シドニー日帰り旅行おすすめ観光ツアー&電車で行ける半日観光スポット




シドニー近郊の日帰りで行ける観光スポットを紹介します。

 

シドニーの日帰り旅行の以下の3つのタイプについて詳しく説明していきますね。

  • 観光ツアーに参加した方が便利なところ
  • 電車で行けるお出かけスポット
  • シドニー市内から30分以内の半日トリップ

 

オーストラリア・シドニー旅行のプラン作成や週末のお出かけのアイデアにお役に立てればうれしいです。




シドニー日帰りおすすめツアー 個人で行くよりツアーが簡単&便利

シドニーの日帰りツアーで自力で公共の交通機関を利用するよりツアーに参加した方が効率よく周れる観光スポットを紹介します。

世界遺産ブルーマウンテン(Blue Mountains)

シドニーの世界遺産「ブルーマウンテンズ国立公園」

 

ブルーマウンテンはユーカリから蒸発する油分が太陽の光に反射して青く輝くことからその名がつけられました。

 

スリーシスターズの絶景を眺めるエコーポイント展望台には世界中から観光客が集まるシドニーの人気スポットです。

 

ブルーマウンテンズ乗り物から眺めるシーニックワールドでは、

  • 高さ270メートル上空から見渡すスカイウェイ
  • 世界一の急勾配のトロッコ列車レイルウェイ
  • 空中遊覧が楽しめるケーブルウェイ

といったアトラクションも楽しめますよ。乗り物の中からブルーマウンテンの景色を堪能してくださいね。

 

セントラル駅から電車で向かうことも可能ですが、見どころが点在しているのでツアーに参加した方が移動の時間短縮なりますし、ガイドさんから詳しい説明を聞きながら観光ができます。

 

イルカに会えるかも!ポートスティーブンス(Port Stephens)

生息地シドニー市内から北へ約2時間の距離の「ポートスティーブンス」はオーストラリアを代表するイルカの生息地です。

 

ネルソン・ベイ(Nelson Bay)発のクルーズではイルカとの遭遇率は9割を超えることで、観光客に大人気の観光スポットです。時期によってはクジラにも会えるんですよ。

 

また、ポートスティーブンスの魅力はイルカウォッチングだけでなく、国立公園にも指定されている広大な砂丘でのアクティビティもはずせません。

 

南半球最大級のストックトン砂丘ではサンドボーディングや4輪バギーを楽しめます。

 

ワイナリー巡りを楽しむハンターバレー(Hunter Valley)

ワインの名産地オーストラリア「ハンターバレー」のワイナリー巡りはオプショナルツアーへの参加が必須の観光スポットです。

 

(車でも行けますが、運転手はワイナリーでの試飲ができません)

 

ハンターバレーは広大なぶどう畑が広がり、150以上ものワイナリーが点在しています。ワイナリーでは本場のワインを試飲することができ、気に入ったものはその場で購入も可能。

 

世界的にも人気が高いハンターバレーのワインの試飲とどこまでも続くぶどう畑の景色も合わせてお楽しみいただける観光スポットです。

 


シドニー日帰り観光 電車で行けるおすすめエリア

シドニーの日帰り旅行で電車で行ける場所を紹介します。

 

シドニーの公共の交通機関(電車・バス・フェリー)で利用する交通カード「OPAL Card」(オパールカード)はシドニー空港駅をはじめ主要の駅や街中のコンビニ、ニュースエージェンシーで購入・チャージが可能。

 

※電車の時刻表・所要時間、電車の路線はTrip Pannerでチェックできます。

自然を堪能するウーロンゴン(Woolongon)

シドニー市内から南へ80キロほどのウーロンゴンは電車1本で行ける自然豊かな街です。NSW州ではシドニー、ニューカッスルに次いで3番目に人口が多い都市です。

 

1800年代のヨーロッパからの移民によって建てられたいくつもの歴史的建造物がウーロンゴンの街の魅力ですね。

 

ウーロンゴン大学に隣接するボタニックガーデンはピクニックにぴったりの場所で、お昼時になるとランチを持って人々が集まる憩いの場所となっています。

 

園内の赤い太鼓橋は1988年に姉妹都市提携が結ばれた川崎市から寄贈されたものとのこと。

 

ウーロンゴンの街は徒歩でも散策を楽しめますが、街中には無料で利用できるフリーシャトルが10分~20分間隔で巡回しています。

 

ウーロンゴン観光お役立ちサイト

ウーロンゴンの観光サイト>>Welcome to Wollongong

ウーロンゴンの歴史的建造物の地図>>Wollongon Heritage Trail

ウーロンゴン街中を周る無料バス詳細>>Free Gong Shuttle

シドニー最大のベトナム人街カブラマッタ(Cabramatta)

シドニー市内のセントラル駅から1時間弱で到着する「カブラマッタ」(Cabramatta)はシドニー最大ベトナム人街。

 

活気あふれる東南アジアの雰囲気の中、絶品ベトナム料理のランチや商店街での食べ歩き、ショッピングが楽しめますよ。

 

街を散策しているとオーストラリアにいることを忘れてしまいそうな不思議な感覚になります。シドニーにいながらベトナムに来た気分になる1粒で二度おいしい半日トリップをどうぞ!

 

カブラマッタの街の詳細についてはこちらの記事もご参照ください。

【週末の街ブラ】シドニーのベトナム人街「カブラマッタ」徹底解説!

2019.07.08

シドニー市内から30分以内!半日トリップおすすめスポット

シドニー市内から30分以内の半日トリップにおすすめのスポットです。

おしゃれな街ニュータウン散策(Newtown)

シドニー市内から電車・バス、どちらを利用しても10分ほどで到着するニュータウンは駅を降りるとおしゃれなレストラン・カフェ、雑貨屋、古着屋などが軒を連ねる商店街になっています。

 

街のいたるところにウォールアートが描かれており、ニュータウン独特のアートな雰囲気の中、散策をお楽しみいただけます。

 

ニュータウンはシドニー大学が近いため、週末は若者でにぎわっていますよ。

 

ニュータウンの街の詳細についてはこちらの記事もご参照ください。

シドニー・ニュータウンでできる5つの楽しげなこと&行き方

2018.10.02

フェリーで行けるアウトレットモール「バーケンヘッドポイント」(Birkenhead Point)

フェリーで行けるシドニーのアウトレットモールです。有名ブランドがアウトレット価格で売っているので、免税店よりお得にお買い物ができます。

 

海沿いのショッピングモールなので、フードコートのテラス席ではシドニーの水際の景色を眺めながら食事やコーヒーを楽しめます。建物内は天窓から光が射しこむ開放感あふれる作りになっていて気持ちのよいショッピングモールです。

 

ハイブランドのショップだけでなくスーパーマーケットも入っていますので、ばらまき土産の買い物に利用できます。

 

フェリーで行こう!シドニーのアウトレット・バーケンヘッドポイント(Birkenhead Point)

2018.12.19

オーストラリアの動物に会える! タロンガズー(Taronga zoo)

シドニー市内のサーキュラキーからフェリーで12分、シドニー湾の景色とともにオーストラリア独自の動物を観ることができるタロンガズーがあります。

 

コアラと一緒に記念撮影したり、カンガルーとふれ合ったり、動物のショー(バードショーや飼育員のトークショーなど)子どもだけでなく大人も楽しめる動物園ですよ。

 

タロンガ動物園の敷地はだだっ広い(75エーカー)ので、入り口で地図をもらってお目当ての動物に会いにいきましょう。

 

地図はタロンガ動物園の公式サイトからもダウンロードできます。

 

タロンガ動物園の入園チケットは当日に窓口に並んで購入するよりネットであらかじめ購入した方が簡単です♪プリンアウトして係員に見せればOKです。

 

※窓口で買う場合のお値段は47ドルです。ネットで購入した方がお得!

>>【タロンガ動物園入園チケット♪】コアラやカンガルーなどの可愛い動物達とお得に会おう!

 

ちなみにシドニーがあるNSW州ではコアラの抱っこは法律で禁止されています。コアラを抱っこしたい方は以下の記事で紹介する動物園に行ってみましょう。

オーストラリアでコアラを抱っこできる動物園まとめ【シドニーではNG! 】

2019.04.20

まとめ

「オペラハウス」「ハーバーブリッジ」以外にもちょっと足を延ばせば、シドニーの見どころはまだまだたくさんあることがおわかりいただけたかと思います。気になる観光スポットはみつかりましたでしょうか!?

 

シドニーのリピーターさんや、日程に余裕がある方はぜひシドニー近郊の観光スポットを訪れるスケジュールも組んでみてくださいね。

 

   
The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



ブログランキング参加中! 応援クリックで喜びます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール
このブログについて・登場人物紹介



ブログランキング参加中! 応援クリックで喜びます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村