【海外在住・日本人の婚活①】独身女たちの複雑な思いと出会いの方法

周りの女友達は同年代で独身で、私と同じく「結婚以外の方法で海外移住した」というパターン。

つまり、手に職を持ち、経済的に安定し、一人でも海外で生きていける逞しい人、と思われがちな海外在住の女性たち。

 

留学や就職や様々な理由で日本を離れて、人知れず努力や苦労をした怒涛の20代、30代。生き急ぐかのように突っ走って、アラフォー世代となり「ここでの生活も落ち着いてきたかな」と感じ始めます。

 

そして、「私は男に頼らず海外生活を手に入れた」との誇りのような感情と同時に、

「おひとり様の老後」も頭をかすめ始める時期。

 

さて、そんな海外在住の日本人女性たちはどのような思いで、どのようにしてパートナーを見つけるようとするのかをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

「1人は寂しい、2人は煩わしい」のアラフォー女のジレンマ

一人で誰にも干渉されずに好き勝手に生きていると、今さら誰かと暮らすのも面倒くさい。ごはんも一人だったら外食や適当なものでいいし、、、という気持ちが勝り、「ま、このままでもいいか」と現状維持の女性たちもいますし、一度結婚を経験し、何らかの経験で離婚してしまった人たちも。

 

独身既婚の女性たちと話してみると、「独身の時は結婚に憬れ、結婚すると離婚に憬れる」という、まさに隣の芝は青い、という現象が起きていることがわかります。

 

経済的に自立して、自分でビジネスを立ち上げていたり、マンションを購入済みの女性は、家事や親せき付き合いで煩わしいことになるなら一人でいた方がいいんですよね。

 

しかし、体調を崩したとき、一人が夕飯はわびしいものに感じたとき、一時帰国の時に久しぶりに会う両親が老け込んでいたのを目の当たりにしたとき、

 

「誰かと一緒に暮らすっていうのもありなのか」とぼんやり考え始めるのです。

 

そして、

「やっぱり無理だ」と、無限ループの思考に陥っていく、私もそんなオーストラリア在住の女たちの一員でした。

 

ちなみに、現在はこんな状況です。

結婚制度に疑問を感じる?メリットだらけの事実婚を選らんだ5つの理由

2017.06.27

 

シドニーの婚活セミナーにたくさんの女性が集まる現実

東京で結婚相談所を運営している経営者の方が、シドニーで婚活セミナーを開催しました。私はパートナーはいるものの、集客を別ブログでさせて頂いた関係で友達と一緒に参加しました。

 

参加希望の女性が殺到し、1日だけの予定が翌日も開催することになり、シドニー在住の女性の「婚活」への興味の大きさが垣間見えたイベントでした。

 

会場に集まった女性は、30代~40代が中心。

 

専門職の方が多く、中には結婚している人、彼氏がいる人もいらっしゃいました。きっとほとんどの方が、それほど切羽詰って「婚活」に取り組んでいたわけではなかったんじゃないかと思います。

 

しかし、講師の方のアドバイス、経験談、失敗談、参加者との意見交換は思いのほかおもしろくて、終始いい感じの雰囲気でした。

 

参加者の方はけっこう綺麗な人たちだったんで、「あー、外国人はブスな日本人を選ぶから、この人たちは独身なのかな」と思ったりもしたんです。

 

なぜ外国人男性はブスな日本人女性と付き合うのか。当事者が検証した答えとは?

2017.07.27

 

参加者が口を揃えて言っていたのが、

「出会いがない」

 

うん、すっごくわかる。

シドニーでかっこいい人はだいたいゲイだし(←偏見?)、いいなと思った人はだいたい既婚者です。

 

じゃぁ、どうすりゃいいの?と悩む人もいれば、あきらめちゃう人もいれば、私みたいに昔からの友人といつのまにかつがいになってる人もいる。

海外での出会い、どんな方法がある?

留学生時代の同級生

私はパートナー・タムタムとは10年以上前に通っていた留学生が多く集まる専門学校で偶然出会いました。

 

だから、出会ったころはお互い留学生。お金も安定した仕事もオーストラリアでの生活歴もない状態での出会いでした。

 

オーストラリア人だったら、普通に持っている英語力、車、仕事、オーストラリアで暮らしていく生活の知恵など、皆無の状況から知っているので、お互いがどれだけ成長できたが目に見えてわかる相手です。

ナンパ

バーやクラブなどで声をかけられ、そこからお付き合いがスタートするパターンです。私はお酒が飲めないので、そういった場所にめったに行かないからよくわからないのですが、お店のセキュリティスタッフにナンパされた、という報告をよく聞きます。

 

立て続けに聞いたのが、スーパーマーケットでのナンパ。買い物していたら店員に声をかけられ、お付き合いに発展したそうです。

 

セキュリティも店員も仕事中でも好みの女の子に声をかけてしまうところがオーストラリアっぽいです。

結婚相談所

日本語フリーペーパーに結婚相談所の広告が毎月掲載されています。

 

「マイケル、38歳、身長182センチ。趣味は料理、旅行、スポーツ観戦。安定した職につき、ビーチ近くに持ち家も購入住み。アジアの文化に興味があり、日本人女性のパートナーを探している」

 

といった、好条件の男たちが何人か紹介されています。

 

経営者はキャサリンだかルーシーだか忘れましたが、中国系の女性です。

 

周りにこの結婚相談所に依頼をした人がいないんで、実態は不明ですが、広告からして怪しさ満点です。どなたか、体験談を教えてくれる方がいましたら連絡ください。

友達の紹介

友達が「いい人がいるから紹介したい」という出会い方法ですね。

 

でも、友達にとっていい人でも、あなたにとっていい人とは限らないので、難易度の高い方法です。

 

特に仲介役の友人との関係が崩れないようにうまく断りを入れなきゃならない状況になると、なにかと厄介です。

職場、バイト先

私は元チャイルドケアワーカー(保育士)なので、自分の後輩には、「就職したら出会いはゼロ!覚悟しとけ」とよく励ましました。職場やバイト先での出会いも、その職種によりますね。

 

仕事振りがわかる、というのは一種の安心材料ですが、仕事でも私生活でも一緒、というのは息が詰まりそうです。

Meet up(ミートアップ)

Meet upー同じエリアで共通の趣味を持つ人々と集まろう!という趣旨のサイト。

 

「英語で話そう」とか、「ツーリング仲間募集」とか「ウォーキングの会」などさまざまなコミュニティがあるので、趣味を通じて人脈が広がる方法でもあります。

 

到着間もない、留学生やワーキングホリデーの方もよく参加されています。

オンラインデーティングサイト(マッチングサイト・アプリ)

私の前職は女性スタッフしかいなかったので、インターネットのいわゆる出会い系で恋人を見つける人ばかりでした。

 

サイトやアプリによってシステムは異なりますが、まずはメッセージのやりとりをして、実際に会ってみる、という基本の流れを幾度となく繰り返すのが理想の相手にたどり着く方法。

 

以下におすすめのマッチングサイトをご紹介します。

外国人と(日本人とも)出会える安心・安全な婚活サイト

女性は無料で利用可能

②日本在住・海外在住でも利用可能

③相手は日本人・外国人の両方を選べる

④登録メンバーは年齢確認書類の提出が必須(セキュリティー対策の為)

 

の4つの条件をクリアしたおすすめマッチングサイトを紹介します。登録は無料ですのでネット婚活の雰囲気が気になる方は試してみてください。

 

【Marish(マリッシュ)】「居住国・出身地」をそれぞれ設定してお相手の検索ができるので、「日本にいるイギリス人」、「オーストラリアにいる日本人」と、細かく条件の指定ができます。再婚を希望するシングルマザーにもサポート体制あり。

>>>婚活・恋活・再婚活マッチング「マリッシュ」/R18

 

【with(ウィズ)】メンタリストDaiGo監修の恋愛婚活マッチングサービス。

独自機能の性格診断で自分の価値観と100%一致する異性を見つけられるほか、共通点検索もできることで、 見た目や条件以外にも「恋愛における価値観」や「気が合う度合い」で理想の相手を見つけることができるサービスです。

 

また、婚活をしていることを知り合いに知られたくない方にも「絶対に身バレしない安心設計」という点でもおすすめです。

>>>心理学×統計学の恋愛婚活マッチングサービス「with」

 

【マッチドットコム】本登録の前に男性のプロフィールや写真を閲覧することができます。「どんな男性が婚活しているのか」が気になる方はまずは無料登録後に検索してみましょう!(※マッチドットコムはお相手とのメッセージのやりとりは本登録(有料)が必要です)

>>>今のままで大丈夫?Match.comなら効率的にお相手を探せます

 

●【Pairs(ペアーズ)】居住国を「海外」にすることで、海外在住の登録メンバーとの出会いも見つけられます。Facebookと連携すれば「Facebookで繋がっている知り合いと出会わない」というメリットがあるので、出会いを求めていることを知り合いに知られたくない方におすすめです。

>>>【Pairs】(R18)

まとめ

結婚という共同生活によってもたらされる幸福とストレス。

独身を貫くことによってもたらされる自由と孤独。

どちらの生き方も素敵だし、特定の生き方に意地になって執着するのはどうかなと思います。

出会うべき人には出会うようになっているのだから、婚活も軽いノリで始めてしまいましょう。

どっちでもいいか、と執着が消えたとき、選ぶべき道がぱ~っと開ける、そんなふうに生きていければ最高です。

 

次の記事に進む >>【海外在住・日本人の婚活②】マッチングアプリの出会い成功者から聞くコツと注意点

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール