【関連記事】ミニマリストの基礎化粧品、40代女性のスキンケアはこんなにシンプルでいいのだろうか

【関連記事】8時間で肌が変わる!? エリザベスアーデン・エイトアワークリームの効果がすごい

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



スポンサーリンク



スポンサーリンク