【85℃ 】オーストラリアで日本風のパンが買える台湾発ベーカリー 




タイトルに「オーストラリア」「日本」「台湾」と3か国の国名が入ってて、なんだかややこしい感じになってしまいました。

 

この記事でご紹介するパン屋さん「85℃」(Eighty Five Degreesと読みます)は台湾発の世界的なベーカーリーチェーン店です。

 

日本風のパンやケーキが食べたいなーって時に気軽に立ち寄れるパン屋で、シドニーのあちこちに店舗を構えています。




台湾発のベーカリーショップ「85℃(85degree)」

85℃は2004年に台湾・台北でオープンし、2006年に海外進出。海外での記念すべき1店舗目がオーストラリア・シドニーでした。

 

その後、中国・香港・アメリカと続々と海外進出し、現在では世界中に1000店舗を展開しています。

 

85℃の店名の由来は創業者のWuさんが考える「コーヒーの最適な温度」からきているとのこと。

The name “85C” refers to Wu’s belief that 85 °C (185 °F) is the optimal temperature to serve coffee.

(引用:85C Bakery CafeーWikipedia)

オーストラリアで日本人好みのパン&ケーキが売っている「85℃」の店内

85℃はパンやケーキだけでなく飲み物の種類も豊富。

 

以前はカウンターで注文し、店内のイートインスペースで飲食ができたのですが、現在はコロナウイルスの影響でお持ち帰りのみ。

>>85℃ドリンクメニュー一覧

 

パンの種類は公式サイトのメニューによると、

  • 「Japanese Style」(日本風)
  • 「Taiwanese Style」(台湾風)
  • 「European Style」
  • 「Other」(その他)

とあります。

 

店内はいろんなパンがごちゃっと陳列されている感じですが、1つ1つのメニューを見てみると「Japanese~」と名前のついたパンが多いです。

 

お値段帯は1ドル台~3ドル台が中心。

 

この日のお目当ては右下のドーナツ。これは「台湾風ドーナツ」なのですが、どのへんが「台湾風」なのかはちょっとわかりませんでした。

 

小さめのパンが4~5個入った袋詰めのパンもあります。

 

久しぶりにあんこが食べたくてGreen Tea Red Bean Rollsお買い上げ~。

 

>>パンのメニュー一覧

 

エッグタルトもおいしそうでした。

  • 1パック(2個入り)4ドル
  • 2パック(6個)6ドル

ちょっとだけ甘い物食べたい時にちょうどいいサイズ感ですね。

 

ケーキはショーケースで売られています。

  • ホールケーキ48ドル~
  • カットケーキ7ドル~

 

オーストラリアのカフェの激甘ケーキが苦手な方でも85℃のケーキだったらきっと大丈夫。

日本人好みの甘さに押さえられています。

85℃の日本風のパンとケーキ食べてみた

85℃では感染症対策のため、現在はイートインコーナーがありません。購入したパン・ケーキはすべてお持ち帰りしました。

 

ネコちゃんのカップはコーヒーです。

 

外側が緑茶味、中身はあんこのあんパンです。

緑茶もあんこもヘルシーフードですから、いくつ食べても大丈夫、ってことで5個入りを購入しました。

 

生地がモチモチしてて、思いのほかお腹にたまります。

あんこのほど良い甘さと緑茶のほろ苦さの組み合わせ最高!

 

ドーナツが食べたくて85℃に行ったんですよ。

  • 左は「台湾風ドーナツ」

中も外もふわふわ。空気みたいなものなのでカロリーはゼロってことにしておきましょう。しつこい甘さがないので何個でも食べれそう。危険です。

 

  • 右は「ヨーロピアンドーナツ」

外はサクサクした生地、中はふんわりです。外側にお砂糖たっぷりついてますが、くどさはかんじません。

 

日本のショートケーキ。

85℃のケーキはオーストラリアの激甘スイーツに慣れている方ですと、少々物足りなさを感じるかもしれません。

 

「やばい!うまい!」という感動よりも

「そうそう、この味が食べたかった」と懐かしさを感じるケーキです。

 

>>ケーキメニュー一覧

オーストラリア国内の85℃の店舗の場所

オーストラリアに展開している85℃はNSW州に18店舗。

 

シドニーの街中・郊外のあちこちで見かけます。

シティ内には以下の2店舗

  • George Street(ワールドスクエア前)
  • チャイナタウン(Market City内)

 

★オーストラリアの85℃の店舗一覧はこちら>>85℃ Location

 












ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。