【豪シドニー】一時帰国の為のPCR検査~日本語の検査証明取得~MySOS登録の流れ




【8月24日更新】

2022年9月7日より日本入国の際の陰性証明が免除となります。

参照URL▶入国者の陰性証明書提出 ワクチン接種条件に免除へ 9月7日から

 

シドニーで一時帰国に必要なPCR検査を受けました。

 

NSW州に50か所以上あるHistopathというクリックです。

 

MySOSアプリに登録する陰性証明は英語のものでも承認されますが、念のため日本語の陰性証明も取得したい方には利用しやすい検査所です。

 

NSW州に50か所クリニックがありますし、日本語の陰性証明の有無を問わず同料金。

 

本記事では

  • 検査所の詳細(料金・場所・検査結果が出るまでの所要時間)
  • 事前登録・当日の検査の流れ・持ち物
  • MySOSアプリへの登録
  • シドニーシティ(ロックス)の検査所の行き方

についてお伝えいたします。

 

2022年7月現在の情報です。

入国手続きに関する最新情報は必ず公的機関のサイトをご参照ください。

【水際対策】必要な手続き(ファストトラック)と書類ー厚生労働省

水際対策強化に係る新たな措置に基づく国・地域の指定についてー外務省



シドニーの一時帰国の為のPCR検査クリニックHistopath

日本入国のためのPCR検査で利用した「Histopath」の詳細を以下にお伝えします。

一時帰国のためのPCR検査の料金

A$79(※日本語の証明書を依頼しても同料金)

PCR検査所Histopathの場所(シドニー各所・空港)

私が日本帰国の為にPCR検査を受けた場所はシドニー市内のロックス(Millers Point)でした。

 

Histopathは

  • NSW州に54箇所のCommuniy Testing
  • シドニー・ブリスベン・メルボルン空港

に検査所が設けられています。

 

PCR検査所のロケーション詳細は以下のリンクをご参照くださいませ。

>>Community Testing(NSW州)

>>Airport Locations(シドニー・ブリスベン・メルボルン空港)

結果が出るまでの所要時間

検査当日に結果がでます。

私の場合は13時半にPCRテストを受け、同日18:50に検査結果が登録したメールとSMSに届きました。

空港(シドニー・ブリスベン・メルボルン)では90分以内で結果がわかるエクスプレス検査が実施されています。

搭乗の6時間前までにMySOSアプリでの検査証明書の事前登録が完了していないと、ファストトラック利用できません。搭乗日当日に空港で検査を受ける場合はご注意ください。

日本帰国の為のPCR検査の事前手続き~結果受け取りまで(日本語の証明をもらう場合)

一時帰国に必要なPCR陰性証明の取得方法は以下の4ステップ。

STEP1:日本帰国のためのPCR検査の事前登録&支払い

HistopathでのPCR検査は事前登録と支払いが必要です(※予約は不要)

事前登録の手順をお伝えします。

 

Histopathのトップページから「PCR Travel Testing」のRegister Nowをクリック

 

②検査の種類を選択。日本帰国に必要なテストは「RT-PCR Swab」です。

 

③フォームに必要事項を入力します。

 

④日本語の検査証明書が欲しい方は「Japanese Certificate Required」にチェックを入れます。

 

⑤クレジットカードで支払いを済ませると、登録したメールとスマホのSMSに登録&支払い完了のお知らせが届きます。

※このメールは検査所で提示しますので必ず保管しておいてください。

※メールには「Booking」という言葉がありますが、予約は不要です。(というか、できません)ウォークインで検査を受けます。

STEP2:PCR検査を受診

検査所に到着したら、受付付近に提示してあるQRコードから電話番号やメールアドレス等を登録し受付を済ませます。

 

私が検査を受けた場所はロックス(あとで行き方お伝えします)平日のお昼でしたので、私の前に2人待っているだけでした。

 

10分くらい待ったらスタッフの方が

  • 登録と支払い確認の確認(Histopathから届いたメールを見せる)
  • パスポートの確認
  • フライト日時の確認(口頭でOK、予約やE-チケットの提示はなし)

をして、鼻と口に綿棒みたいなやつでこちょこちょ。

 

くしゃみが出そうになるこそばゆい感じでした。

 

所要時間は5分もかからず、あっという間に検査完了。

 

「今夜19時ころにメールとSMSで結果が届きます」と案内されました。

 

持ち物
  • スマホ(事前登録・支払いをした際に届いたメールを提示するため・検査所での登録のため)
  • パスポート

STEP3:PCR検査の結果と検査証明書(日本語&英語)がメールで届く

検査後、通常6~7時間後に登録したメールに結果が届きます。(同様の内容がSMSでも届きました)

 

メールに英語と日本語の検査証明書が添付されています。

【英語版PCR検査証明】

 

【日本語版PCR陰性証明】

STEP4:検査証明書をMySOSアプリにアップロード

PCRの陰性証明を撮影した画像、もしくはスマホ画面のスクリーンショットをMySOSにアップロードします。

MySOSアプリについてはこちらの記事もご参照ください。

一時帰国が現実的に!オーストラリア→日本の入国規制緩和

 

アップロード後、20~30分ほどで承認され画面が緑に変更。これで一安心。

 

MySOSアプリに登録する陰性証明は英語・日本語どちらでも大丈夫です。私は英語の書類で問題なく承認されました。

 

同時に「接続不具合・スマホの故障に備えプリントアウトしといてね」の旨のメッセージが表示されます。

 

しばらくすると「審査完了」の画面に切り替わります。

 

上記の「審査完了」の画面を日本入国の際に空港係員に提示します。

QRコードが必要なので念のためにこのページのスクリーンショットを撮って保存しておくことをおすすめします。

シドニー市内(ロックス)のPCR検査所の行き方

では、私が一時帰国のためのPCR検査を受けたシドニー市内(シティ)のHistpathの行き方をお伝えします。

 

ふくちゃん
え?ここ!?ってところにあったから、通り過ぎてしまったよ。

 

そのほかのPCR検査所のロケーションは以下のリンクをご参照くださいませ。

>>Community Testing(NSW州)

>>Airport Locations(シドニー・ブリスベン・メルボルン空港)

 

地図で見るとここ。最寄駅はCircular Quey(サーキュラキー)駅です。

 

①サーキュラキー駅を降りたら、オペラハウスを右手、シドニー現代美術館を左手に見て、ロックス方面へ進みます。

 

②左折してArgyle Streetを進みます。(このコーヒー屋さんが見えたら左折※毎日出店しているかはわからない)

 

③そのままArgyle Streetを進みます。

 

④Argyle cut(トンネル)をくぐり先に進みます。

 

⑤トンネルをくぐって2~3分歩くと左手に日本でいう公会堂のような建物が見えます。ここがロックスのHistpathの検査場ですが目立つ看板などはなく大変わかりづらいです。

 

ふくちゃん
Argle Streetに入ったら左側を注意して歩いて上記の建物を見つけてください。

 

⑥右奥に入り口があり、奥に進んでいくと受付があります。

私が訪れた時は受付には誰もいませんでした。

 

検査当日に登録が必要なフォームのQRコードが壁にあります。そちらの登録作業をスマホで済ませてから、中に入り、設置されている椅子に座って待ちましょう。

 

PCR検査会場は一般的に「クリニック」「検査所」という言葉から想像される雰囲気ではなく、がらーんとした多目的ホール?のような感じ。

 

一瞬、ひるみましたがスタッフの方が親切に対応してくださり、終始スムーズに検査を受けることができました。

 

2022年7月現在の情報です。

入国手続きに関する最新情報は必ず公的機関のサイトをご参照ください。

【水際対策】必要な手続き(ファストトラック)と書類ー厚生労働省

水際対策強化に係る新たな措置に基づく国・地域の指定についてー外務省