南半球・オーストラリアの真夏のクリスマス・サンタクロースはサーフィンでやってくる

何年もオーストラリアで暮らしていても、いまだに慣れないのが「真夏のクリスマス」「真夏のお正月」です。

 

北半球と季節が反対なので、日本でホワイトクリスマスで盛り上がっている頃、オーストラリアでは半袖短パンで汗をかきながら、「あっついなぁ~、あー、もうすぐクリスマスか」っていう感じで、ロマンティックな雰囲気は皆無ですよ。

 

お正月もあの寒さがあるから情緒があるものの、南半球の暑さの中で迎えるお正月は違和感がありすぎて、10年以上こちらに住んでいるものの、なかなかしっくりきません。

 

しかし、南半球の国々の人々からしてみれば、クリスマスもお正月も「真夏の象徴」なんですよね。そんなオーストラリアのクリスマスの特徴についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

真夏のオーストラリアではサンタクロースは波に乗ってやってくる

オーストラリアでは、サンタクロースはサーフィンでプレゼントを届けにくる、と考えられています。トナカイの代わりがサーフボード、というわけです。

 

こちらのサンタクロースは日本のサンタに比べるとずいぶんと薄着。アロハシャツに短パンに裸足、という軽装なサンタクロースを見かけることもあります。

 

私たちが想像するふかふかの衣装はさすがに夏は暑すぎますよね。(ショッピングセンターなどの「サンタと記念撮影」のイベントはサンタは正装してますが)

 

クリスマスは祝日なので、家族でビーチでのんびり過ごしたり、屋外でBBQパーティをしたり、日本のクリスマスとはだいぶ異なる過ごし方をしています。

 

日本でも「夏のクリスマス」を題材にした絵本があります。クリスマスは冬だけじゃないんだよ~ということを知る良いきっかけになりそうですね。

南半球のクリスマスツリーに雪の飾りがない

         (出典:http://mashable.com/2016/12/25/christmas-traveller-australia-beach/#XOOghEUjrPqw

夏にクリスマスを迎える南半球では、「ホワイトクリスマス」は実現しません。日本のように雪の飾りをツリーにほどこすことはなく、シンプルな飾り付けです。

 

        (出典:https://www.qvb.com.au/christmas/1447-qvb-swarovski-christmas-tree-17

こちらはシドニー市内中心のショッピングモール・QVB(クイーン・ビクトリア・ビルディング)に飾られている24メートルのクリスマスツリーです。

 

スワロフスキーのクリスタルが8万2000個、クリスマスツリーの飾りとして使用され、総勢102名、10000時間をかけてデザインされました。

オーストラリアは7月にもクリスマスがあるの!?

オーストラリアには「Christmas in July」(7月のクリスマス)というイベントがあります。

 

1980年代に、北半球と同じように寒い時期にクリスマスを祝おう!という趣旨で、南半球が冬である7月にクリスマスの雰囲気を楽しむという宗教とは少し距離置いた行事であるため、本来のクリスマスと異なりフォーマルなものではありません。

 

シドニー、ゴールドコースト、ブリスベンなどオーストラリアのほとんどの主要都市は雪が降らないので、わざわざキャンベラ近くのスキーリゾートまで行き、「ホワイトクリスマス」を7月に堪能するオージーも。

 

一般家庭では「7月のクリスマス」の時に、家族で暖炉を囲んで温かいご馳走を頂きます。パブやレストランは特別メニューを提供し、公共の施設でも7月にクリスマスにちなんだ飾り付けやイベントを開催します。

 

北半球の「真冬のクリスマス」への憧れともいえますね。

「サーフィンサンタ」の切手はコレクターに大人気


(出典:http://www.smh.com.au/entertainment/art-and-design/australias-most-controversial-stamp-the-surfing-santa-of-1977-20151113-gkyi6r.html

1977年、クリスマス記念としてオーストラリアの郵便局で販売された「サーフィンサンタ」の切手は、現在も世界的に切手コレクターから愛され続けられています。

 

売り出された当時は、「クリスマスを真剣にとらえていない」と敬虔なクリスチャンの間で物議を招いた切手でした。

 

2007年にサーフィンサンタの切手が再発売された際はそのような苦情はなかったとのこと。時を経て「サンタがサーフィンでプレゼントを届けに来る」という考え方が浸透していったのでは間違いなさそうですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

クリスマス時期にオーストラリア旅行を計画すると、北半球では経験できない「真夏のクリスマス」をもれなく楽しむことができますよ。

 

私は毎年のように「こんなに暑いのにクリスマスか、、、」とおかしな感覚になります。ついでに言うと、お正月はもっとおかしい。「へ?年、明けちゃったの?」という軽いノリで謹賀新年です。

 

The following two tabs change content below.

ふくちゃん

海外在住引きこもりブロガー
静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール



スポンサーリンク



スポンサーリンク



ABOUTこの記事をかいた人

静岡県からオーストラリア・シドニーへ海外移住した元保育士。現地での仕事を辞めて、ゆるゆると心地良い引きこもり生活の真っ最中。事実婚パートナーの中華系マレーシア人との適度に適当な暮らしをブログで綴ります。

詳しいプロフィール